« 今朝の2時まで、札幌・狸小路のアイリッシュパブで、ギネスを石狩の大島龍、置戸の鈴木順三郎、東京の松尾真由美、田中健太郎たちとたらふく飲み、カプセルホテルに、大島・田中・天童と泊まる。初めての体験だ。 | トップページ | 詩人竹内美智代 19日(火)第555回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、6回目の参加、六本木の宙に自作詩を聲に乗せ、解き放つ! »

2010/10/17

我が故郷、小樽!まさに悲しき小樽の街よ!これでは再生など夢また幻の夢に!

8年ぐらい訪れていないと、こんなに街は寂れて行くものなのか!

観光都市・小樽など夢また夢なのか!

小樽文学館も入り口付近に埃にまみれた古本屋の真似事は、止めた方が良い。

哀れさを通り超して、悲壮感が漂う街、小樽!

さあ、これから聲を撃ち込んで行こう!

小樽・みのや惣吉で!!!
思いっきり聲を撃ち込んで!!!

どんな変化が訪れるのか、こうご期待!!!

|

« 今朝の2時まで、札幌・狸小路のアイリッシュパブで、ギネスを石狩の大島龍、置戸の鈴木順三郎、東京の松尾真由美、田中健太郎たちとたらふく飲み、カプセルホテルに、大島・田中・天童と泊まる。初めての体験だ。 | トップページ | 詩人竹内美智代 19日(火)第555回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、6回目の参加、六本木の宙に自作詩を聲に乗せ、解き放つ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/49767644

この記事へのトラックバック一覧です: 我が故郷、小樽!まさに悲しき小樽の街よ!これでは再生など夢また幻の夢に!:

« 今朝の2時まで、札幌・狸小路のアイリッシュパブで、ギネスを石狩の大島龍、置戸の鈴木順三郎、東京の松尾真由美、田中健太郎たちとたらふく飲み、カプセルホテルに、大島・田中・天童と泊まる。初めての体験だ。 | トップページ | 詩人竹内美智代 19日(火)第555回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、6回目の参加、六本木の宙に自作詩を聲に乗せ、解き放つ! »