« 文化学院から、何が届いたかと封筒を開くと、「寄付金募集のお願い」ときた。厚かましいのにも程がある。その前に、ビックカメラ・デジタル学院にでも改名せよ!戸田一雄と言う理事長も熊川清孝と言う校長も、知らない。石田アヤ・戸川エマ両氏のいなくなった文化学院は、もう文化学院では無いのだ! | トップページ | 詩人田中健太郎 12月7日(火)第574回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に14回目の参加!久方振りに広尾の宙に、自作詩を撃ち込む! »

2010/11/28

「君の声を聞く必要があるんだ。君をよく知るために、君が誰かをもっと知るために・・・」と63歳の映画監督ロベール・ブレッソンが、18歳のアンヌ・ヴィアゼムスキーに電話をかけて繰り返し言ったと、今朝の毎日新聞の書評欄で、堀江敏幸が『少女』(アンヌ・ヴィアゼムスキー著 白水社刊)の中から引用されていた。

 世間で63歳は老監督、と言うのだろうか?
いやそう言うことを言うのでは無く、ロベール・ブレッソン監督が耳で、声を聞いて確かめると言う言い方は、彼が聲の質の事を熟知して居る事を知るのだ。

この書評を読んで、このアンヌ・ヴィアゼムスキー著『少女』を覗いて見たいと同時に、彼女の主演映画「パルタザールはどこへ行く」を観て見たくなった。

どんな映画だっただろうか?

|

« 文化学院から、何が届いたかと封筒を開くと、「寄付金募集のお願い」ときた。厚かましいのにも程がある。その前に、ビックカメラ・デジタル学院にでも改名せよ!戸田一雄と言う理事長も熊川清孝と言う校長も、知らない。石田アヤ・戸川エマ両氏のいなくなった文化学院は、もう文化学院では無いのだ! | トップページ | 詩人田中健太郎 12月7日(火)第574回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に14回目の参加!久方振りに広尾の宙に、自作詩を撃ち込む! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50151062

この記事へのトラックバック一覧です: 「君の声を聞く必要があるんだ。君をよく知るために、君が誰かをもっと知るために・・・」と63歳の映画監督ロベール・ブレッソンが、18歳のアンヌ・ヴィアゼムスキーに電話をかけて繰り返し言ったと、今朝の毎日新聞の書評欄で、堀江敏幸が『少女』(アンヌ・ヴィアゼムスキー著 白水社刊)の中から引用されていた。:

« 文化学院から、何が届いたかと封筒を開くと、「寄付金募集のお願い」ときた。厚かましいのにも程がある。その前に、ビックカメラ・デジタル学院にでも改名せよ!戸田一雄と言う理事長も熊川清孝と言う校長も、知らない。石田アヤ・戸川エマ両氏のいなくなった文化学院は、もう文化学院では無いのだ! | トップページ | 詩人田中健太郎 12月7日(火)第574回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に14回目の参加!久方振りに広尾の宙に、自作詩を撃ち込む! »