« 小樽の詩人たち、と言うより発起人の詩人長屋のり子(小樽)、渡辺宗子(札幌)、大島龍(石狩)の御力かⅢ十数人の方、詩誌を主催されている方々がお集まりになって、街は寂れているが、詩魂は枯れずに在る事をしり、とても嬉しかった! | トップページ | 詩人禿慶子(かむろ けいこ) 22日(金)第556回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!三宿の宙に自作詩を解き放つ! »

2010/10/19

詩人佐川ちかが描いた水彩画を、小樽文学館で見た!

 洗濯物を干す佐川ちかの写真もある。昭森社版の『佐川ちか詩集』が在るのに、森開社版の『佐川ちか詩集』は、何故か無いのだ。
間もなく、刊行される『佐川ちか詩集』が、どんな装いで刊行されるのか、楽しみだ。

佐川ちかの水彩画には、7,8本の木立があり、手前の赤い色の塊が、何を描いて居るのか、良く判らない。

でも佐川ちかは絵を描いたのには、間違いが無い事なのだ。

でも小樽文学館の、薄汚れた感じは、より一層、侘しさを感じるのだ。

|

« 小樽の詩人たち、と言うより発起人の詩人長屋のり子(小樽)、渡辺宗子(札幌)、大島龍(石狩)の御力かⅢ十数人の方、詩誌を主催されている方々がお集まりになって、街は寂れているが、詩魂は枯れずに在る事をしり、とても嬉しかった! | トップページ | 詩人禿慶子(かむろ けいこ) 22日(金)第556回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!三宿の宙に自作詩を解き放つ! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/49786849

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人佐川ちかが描いた水彩画を、小樽文学館で見た!:

« 小樽の詩人たち、と言うより発起人の詩人長屋のり子(小樽)、渡辺宗子(札幌)、大島龍(石狩)の御力かⅢ十数人の方、詩誌を主催されている方々がお集まりになって、街は寂れているが、詩魂は枯れずに在る事をしり、とても嬉しかった! | トップページ | 詩人禿慶子(かむろ けいこ) 22日(金)第556回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!三宿の宙に自作詩を解き放つ! »