« プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に参加の詩人は、10回に達するまでは、ただひたすらに、聲を撃ち込め!変な解説や説明など不要!今夜の詩人森川雅美のように、1時間余り詩集『山越』を聲に乗せ、撃ち込んだ!未だこれで良いのだ!10回を超えた頃、詩人森川雅美の聲は大きく変わるだろう!乞うご期待! | トップページ | ルイーズ・ド・ヴィルモランと言う女性を知ってますか?と表紙の裏に書かれた本『ルイーズ』(東京創元社刊)。全く聞いた事の無い名前だった。サン=テグジュペリの婚約者、ジャン・コクトーに求愛された女性、アンドレ・マルロー暮らしたひと・・・。全く未知の女性だ。 »

2010/10/07

プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に参加の詩人は、10回に達するまでは、ただひたすらに、聲を撃ち込め!変な解説や説明など不要!今夜の詩人森川雅美のように、1時間余り詩集『山越』を聲に乗せ、撃ち込んだ!未だこれで良いのだ!10回を超えた頃、詩人森川雅美の聲は大きく変わるだろう!乞うご期待!

 聲を唯ひたすらに撃ち込む!

10回までは、言われたとおりに行ったら、11回目以降は、聲ノ力が全く違うのだ!

多少の経験が有ったとしても、1時間余り、聲を出し続ける事の出来るこのの会は、このプロジェクト以外に日本には無い!

このプロジェクトで1,2回参加したぐらいで、聲が出るなどと思っていると居したら、大間違いだぞよ!

これから日本の詩人の聲を作り、世界のどこの国際詩祭にでても、誰ともそん色の無い聲が出れば、もっと自信が出て来ることだろう!

10回と20回とでは大きく違うのだ!

先ずは10回を目指し、その先には20回を目指して、聲を撃ち込む事だ!

その先には、大きく開かれた新たな世界が待っている!!!

見えない者たちには、何を言っても分るまい!

聲を出し続けている者だけが分かるのかも!!!

乞うご期待!

間もなく5年目に突入!!!

|

« プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に参加の詩人は、10回に達するまでは、ただひたすらに、聲を撃ち込め!変な解説や説明など不要!今夜の詩人森川雅美のように、1時間余り詩集『山越』を聲に乗せ、撃ち込んだ!未だこれで良いのだ!10回を超えた頃、詩人森川雅美の聲は大きく変わるだろう!乞うご期待! | トップページ | ルイーズ・ド・ヴィルモランと言う女性を知ってますか?と表紙の裏に書かれた本『ルイーズ』(東京創元社刊)。全く聞いた事の無い名前だった。サン=テグジュペリの婚約者、ジャン・コクトーに求愛された女性、アンドレ・マルロー暮らしたひと・・・。全く未知の女性だ。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/49677970

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に参加の詩人は、10回に達するまでは、ただひたすらに、聲を撃ち込め!変な解説や説明など不要!今夜の詩人森川雅美のように、1時間余り詩集『山越』を聲に乗せ、撃ち込んだ!未だこれで良いのだ!10回を超えた頃、詩人森川雅美の聲は大きく変わるだろう!乞うご期待!:

« プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に参加の詩人は、10回に達するまでは、ただひたすらに、聲を撃ち込め!変な解説や説明など不要!今夜の詩人森川雅美のように、1時間余り詩集『山越』を聲に乗せ、撃ち込んだ!未だこれで良いのだ!10回を超えた頃、詩人森川雅美の聲は大きく変わるだろう!乞うご期待! | トップページ | ルイーズ・ド・ヴィルモランと言う女性を知ってますか?と表紙の裏に書かれた本『ルイーズ』(東京創元社刊)。全く聞いた事の無い名前だった。サン=テグジュペリの婚約者、ジャン・コクトーに求愛された女性、アンドレ・マルロー暮らしたひと・・・。全く未知の女性だ。 »