« [それにしても、生活などという野蛮なものに負けませんように、そしておからだをたいせつに]と英文学者工藤好美が、英国詩人・イーディス・シットウエルを訳している詩人藤本真理子に書き送った手紙の一節が、イーディス・シットウェル詩集『凍る℧』(書肆山田刊)の、訳者後期に記されてあった。 | トップページ | 「翻訳、特に詩の翻訳というものは、旅行に持っていくものをスーツケースにつめるようなものだ」とマルグリット・ユルスナールが言って居ると、親しい友人が教えてくれた! »

2010/07/21

7月25日 長野でクリスタル・スィンギングボールを鳴らす時   奏者天童大人

2010.7.25 コンサート

長野で クリスタル・スィンギングボールを 鳴らす時


 突然電話が鳴って、飯綱町でクリスタル・スィンギングボールを鳴らして頂けないかと、数年前それも二度、電話でお話をしただけのT女史からだった。

何れ長岡でもと考えていたが、いきなり長野県とは!

 1992年10月、自分の字の個展で初めて鳴らして以来、公演を行なってきたが、巷で[癒し]と言う言葉が流行し始めたので、止めていた。

昨年の10月から縁有って新潟で毎月、鳴らし続けている。一度、聴かれた方々は、聴き続けられ、喜ばれている。
では、飯綱町では、どんな反応が?

 今から何が起こるのか、とても楽しみにしている。 

奏者:天童 大人

とき:2010年 7月 25日(日)

内容:天童 大人 による クリスタル・スィンギングボール演奏

第一部 10時開場 10:30演奏開始
第二部 13時開場 13:30演奏開始

場所:観音寺 本堂 (飯綱町牟礼2602)

参加費:高校生以上 前売り各2,500円 当日3,000円 
    一部二部セット 前売り4,500円

お申込・お問合せ先

心安らぐ空間を提案する オーリブ
(櫻井 まどか・古越 栄美・さくらい しもん・田中 純子)

チケットのお申し込み、コンサートのお問合せは担当:田中まで、メールか、FAXにてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

メール:eclettico@grace.ocn.ne.jp
F A X :0269-26-0011

メールかファックス送信後、2日以内に連絡がなかった場合、大変恐れ入りますが、下記までお電話くださいますようお願い申し上げます。

TEL :090-2634-8582(田中)


天童大人さんは、世界各地で肉聲を刻み、マリ国際詩祭では、シリウス星雲と関わりの深いドゴン族で、天童さんの肉聲は彼らの心に伝わり絶賛されました。
この小さな水の惑星の平和を願い、毎年5月か6月の新月の日には対馬の和多都美神社に聲を奉納していらっしゃいます。今年で21年を迎えました。

〜天童大人 プロフィール〜
詩人・朗唱家・字家 1973年7月、スペイン・ピレーネ山頂で、「太陽の啓示」を受け、「聲ノ力」に開眼。
1980年1月、肉聲による朗唱活動を、日本各地で本格的に開始。
1983年2月、詩人・吉増剛造らを誘い、「北ノ朗唱」を(〜92年)10年間行う。
1987年9月、ケネディ・センターのジュリアン・プール女史に「UNIVERSAL VOICE」 と命名される。
1989年1月より「ポエムリーデイングの夕べ」(大塚フォーラム)を90年9月迄50回プロデュース。
1990年5月、「聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」を開始。本年で21回(継続中)挙行。
    7月、ジュリアン・プール女史の推薦により、ザルツブルグにてオペラ歌手ガリーナ・ヴィシネフ      スカヤ教授(ソプラノ)のマスター・クラスで、聲のテクニックを学ぶ。
1997年7月、第7回メデジン(コロンビア)国際詩祭に招かれ、国際交流基金の助成を受け、参加。それ      以後、世界各地の国際詩祭に、多数招待参加。
2002年3月、イタリア・ヴェローナで開催された「春の詩祭」に招待参加、アレーナ(野外闘技場)で、      単独公演を挙行する。
2006年10月14日より、「ラウンド・ポエトリーリーデイング」を創設、2008年4月17日,第201回より      プロジェクト「La Voix des poetes(詩人の聲)」と改称、2009年9月400回を迎え現在も      プロデュース中。
    (このプロジェクトについて2009年10月1日の日本経済新聞文化欄に掲載されています)

天童大人 URL http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

会 場:観音寺  れんげ子ども園内 
     長野県上水内郡飯綱町牟礼2602

お車の場合:上信越自動車道 信州中野ICより20分
電車の場合:JR長野駅からJR信越線 牟礼駅より徒歩15分

|

« [それにしても、生活などという野蛮なものに負けませんように、そしておからだをたいせつに]と英文学者工藤好美が、英国詩人・イーディス・シットウエルを訳している詩人藤本真理子に書き送った手紙の一節が、イーディス・シットウェル詩集『凍る℧』(書肆山田刊)の、訳者後期に記されてあった。 | トップページ | 「翻訳、特に詩の翻訳というものは、旅行に持っていくものをスーツケースにつめるようなものだ」とマルグリット・ユルスナールが言って居ると、親しい友人が教えてくれた! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

クリスタル・スィンギングボール」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/48930641

この記事へのトラックバック一覧です: 7月25日 長野でクリスタル・スィンギングボールを鳴らす時   奏者天童大人:

« [それにしても、生活などという野蛮なものに負けませんように、そしておからだをたいせつに]と英文学者工藤好美が、英国詩人・イーディス・シットウエルを訳している詩人藤本真理子に書き送った手紙の一節が、イーディス・シットウェル詩集『凍る℧』(書肆山田刊)の、訳者後期に記されてあった。 | トップページ | 「翻訳、特に詩の翻訳というものは、旅行に持っていくものをスーツケースにつめるようなものだ」とマルグリット・ユルスナールが言って居ると、親しい友人が教えてくれた! »