« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年5月16日 - 2010年5月22日 »

2010/05/14

今日、午後2時31分から対馬・和多都美神社・海中の一の鳥居から、第21目の聲ノ奉納を挙行する為に、聲を撃ち込み始めます!

 さて今海はどんな聲が飛び出すのか!
同行者は6名!

撃ち込んだ聲が何処に当り、何処に何が起こるのか?

今日は私の聲が身体に入ると、どのように浸透し、病を治せることが出来るのかを試して見るのだ!

乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/13

詩人たなか あきみつ18日(火)第488回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!京橋の宙に、ロシアの詩人アイギ詩集(書肆山田刊)を聲に乗せて、解き放つ!

 前回に引き続き、詩人たなか あきみつはアイギの詩作品を聲に乗せる。

詩作品のタイトルだけをロシア語で読んだが、参加者からアイギ作品をたなかの聲で、ロシア語で聴きたいとの希望が多いのだ。
ロシア語でアイギの作品を是非、たなかの聲で聴いて見たいぞよ!

昨年、暮にはアイギの未亡人から東大の沼野教授に宛てて、沼野・たなか両氏に作品集が送られて来たそうだ、が沼野教室の連絡不備か整頓不足か、5月の連休に研究室をお掃除したら出て来て、届いて半年以上、沼野教授は慌てたらしいぞよ!
そして無事にたなかあきみつの手元にもやっと届いたとさ!めでたしめでたし!

アイギが日本に来た時、なんで聴きに行かなかったのだろうか?分からないな?残念だった!

京橋:ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、映像でアメリカ・原油流出の現場を見たぞよ!何故、英BP社は、今迄、この映像の放映を拒否してきたのか!

 まだまだ流出し続けるぞよ!そんな簡単な事では無いぞよ!

オバマよ!1バレル、7セントを8セントに上げても追いつかないぞよ!

アメリカの心臓部に、ボディーブローのように効いて来るぞよ!

慾にかられ、掘削してはいけない場に、手を付けてしまった英BP社!

他で海底火山が爆発するぞよ!海底地震も勃発して、海底は大混乱だぞよ!

凄いぞよ!ドラゴンたちの攪拌の凄さは、半端じゃないぞよ!

覚悟して、事に当れよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜のNHKのクローズアップ現代「なぜ運転再開安全を」見たが、直ぐに運転中止へ!そして民主党は前政権からの御荷物を、2000億円を掛けても廃炉へ、舵を切れ!!

 昨夜、初めて「もんじゅ」を映像で見たぞよ!

怖い場所に建立されて居ますぞよ!これは危険だぞよ!

海岸の近くで、海底地震が起き、地盤に亀裂が入らない、と誰が言えるのねえ!

近くに民家の屋根が見えたが、そんな恐ろしい場所に人間が住んで居るなんて、平気なのだろうか?

う~ん、地域振興策とはお金をばら撒いているのだろか?

しかし、「もんじゅ」は不用で、無用の長物だね、本当に!

日本国民は、何故、黙って居るのかね!

なにかタブーが潜んでいるような危険な臭いがプンプンしているぞ!

過ぎに停止し、廃炉への道を、選ぶべきだぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「選手は1試合で約10キロ走る」と言うデータを踏まえて「1人が1キロずつ増やし、平均を11キロにしたら1人多いのと一緒になる。それなら十分に(勝つ)チャンスはある」とも話したのは岡田武史全日本監督だと言うのだが、この考え方は可笑しくないか?小程度の能力では、世界では戦えないぞよ!!

 1人が1キロ増やしたら1人多いのと同じだ、とどうして思うのかね?

ただ単に走る量を増やせば良いと言う問題では無いのだぞよ!

監督にポリシーが無い、存在感が欠如しているのだよ、岡田武史には!華が無い!これは致命的だぞよ!

いくら対談をしても身に付く物では無いぞよ!

勘が必要なのは、選手であって監督では無い。

ヨーロッパの選手のゲームを見ていれば直ぐに分かるのは、蹴り出す前にボールの到達点に走って居ること!

