« 詩人岩崎迪子 12日(金)第566回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!初めて六本木の宙に、自作詩を解き放つ! | トップページ | 仙谷由人は、官房長官の器に非ず!日本国民は、官房長官が報道機関による撮影を「盗撮」から「撮影」と書き変えさせても、議事録にはキチンと「盗撮」と言ったと、記録せよ!仙谷由人は質も本人が言うように、悪徳弁護士そのものよ! »

2010/11/12

聲ノ力、には伸びしろが有る事に多くの者は気がつかない。昨夜の詩人・巨樹・聖樹研究家 杉原梨江子の聲は、ここ毎月1時間余り、聲を打ち続けて来た成果がはっきり聴き捉らえることが出来た。新しい叙事詩の誕生に昨夜の参加者は立ち会った事を、後に知る事になるだろう!

 素直な聲の持ち主の魂には、伸びる余地が有る。

音楽とともに、マイクロホンで聲を出している詩人などには、全く関心が無い。

すでに聲に伸びしろが全く無い事を告げているからだ。

聲に伸びしろのある聲を出すことに慣れない詩人には、出来る限り、続けて聲を出す機会を与える!

遣る気が有る詩人は、5,6回目ぐらいから、グーンと聲が伸び出す!

それがこのプロジェクトをプロデュースして居て、楽しみ無事なのだ。

最近、このプロジェクトを、天童道場と言われている事を知った。

もし本当に天童道場なら、こんな悠長な事は、やって居ないだろう!

12月11日、新潟:木揚場教会での、第3回 VOICE WORKSHOPに参加してみたら、良く判るだろう!

今後の杉原梨江子、南原充士、池田康等の聲がどう伸びるのか、本人の精進しだいだろう!

|

« 詩人岩崎迪子 12日(金)第566回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!初めて六本木の宙に、自作詩を解き放つ! | トップページ | 仙谷由人は、官房長官の器に非ず!日本国民は、官房長官が報道機関による撮影を「盗撮」から「撮影」と書き変えさせても、議事録にはキチンと「盗撮」と言ったと、記録せよ!仙谷由人は質も本人が言うように、悪徳弁護士そのものよ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50003570

この記事へのトラックバック一覧です: 聲ノ力、には伸びしろが有る事に多くの者は気がつかない。昨夜の詩人・巨樹・聖樹研究家 杉原梨江子の聲は、ここ毎月1時間余り、聲を打ち続けて来た成果がはっきり聴き捉らえることが出来た。新しい叙事詩の誕生に昨夜の参加者は立ち会った事を、後に知る事になるだろう!:

« 詩人岩崎迪子 12日(金)第566回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!初めて六本木の宙に、自作詩を解き放つ! | トップページ | 仙谷由人は、官房長官の器に非ず!日本国民は、官房長官が報道機関による撮影を「盗撮」から「撮影」と書き変えさせても、議事録にはキチンと「盗撮」と言ったと、記録せよ!仙谷由人は質も本人が言うように、悪徳弁護士そのものよ! »