« 三島由紀夫が自栽して、今日で40年目だとは、神田・神保町を久方振りに歩きまわっていて、旧知の古書店の主人との話しで、想い出す始末だ! | トップページ | 福澤諭吉は、尾崎咢堂が著述に指を染めた頃、彼を諭して「猿を相手に書け。俺はいつも猿に読ませる積りで書くが、それで丁度当世に当てはまるのだ」と言われたと、大正14年に刊行された『政治読本』(日本評論社版)に、記されている。 »

2010/11/25

アンジェリーナ・ジョリー主演の映画『ソルト』は、久方ぶりに歯切れの良い転換で面白かった!

 ソルトと名乗る二重スパイ?

北朝鮮から捕虜交換で出て来たソルト。ともかく面白い。是非、ご覧に。

こんな事は実際に在る事だろう、などと来て居ると、アッ言う間に終わる?いや続くような気配でヘリコプターからポトマック川に脱出して終わるのだ!
こんな終わり方は次回に続くのだ!乞うご期待、次回作を!

|

« 三島由紀夫が自栽して、今日で40年目だとは、神田・神保町を久方振りに歩きまわっていて、旧知の古書店の主人との話しで、想い出す始末だ! | トップページ | 福澤諭吉は、尾崎咢堂が著述に指を染めた頃、彼を諭して「猿を相手に書け。俺はいつも猿に読ませる積りで書くが、それで丁度当世に当てはまるのだ」と言われたと、大正14年に刊行された『政治読本』(日本評論社版)に、記されている。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50130269

この記事へのトラックバック一覧です: アンジェリーナ・ジョリー主演の映画『ソルト』は、久方ぶりに歯切れの良い転換で面白かった!:

« 三島由紀夫が自栽して、今日で40年目だとは、神田・神保町を久方振りに歩きまわっていて、旧知の古書店の主人との話しで、想い出す始末だ! | トップページ | 福澤諭吉は、尾崎咢堂が著述に指を染めた頃、彼を諭して「猿を相手に書け。俺はいつも猿に読ませる積りで書くが、それで丁度当世に当てはまるのだ」と言われたと、大正14年に刊行された『政治読本』(日本評論社版)に、記されている。 »