日本の選手は蹴ってから走り出しているから、直ぐに相手側に読まれてしまっている。

92年に岡田はドイツにコーチ留学したが、「ドイツの練習には目新しモノはほとんど無く、驚きも無かった」と言ったらしいが、驚かせもしなかったドイツの練習、それは日本でも同じ練習だと言うのなら、何故、ドイツは・サッカーは強いのかね?岡田武史よ!

ドイツから是非にコーチに来て欲しい、と招聘されたのかね岡田武史は!

残念ながら世界のサッカー界では、知られては居ないのだろうね、岡田武史と言う名は!

全く残念だね!

「日本人らしさのサッカー」って、一体なんだ岡田武史よ!!

持久力が有るのは当たり前のことだろう!世界のサッカー界では!

「攻撃的」な事が出来ないと言う事だろうに!

岡田武氏の考えるサッカーでは、世界には通用しない、勝てないと言う事だよ!!

今からでも遅くは無い、岡田武史を監督から降格させよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/12

岩下明裕北海道大学教授が今日の毎日の夕刊4面に書いている「「善良な市民」と普天間 私たちは「鳩山」を嗤えるのか?」に屋良朝博著『砂上の同盟』(沖縄タイムス社刊)の「海兵隊を戦闘地域や訓練地へ運ぶ艦船が佐世保にあるにもかかわらず、実戦部隊が沖縄にいる理由をきちんと説明できる人は、米軍関係者も含めてほとんどいない。」と言うのだ!!!

 是非、この岩下明裕教授の文章と屋良朝博著『砂上の同盟』(沖縄タイムス社刊)を読んでみて下さい、としか申し上げらないが、鳩山を嗤う事は、自民党関係者は、誰も出来ないのではないか!

しかし、屋良氏の言うとおりなら、実戦部隊を佐世保に持って来ればいい、いや米軍は全て日本から出て行って貰らう!これが全てだろう!先ずはだ。

それにしても艦船が佐世保で、実戦部隊が沖縄?可笑しすぎるぞよ!これは!

北方領土と沖縄!占領されて居るのには間違いないぞよ!

毎日新聞には読む記事が豊富にある。署名記事だから面白いぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ2期ぶりの黒字 購入支援底上げ コスト1兆円削減、と今朝の毎日新聞朝刊一面に出ているが、これは可笑しくないか?コスト削減が下請けを泣かせての削減なら自らの首を締め付けるぞよ!はやギリシアの二の舞か((笑))!!!

 そう簡単に黒字に為るのだろうか?何故かギリシアの二の舞の匂いがして、仕方が無いのだが?皆さんは如何思われるかな?
そう黒字を強調すると、訴訟問題の交渉に影響して来て、トヨタの会計検査を精査するとギリシア政府と同じだったりして!((笑))
豊田章男の聲は幼くて、これがトヨタ総師の聲なら、戦国時代なら、腰抜け大将で、配下の武将たちは無能力者の馬鹿ばかりだぞよ!
今後のトヨタを刮目して、遠目から眺めて居よう!

日本製品が良いと言うイメージを失墜させた国民に対して、詫び言葉がひと言も無かったぞよ!

豊田章男よ!トヨタの総師なら、どうトヨタは責任を取るのか、国民に対して、早急に申し述べよ!!

出来なければ、御手洗富士夫と同じような末路を歩むぞよ!

早く、謝罪をし、その後、一致団結して、日本製品の品質向上に全力を注ぎます、と!

1兆円削減しても、品質には、何ら変わらないと、アピールをしないか!!この鬱獣が!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、アメリカ・オクラホマで竜巻が起こったぞよ!アメリカに押し掛ける天災は、まだまだ続くぞよ!今迄私の肉体を痛めつけて来たままのアメリカの傲慢な振る舞いに対して、この危うい水の惑星が報復を継続中だぞよ!!心せよ、アメリカよ!!!!

 今、アメリカ・オクラホマで竜巻が起こったぞよ!

多数のドラゴンが天空と地下とを攪拌して淘汰させていると伝えているぞよ!

まやかしとは違うぞよ!

自然の力、を人類は侮って、数寄放題し続けて来たからな、これからのお試しは苛烈だぞよ!

邪まな人間は滅ぶぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力安全・保安院よ!「もんじゅ」は、危険だから停めてくれと言うメッセージ、を警報鳴動や制御棒操作ミスで、伝えているぞよ!本当に動かして良い物かどうか、も一度、総点検させよ!

