« 詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 20日(月)第581回プロジェクト「La Voix des Poètes」に、8回目の参加!神田の宙に、どんか聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人松尾真由美 21日(火)第582回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に7回目の参加!六本木の宙に、自作詩を宙に解き放つ! »

2010/12/20

「海外の公演というのは、まるでトーナメント戦を戦う格闘技の選手のようなもので、失敗したら、もう誰も何処も呼んでくれなくなるのだ。/中略/東アジアの片隅から国境を超える者は、いつでも戦い続ける戦士でなけらればならないのだ。」と演出家の蜷川幸雄さんが、著書『千のナイフ、千の目』(紀伊国屋書店刊 1993年)の中で書いているのを見付けた!これは国際詩祭でも同じ事だ!

 ふと古本屋の棚の中に在った『千のナイフ、千の目』(紀伊国屋書店 1993年刊) を読んで見て、良く分かるのだ。

先日、詩人白石かずこさんのお祝いの会の席で、隣に座った現代詩手帖の前編集長のT氏が、「ドイツに居る詩人のY氏が、世界の国際詩祭に行って、知っている日本の詩人は、誰かと、尋ねると、テンドウ・タイジンと言う詩人が多いそうだが、何故なのか」と尋ねてきた。

これは先の蜷川幸雄さんの言葉と同じで、トーナメント方式だと考え、圧倒的な聲ノ力で、多くの詩人に、聲の記憶に残っているからだ、と答えて置いた。

国際詩祭で、マイクロホンに頼って聲を出しているようでは、次が、先が無い、のと同じ事だ。

勿論、コロンビアのメデジン国際詩祭のように、世界最大の国際詩祭で、四千、五千、六千人以上入る野外劇場では、マイクが必要だが、2400人位の劇場なら、肉聲でも大丈夫な事は、2006年のカラカス国際詩祭での大劇場で、経験済みなのだ!

ともかく、小手先は不用!

ひたすら、聲を日本の詩人には出し続けて、自分の聲を立ち上げて貰いたいものだ。

その為のプロジェクトでもあるのだが!!!

|

« 詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 20日(月)第581回プロジェクト「La Voix des Poètes」に、8回目の参加!神田の宙に、どんか聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人松尾真由美 21日(火)第582回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に7回目の参加!六本木の宙に、自作詩を宙に解き放つ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

オペラ・歌舞伎」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50349954

この記事へのトラックバック一覧です: 「海外の公演というのは、まるでトーナメント戦を戦う格闘技の選手のようなもので、失敗したら、もう誰も何処も呼んでくれなくなるのだ。/中略/東アジアの片隅から国境を超える者は、いつでも戦い続ける戦士でなけらればならないのだ。」と演出家の蜷川幸雄さんが、著書『千のナイフ、千の目』(紀伊国屋書店刊 1993年)の中で書いているのを見付けた!これは国際詩祭でも同じ事だ!:

« 詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 20日(月)第581回プロジェクト「La Voix des Poètes」に、8回目の参加!神田の宙に、どんか聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人松尾真由美 21日(火)第582回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に7回目の参加!六本木の宙に、自作詩を宙に解き放つ! »