« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010/05/22

詩人有働薫 26日(水) 第492回プロジェクト「La Voix des poetes(詩人の聲)」に、13回目の参加!新詩集『幻影の足』(思潮社刊)を、京橋の宙に聲に乗せ、解き放つ!!

 早いもので有働薫がこのプロジェクトに参加するに当たって、聲の先達詩人白石かずこさんに相談されて参加して、はや13回目。
時の流れは速いものだ! 
手を拱いて、頭目に眺めていた連中を尻目に、また新詩集を上梓すると言うのだ!
誠に慶賀に堪えないぞよ!
どんどん出来る詩人は、行動に移せば良いのだ!

このプロジェクトは6月8日の詩人高橋睦郎で第500回目を迎えるぞよ!

21世紀の死の世界の一大ムーヴメントに発展する予兆を孕んでいるのだぞ!
44ヵ月で500回、未だ3日に1回の割合で開催されているぞよ!

これは参加して下さっている詩人の方々もさることながら、空間を提供して下さっている画廊のオーナー諸氏に深い感謝をささげたい。
日本の詩人や作家の聲を育てるために、ご協力くださっている無私の行為に詩人が報いれるのは、自分の会には、きちんと宣伝をし、出来るだけ多くの人たちに聲をかけてみることだ!
まだ道のりは、なかばだぞよ!
しっかりせよ!とドラゴンが言っておるぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/21

詩人筏丸けいこ 25日(火)第491回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!六本木の宙に自作詩を解き放つ!

 どんどん聲を出し続けて行くうちに、筏丸けいこの身体が聲を出す事を覚え始めるのだぞ!

そこまで徹底的に筏丸けいこは、聲を出し続けて行く事だ!

聲を出す事は身体性の問題で、いくら頭で考えて居ても聲は出ないぞよ!

過去の実績など今、現在出し続けていなければ、経験、場数だけでは乗り超えられないぞよ!

今回、どんな聲を撃てるのか、乞うご期待!

六本木:ESPRITSANIMAUX児嶋画廊 ℡03-3401-3011 開場17:30 開演18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本経団連会長、御手洗富士夫は昨日の最後の定例会見でも、元捕虜の人たちに対して、謝罪の言葉を述べ無かったね!馬鹿で、本当に愚かな人物だね!

 御手洗富士夫よ! 中国首脳は、経団連会長の最後の定例会見で、元捕虜たちが謝罪を求めている事に対しどんな対応をするのか、見て居たのだぞよ!

 己の自慢話、「経済外交では26ヵ国を訪問」、で、何が出来たのか?行くだけなら、バカ者でも出来るぞよ!

         「成長が期待される中国には11回訪れ、温家宝首相から信頼を得た、中国とのパイプを強化できた、と。」 中国は、きちんと謝罪出来ない人間は、認めて居ないぞよ!
パイプは、直ぐ腐食していくぞよ!

何故、元捕虜の人たちに対して、きちんと謝罪出来ないのか!

謝罪しないで27日、会長を退任したら? ああ恐ろしい事だね、後悔の念に、苛まれてね。

限りなくダークグレーの男には、やはりこの程度の人物だったか!

人の上に立ってはいけない人物を、経団連は選んだものだぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)は連日のように操作ミスなどが続いているが、大事故への伏線ではないのか!!!徹底的に原因を追求させる為に、経済産業省原子力・保安院は、日本原子力研究開発機構に対して、手遅れになる前に早急に停止命令を出せよ!!!

本当は「水漏れでも犠牲者がでる」のではないのか?

何故、こんなに些細なミス、しかし、実は大惨事に繋がる重大なミスが多いのか?

「原因の究明後に公表」では遅いぞよ!大事故に為ったら、発表は出来ないぞよ!

水位が上がって来ているぞよ!何処かで海底火山が爆発し続けているぞよ!

「もんじゅの」地盤は、本当に大丈夫なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/05/20

23日、新潟の「点塾」で、3回 「THE倍音シャワー」と名付けて行ないますよ!もしお時間あればお出かけ下さい。今回、初めて一番大きいクリスタルスウイングボールを使用します!ご期待下さい!

会場:「点塾」

新潟市中央区長潟3-6-2

5月23日(日) 第1回 11:00~12:15

          第2回 15:00~16:15

          第3回 18:00~19:15

  参加費:3000円

お問い合わせは:LuLu・Ten(電話:025-210-6800)まで

是非:お出かけ下さい。

      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜の毎日新聞の夕刊3面で玉木研二専門編集委員が「肉声再生 プレーバック」の書き出しに、”フランスのパリが「5月革命」に沸き、ゼネストで街にごみがあふれているころ、日本も学生反乱の季節が訪れていた。、と書いていたが・・・

 8日のこのブログに、5月革命、は無く、ただ単に1968、と書けば良いのだと、そ日の夜に会ったフランス人の知人の言葉を書きつけた。
そして今、玉木研二専門編集委員が、「5月革命」は、書く時、5月革命は無かったのですよ、唯たんに1968、で分かるのですよと伝えてあげたいものだ。
受け売りだけどね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船井幸雄・船井本社会長は4000人が志をもって集えば、世の中は変わりと言われる。稲盛和夫JAL会長の私塾である盛和じゅくの会員は約5500人居ると言う。盛和塾の会員には志が無いのか?それは稲盛和夫自身の問題なのか?