 動かす、事に専念していて、停める英断を下せない愚か者たちよ!

2050年に実用化など、ふざけた話だぞよ!

それまで1ヵ月約5500万円を費やすなら、2000億円掛けても廃炉にするべきだろう!

民主党は前政権からの、御荷物を背負いこむな!

無駄な事だぞよ!

日本の無辜の国民たちを不幸のどん底に落としこむ事は、何びとにも出来ないぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/11

6月10日(木)の第501回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、詩人今村芳枝から、森川雅美に変更に為りました。ご注意ください!8日の第500回詩人高橋睦郎の回から、タイトルが一部変更に為り、poètesのpが大文字のPで、Poètesに変わります!ご注意ください!

間もなく500回がはっきり、視界に見えて来た。

そこで4回目のギア・チェンジを行なう事にした!!

即ち、pを大文字のPに変える、これで、今まで内海に居た詩人たちを荒海に押し出すことに為るのだぞ!

どう言う展開に為るのか、結果を見ていて欲しいものだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本企業は元捕虜に謝罪を 大戦中の酷使、虐待に対し」と昨夕の毎日新聞の夕刊に、レスター・テニー氏(「全米バターン・コレヒドール防衛兵の会」元会長)が昨年9月に経団連の御手洗富士夫会長に、手紙を書いたが返事は無かったと言うのだ。御手洗富士夫は何故、無視したのか!退陣挨拶は、謝罪だぞよ!もしこの機会を逸したら、禍根を残す人生を送るぞよ!米倉昌弘も会長就任挨拶は、住友化学が戦争中、何を捕虜たちに行なったか謝罪してから、就任挨拶を行なえよ!そうで無いならば、日経連は、日本経済のお荷物に為るぞよ!

 レスター・レニー氏が書いた昨日の毎日新聞の夕刊を読んで、やはり御手洗富士夫は謝罪も出来ない、忌まわしい人物である事が改めて、確認させられた。
それにしても、戦争中、住友化学を含む多くの日本企業が、捕虜に十分な食糧や衣服も与えず、従業員たちの虐待を許し、赤十字の慰問品も渡さなかった、と言うのだぞ!
次期会長の住友化学の米倉昌弘は、先ず、戦時中の捕虜たちに対して、謝罪の言葉から就任挨拶が出来ないなら、日経連の基盤は砂上の楼閣に為るぞよ!
謝罪を求めて65年!この願いは米倉昌弘よ!重いぞよ!

御手洗富士夫のような返事も出せない、愚かな対応はするなよ!!

退陣挨拶、就任挨拶を刮目しておるぞよ!!!

是非、10日の毎日の夕刊4面を読んで、じっくりと我々日本人の反省するべき点は、素直に反省して行かなくては、前には進めないだろう!!!

もっとジャーナリズムは、テニー氏の言葉を、この放漫な世に知らしめる働きをしなくては為らないぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/10

JR山手線の恵比寿駅に何が起こっているのか!地下鉄のようにガードが取り付けられていて、数メートル毎に警備員が付いているのだぞよ!変ではないか!!

 先日のフランス人も東京写真美術館に行く時に、恵比寿駅で降りたら、ガードが有るので、有るので驚いたと言っていた。
今夜、それに警備員が付いているのだぞ!本当に変だぞ!

新宿湘南ラインにも埼京線のホームにはガードは無いぞよ!

確か私の知っている専門学校の経営者一族の息子が、恵比寿駅で、飛び込んだが!!!

それ以上に可笑しな光景が続いて居るぞよ!!!

明日にでもJR山手線の恵比寿駅に行って、自分の目で確かめて見られよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

14日(金)午後2時31分から長崎県・対馬市・豊玉に在る和多都美神社・海中の一の鳥居にて、第21回(連続21年) 天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社、を、元寇の役で亡くなった無辜の民びとたちの御霊を弔う為にも、聲を撃ち込み始めますぞよ!

 早いもので21年目に為る聲ノ奉納。

今年は聲を発する天童大人の聲が、ヒトの身体に入り、治すことが出来るのかを、立会人が精査致します。

また今回は新詩作品も奉納致します。

どんな結果に為るのかは、お楽しみに。

東京から3名、大阪から1名。福岡から1名、熊本から1名の6名が参加されますぞ!

