« ひと聲名古屋で、発して東京に戻って来ました。俳人で名古屋・ボストン美術館館長の馬場駿吉館長にも久し振りに、逢えました。 | トップページ | 「海外の公演というのは、まるでトーナメント戦を戦う格闘技の選手のようなもので、失敗したら、もう誰も何処も呼んでくれなくなるのだ。/中略/東アジアの片隅から国境を超える者は、いつでも戦い続ける戦士でなけらればならないのだ。」と演出家の蜷川幸雄さんが、著書『千のナイフ、千の目』(紀伊国屋書店刊 1993年)の中で書いているのを見付けた!これは国際詩祭でも同じ事だ! »

2010/12/19

詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 20日(月)第581回プロジェクト「La Voix des Poètes」に、8回目の参加!神田の宙に、どんか聲を撃ち込むのか、乞うご期待!

  天童大人プロデュース

 ロシア現代詩の翻訳家でもある詩人たなか あきみつ .

8回目の参加!今回は久し振りに自作詩を、神田の宙に撃ち込む!

どんな聲を聴かせて、くれるのか?乞うご期待!


予約2500円 当日2800円(学割あり)

開場18:30 開演19:00

神田:NPO法人東京自由大学℡(03-3259-9870)

北十字舎 ℡03-5982-1834

|

« ひと聲名古屋で、発して東京に戻って来ました。俳人で名古屋・ボストン美術館館長の馬場駿吉館長にも久し振りに、逢えました。 | トップページ | 「海外の公演というのは、まるでトーナメント戦を戦う格闘技の選手のようなもので、失敗したら、もう誰も何処も呼んでくれなくなるのだ。/中略/東アジアの片隅から国境を超える者は、いつでも戦い続ける戦士でなけらればならないのだ。」と演出家の蜷川幸雄さんが、著書『千のナイフ、千の目』(紀伊国屋書店刊 1993年)の中で書いているのを見付けた!これは国際詩祭でも同じ事だ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50341670

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 20日(月)第581回プロジェクト「La Voix des Poètes」に、8回目の参加!神田の宙に、どんか聲を撃ち込むのか、乞うご期待!:

« ひと聲名古屋で、発して東京に戻って来ました。俳人で名古屋・ボストン美術館館長の馬場駿吉館長にも久し振りに、逢えました。 | トップページ | 「海外の公演というのは、まるでトーナメント戦を戦う格闘技の選手のようなもので、失敗したら、もう誰も何処も呼んでくれなくなるのだ。/中略/東アジアの片隅から国境を超える者は、いつでも戦い続ける戦士でなけらればならないのだ。」と演出家の蜷川幸雄さんが、著書『千のナイフ、千の目』(紀伊国屋書店刊 1993年)の中で書いているのを見付けた!これは国際詩祭でも同じ事だ! »