 昔、京都の深山で、10人の男が日本に居れば、日本は戦争に勝ったであろう、と言う話を先達から聴いた事を何故か想い出した。
終戦時までには、6人しか揃わなかったとか。

世界を代えるのに船井幸雄が言うように4000人は要らないのではないか?
理解出来要員が増やしえている事は良い事だが、無私の人をどれだけ集めれるのか?

ではこの多極化している時代では、何人の人間が居ればこの混濁した世界を代えられるのか?

今、モーゼ級の人物が10人居たら?
でも今では少し足りないか
レーガン大統領時代に顧問で居た6人の占星術師は、今何処に居られるか?

サダム・フセインにクェート侵攻を決断させた占星術師は今、何処に居られるのか?

この国の何処かに、きちんと未来を透視出来る人間が潜んでいる気配を感じるぞよ!

それは何方ぞに居られる方ぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人井上瑛子 今夕、第491回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に2回目の参加!京橋の宙に、第四詩集『Nとの夏』(緑鯨社刊)を聲に乗せて、解き放つ!

 二回目の参加になる詩人井上瑛子。聲を出し自分の過去の作品を聲に乗せて解き放つ事によって、新たな世界に飛び出せるように為るだろう!

かって喉にメスを入れた経験が、聲を出すことに恐れを持っていた筈だが、今回ですこし自信が付いて来たのではないか。
このプロジェクトに参加し続けて、ともかく聲は出し続ける事だ。

その中で、新し聲が生み出されるだろう!

第500回から、タイトルのpoètesがPoeètesに変わるが、既に今回、井上瑛子が自身で制作されたチラシにはPoètesと変わっているのだ!
ともかく今夕、詩人井上瑛子の聲を聴いて頂きたい!

京橋:ギャルリー東京ユマニテ ℡03-5982-1834  開場18:30  開演19:00 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/19

米メキシコ湾石油掘施設爆発事件で、サラザール米内務長官が「最終的な処理が終わるまで最長90日かかる」と言っているらしいが、無理だぞよ!神の怒りを買ったのだぞよ!教会に行って、祈って、懺悔しても原油の流失は止まらないぞよ!米国の水産物生産額の25パーセントを産出する大漁場なら、何れアメリカは窮乏するぞよ!見て居れよ!新たに油井を掘って流出している油井の油圧を下げるだ、と大バカ者だね、アメリカ一部勢力ともBP社との陰謀かね?

 留守中にたまっていた毎日新聞を纏めて、読んでいたら、16日(日)朝刊の社説に「海底油田事故」が出ていて、初めて、海底1500キロの掘削で、4月20日夜に爆発炎上し、作業員11名は死亡、施設は崩壊・水没した、と良ことを知った。
海底1500メートルに、100トンの鉄とコンクリートの器を被せて塞ぐなどと誰が考えたのか?

大体、この良い漁場で石油掘削を誰が許可したのか?

25パーセント産出出来なくなる魚、もう食べる物がどんどん減って来るぞよ!

近い時期に、日本も自給自足の原則にたち戻らなくては、食べる物が無くなり飢えで無くなる物が輩出すように為るぞよ!
もうメキシコ湾の掘削は中止せよ!

怒りが荒ぶるともうアメリカごときが、いくら騒いでも天上界の権力には、触れる事は出来ないのだぞよ!

今に分かるぞよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人伊藤比呂美、今夕、第490回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に7回目の参加!京橋のギャルリー東京ユマニテで、自作詩を聲に乗せ、撃ち込むぞよ!午後7時から!是非 伊藤比呂美の独特の聲のリズムを聴かれたい!!!

 良いぞよ!伊藤比呂美の聲のリズムには学ぶべき事が多いぞよ!

是非、聴きにキンシャイ!!!

31日にも伊藤比呂美はギャルリー東京ユマニテ(℡03-3562-1305)で、聲を撃ち込むぞよ!!

参加詩人は勿論のこと、出来るだけ多くの詩人に、今の伊藤比呂美の聲を聴いて頂きたいものだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲盛和夫日航会長よ!早く己の私塾「盛和塾」の会員(約5500人)に、日航が特典を与え、販売促進運動を為っている事に対して、早急に説明を国民にせよ!既に日航には公的資金が投入されていることを忘れるなよ!!!

 稲盛和夫の私塾「盛和会」とは、この程度の塾と言う事かね、!

会員数5500人いたら、この日本は再生できるでしょうに!残念ながら、未だ出来て居ませんね!