6年前から姿を現したドラゴンは、今回は数も増えての参加ですぞよ!

時代の時の針を進めることに為りましょう!!!

御期待下さい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ東京の「日高義樹のワシントンリポート」を昨日、久方ぶりに見て、日高義樹がアメリカの宣伝マンに為っているので、驚愕したぞよ!もともとNHK時代の1989~91まで島桂次会長の側近だったから、豹変するのはお手のものかもしれないぞよ!

 気をつけれよ!この時期に、わざわざ沖縄の海兵隊のリポートを空母に乗ってまでの取材とは、可笑しくないか!
テレビに写させているアメリカ海軍も日高義樹を過大評価して居るぞよ!

ネオコンとも近く、マッチポンプのキッシンジャーと親しい等、アホかね、このこの男は!

アメリカに迎合する者は、要注意だぞよ!もうアメリカの凋落が既に始まっているぞよ!
3年前の12月31日正午!

地図から消えたんだぞ!笑えないぞよ!

わが日本も最北端の稚内、新潟の一部、対馬しか地図には無いのだぞよ!フランスも消えているぞよ!

ジャーナリスト魂は、ハドソン研究所主席研究員・全米商工会議所会長主席研究員主席顧問の現在の肩書が示すように消えたらしいのだぞ!

日高義樹はアメリカ海軍のメダルコレクターらしいぞよ!夜秘かに眺めて、自分の業績に酔いしれて居るかもしれないな、日高義樹は!

ジャーナリスト魂は、唯の看板かな、今の日高義樹には。

一度も沖縄県民は、いや日本国民はアメリカ軍の沖縄駐留に反対して居るのだと言わなかったぞよ!野田か義樹は!
だからジャーナリスト失格、の烙印を押すことにしたぞよ!!!

沖縄密約の元毎日新聞西山太吉記者とは大違いのコンコンチキだぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ東京の「日高義樹のワシントンリポート」を昨日、久方ぶりに見て、日高義樹がアメリカの宣伝マンに為っているので、驚愕したぞよ!もともとNHK時代の1989~91まで島桂次会長の側近だったから、豹変するのはお手のものかもしれないぞよ!

 気をつけれよ!この時期に、わざわざ沖縄の海兵隊のリポートを空母に乗ってまでの取材とは、可笑しくないか!
テレビに写させているアメリカ海軍も日高義樹を過大評価して居るぞよ!

ネオコンとも近く、マッチポンプのキッシンジャーと親しい等、アホかね、このこの男は!

アメリカに迎合する者は、要注意だぞよ!もうアメリカの凋落が既に始まっているぞよ!
3年前の12月31日正午!

地図から消えたんだぞ!笑えないぞよ!

わが日本も最北端の稚内、新潟の一部、対馬しか地図には無いのだぞよ!フランスも消えているぞよ!

ジャーナリスト魂は、ハドソン研究所主席研究員・全米商工会議所会長主席研究員主席顧問の現在の肩書が示すように消えたらしいのだぞ!

日高義樹はアメリカ海軍のメダルコレクターらしいぞよ!夜秘かに眺めて、自分の業績に酔いしれて居るかもしれないな、日高義樹は!

ジャーナリスト魂は、唯の看板かな、今の日高義樹には。

一度も沖縄県民は、いや日本国民はアメリカ軍の沖縄駐留に反対して居るのだと言わなかったぞよ!野田か義樹は!
だからジャーナリスト失格、の烙印を押すことにしたぞよ!!!

沖縄密約の元毎日新聞西山太吉記者とは大違いのコンコンチキだぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

10日に聲を出す詩人で巨樹研究家の杉原梨江子から、「こんなふうに社会を糾弾するならドラゴン小説を書いたら如何か!ブログで終わるのはもったいない」と言って来た!ドラゴンたちに相談してみないとね、答えて置いたぞよ!!!

