« 種の絶滅は、難しいのではないか?約70年前に秋田県の田沢湖に生息し、絶滅したと言われていた「クニマス」が、山梨県の西湖で発見されたが、何歳ぐらいなのだろうか? | トップページ | 今朝の毎日新聞3面のクローズアップ2010、のアサンジ容疑者「1,2行つぶれ幹部辞任も」、「米銀行の不正暴露」ウィキリース予告、は面白い記事だ!日本の若者には、こんな芸当は出来ない事なのかね? »

2010/12/26

写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンの『こころの目』(岩波書店刊9を読んで居ると、「太陽王、アンドレ・ブルトン」と言うエセイがあった。それは1995年フランスのFATA MORUGANAから限定1000部で、38頁ながら背文字もキチンと有る写真集だった。

 レンズを透かして、物を見ている写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンがどんな文章を書くのか、非常に興味があった。
 読み続けて行くうちに、Ⅲ章「写真家、そして友人」の中に、<太陽王、アンドレ・ブルトン>を読んだ。
確かこの本を持っていたのでは・

そして書庫で、薄い写真集を探して見た。
 やはり持っていた写真集だった。

本文中にパステルの緑には、375もの色調がある、言い。
カラー写真の色には、プリズムの原則に基ずいていると。

白黒の中の色彩は想像力の産物なのか!

|

« 種の絶滅は、難しいのではないか?約70年前に秋田県の田沢湖に生息し、絶滅したと言われていた「クニマス」が、山梨県の西湖で発見されたが、何歳ぐらいなのだろうか? | トップページ | 今朝の毎日新聞3面のクローズアップ2010、のアサンジ容疑者「1,2行つぶれ幹部辞任も」、「米銀行の不正暴露」ウィキリース予告、は面白い記事だ!日本の若者には、こんな芸当は出来ない事なのかね? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真家」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50405408

この記事へのトラックバック一覧です: 写真家アンリ・カルティエ=ブレッソンの『こころの目』(岩波書店刊9を読んで居ると、「太陽王、アンドレ・ブルトン」と言うエセイがあった。それは1995年フランスのFATA MORUGANAから限定1000部で、38頁ながら背文字もキチンと有る写真集だった。:

« 種の絶滅は、難しいのではないか?約70年前に秋田県の田沢湖に生息し、絶滅したと言われていた「クニマス」が、山梨県の西湖で発見されたが、何歳ぐらいなのだろうか? | トップページ | 今朝の毎日新聞3面のクローズアップ2010、のアサンジ容疑者「1,2行つぶれ幹部辞任も」、「米銀行の不正暴露」ウィキリース予告、は面白い記事だ!日本の若者には、こんな芸当は出来ない事なのかね? »