« 新版『左川ちか全詩集』(新開社版)が、版主小野夕馥さんの好意で手に入れることが出来た。日本の特に女性の詩人に読んでいただきたいものだ。 | トップページ | ひと聲名古屋で、発して東京に戻って来ました。俳人で名古屋・ボストン美術館館長の馬場駿吉館長にも久し振りに、逢えました。 »

2010/12/17

18日 昼、名古屋・ホテル・オークラレストラン「中華料理 桃花林」で開催されるクリスマス懇親会を企画された友人のH夫妻の財団で、ひと聲を吠えに、出掛ける!

 約束通りに、一篇の詩を聲に乗せに、名古屋に行く!

年に1回ぐらい、名古屋で聲を出している事に為るのだろうか!

さてどんな事に為りますのやら。


車中、新版『左川ちか全詩集』を車中で、読みながら行く事にしょう!

今夜の詩人原田道子の聲の会で、原田道子と中本道代、参加者のY女史に、頼まれていた詩集をお渡しした。

さて来年は、左川ちか生誕100年。

何か催事が有ると良いのだが?

左川ちかがイーディス・シットウエルの事を書いて居るのが、1934年。

この全詩集は読みがいが有りそうで、楽しみだ。

|

« 新版『左川ちか全詩集』(新開社版)が、版主小野夕馥さんの好意で手に入れることが出来た。日本の特に女性の詩人に読んでいただきたいものだ。 | トップページ | ひと聲名古屋で、発して東京に戻って来ました。俳人で名古屋・ボストン美術館館長の馬場駿吉館長にも久し振りに、逢えました。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50328669

この記事へのトラックバック一覧です: 18日 昼、名古屋・ホテル・オークラレストラン「中華料理 桃花林」で開催されるクリスマス懇親会を企画された友人のH夫妻の財団で、ひと聲を吠えに、出掛ける!:

« 新版『左川ちか全詩集』(新開社版)が、版主小野夕馥さんの好意で手に入れることが出来た。日本の特に女性の詩人に読んでいただきたいものだ。 | トップページ | ひと聲名古屋で、発して東京に戻って来ました。俳人で名古屋・ボストン美術館館長の馬場駿吉館長にも久し振りに、逢えました。 »