 私のブログを読んで下さると言うモノ好きは居ないだろう、と考えて来たが、どうもそうでもないぞと思ったのは、昨年の新潟の蔵織での聲の会の時の事だ。

主催者のルル・テンの坪川女史から、ブログを読んで興味のある方から、お忙しいあの方が本当に来て、おやりに為るのか、との問い合わせが有ったのだぞ。

今ではその姉妹の方は、毎月のクリスタル・スインギングボールを浴びる会に必ず姿をお見せに為るのだ。

現実界では不自由だが、天空界では縦横無尽活躍で、視点は自由にフォーカスが出来、これからますます筆舌鋭く、ご期待乞う!!!

巨大なドラゴンが世界の邪まな奴らを監視しして居るのだぞよ!

何処かの出版社から、話が来れば実現はしますぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンが怒り狂って、天空と地下とを攪拌させているぞよ!開けては為らないところを掘ったBP社の暴挙に対して怒っていつぞ!メキシコ湾が壊滅状態に為るとマグロの生態系にも影響が出るぞよ!

 己たちの慾惚けで、人類を破滅に追いやる第一歩に為るかも知れないぞ!

今回の原油流失は、大きな事件だぞよ!

オバマよ、即刻、掘削を止めさせよ!アメリカが凋落しようが構わないが、道連れは御免だぞよ!

損害被害額は数兆円だろうが、虚数の世界では無いぞよ!

生物が生き絶えるのだぞよ!

兄弟容器を被せると、ロシアか何処かで、油田が爆発するぞよ!

母なる大地に穴をあけるなど、気違い沙汰だぞよ!

母なる大地の復讐がこれから始まるぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人中原道夫 13日(木)第487回プロジェクト「La VOix des poètes(詩人の聲)」に5回目の参加!神田の宙に、新詩集『ほのほのと百四十歳』(北溟社刊)を聲に乗せて解き放つ!

 さて5回目の参加に為る詩人中原道夫。

今回は新詩集『ほのほのと百四十歳』(北溟社刊)をどう聲に乗せるのか?

お若いと思っていたら6月5日で80歳に為られるとか!

それにしても御元気だ!

だからどんな聲なのか?乞うご期待!

神田:NPO法人東京自由大学 ℡03-3253-9870(火・木・金 PM13~PM18時の間のみ通話可能)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この世の中には仕事を探している人が大勢いるが、企業側の年齢制限と言うハードルに勤労意欲が阻まれているのだぞ!経営者たちよ!隠れた能力を自ら捨てることはないぞよ!

 日本の高い年齢層の能力を無駄に捨てているようだ!

特別な能力が有りながら、60歳・65歳と年齢制限を自ら設けて居て、潜在能力を流出して居ることに気が付かないようだ!
駄目な人間は駄目だろうが、能力を上手く使いきれない企業は、じき底打ちに為る。

パリのオートクチュールのお針子には、年配者が多い。

繊細な布地に対しての感覚は、経験の多さに頼らなくては、為らない。

ユニクロの製品とは大違いだぞよ!ただ安ければ良い訳ではないぞよ!

実用品とフアッションとの違いだよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人大野新さん(82歳)が4月4日に呼吸不全で亡くなっていた事を、今朝の毎日新聞で知った。詩集『家』(永井出版企画刊)で、1978年度のH氏賞を受賞している。御冥福をお祈りする!

 詩人大野新、と言うと永井出版企画、を何故か直ぐに想い出すのだ。

1981年 阿部岩夫『不羈者』、石毛拓郎『眼にて云う』と同時に私の第一詩集『玄象の世界』が、永井出版企画からほぼ同時に刊行されたからだ。

確かに1981年10月31日 第一刷500部発行、すぐ無くなり1982年1月25日第二刷300部発行した。

確か永井さんに大野新の詩集『家』を頂いたからではなかったか。しかし、大野氏にはお会いしたことが無い。

なんで永井出版企画から出すことに為ったかと言うと、古書展で永井さんに会う機会が多くあり、何かの話が切っ掛けで詩集を作って頂く事になったのだ。
特装本を作る考えがあり、装画をしてくれた画家KEIZO:森下慶三(当時、ミラノに住み、ブレラ国立美術学校:マリーノ・マリーニ教室で学ぶ)に版画を制作して貰い、準備はしてあったのだが、残念ながら、未だ実現して居ない。

今は可愛い綺麗な色彩の版画が、手元に残っているだけで、もうKEIZOもこの世には居ないのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年5月16日 - 2010年5月22日 »