日航も再生できますか?JALホテルは未だ売却出来て居ません。効率の悪いホテル経営は、早急に手を打つべきではありませんか?

盛和塾に対しての特典をこのまま許して居たら、JALに対しての反発は高まり、窮地に陥りますよ!
「営業に掛かる経費を浮かした分で提供している」、と日航広報部は言って居ますが、この法人特典も日航の首を絞めているのでは有りませんか、精査させてみて下さい!

無心、を熟生たちに教えて来ましたかね!今迄、利益追求ではありませんか?

出家は、自分の何を代えましたか、稲盛和夫日航会長!!!

JAL大西社長も解任ですね。公的資金投入により、全ての役職者の給与は大幅にカットしましたかな?

ではどんな結果を迎えるのか、刮目して見ましょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/05/18

今夜、詩人でロシア文学翻訳者のたなかあきみつさん、天才彫刻家(天童大人が発見)Yves DANAの第3の作品集(カタログレゾネ)を見て、鉄の彫刻は、活断層みたい、と言う!

 第3作品集は、サイン入りで、ギャルリー東京ユマニテに在り、今夜、詩人のたなかあきみつさんが見たのだ。

なかなかDANAの才能の凄さを分らない、かって彫刻家の若林奮に第1作品集を、神田の古本屋でお見せしたが、自分とは違うと言うのみ。
DANAの仕事ぶりに注目して居たら、展覧会や美術館のカタログは多いが、作品集は1冊も持たない彫刻家なのだぞ!
アメリカでは、作品集を持たない作家は、作家とは認められないのだぞよ!

だから高松次郎・中西夏之・若林奮等は、未だ作家では無いと言う事が出来るのだぞよ!

それを実感したDANAは29歳で1冊、39歳で1冊(カタログレゾネ)、49歳で1冊と、50歳にして3冊の作品集に、ダイジェスト版は1冊、カタログは各展覧会で必ず作るぞよ!
ともかくブツが無くては駄目な事は、熟知しているDANA!

今世紀!最大の彫刻家になるぞよ!!!

もう20年来の付き合いだから良く分かるのだよ!

DANAの才能は!!!プチ・ピカソ!!!万歳!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は九星気学で、年・月・日が重なる大吉方で、西の方が良くて、お水取りに行かれませんかと、言われ、その気に為ったので、実現したぞよ!昨夜は早く寝て、迎えをまち、宗像神社の先の神湊から朝7時40分のフェリーで大島に。直ぐに駆けだし、宗像大社中津宮の天真名井の水を飲み、組、駆け下りて7時40分のフエリーに、無事に乗りましたぞよ。

 気学でお水取りなど、久しく忘れていた言葉だ!

水を飲む!良い方位での水を飲む!

水に神が宿りやすいからなのか!

この18日に良い方位とは全く知らなかったぞよ!

どんなことが起こるのか本当に楽しみだぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/17

またアイスランドの火山噴火の影響で欧州の空港が臨時閉鎖!まだまだ続いているのだぞよ。火山爆発は!今度は海底火山の爆発が始まるぞよ!油断するなよ!

 利益優先で、開通しても、また直ぐに閉鎖におい来れるぞよ!

地下のマグマが怒りの為に、そう簡単に止まらないぞよ!

海底は撹拌されていて、もう何が起こってもおかしくないぞよ!

続くぞよ!もんじゅは本当に地盤が大丈夫なのか???

役にも立たない物に、1ヵ月5500万円も垂れ流して、前政権のお荷物など、廃棄してしまえよ!

もう牛も豚も魚も食べれなくなるぞよ!日本人は何を食べて生きていくのかね?今後は、輸入もまま為らなくなるぞよ!
減反政策など、アメリカの言いなりに為ってきたが、そのアメリカももう青息吐息で、やっとこさの有様だよ!

ユーロ圏もガタガタ!イギリスも二大政党制が崩壊!

タイも内乱状態、そいう国々が、今後続くぞよ!

見てて見よ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は、東京から参加され3名の同行者を大宰府と大宰府址と南蔵院に、久留米のN女史の運転する車で、行ってきましたぞよ!!!

 昨年は宗像神社へお連れしたので、今年が別な場所へと言うわけだ。

日曜日なので、大宰府は人が多く、こんな大宰府に来たことは今迄なかったぞよ!

太宰府址で、聲を撃ち込んでみましたぞよ!聲が変わりましたぞよ!

5月には梅雨の心配は無く、過去、羽田空港で、福岡発対馬行きに、天候調査が無い事は僅かしか無かった。

安心して飛行機に乗ったが、福岡に着くと案内の係員が誰も居なく、ANAの地上職員に尋ねると、対馬行きが30分以内なら、同行・案内するとのこと。それならターミナルから出ないで、そのまま対馬行きに搭乗できるのだが、早く着くのも考えものか?
ANNはこの場合の羽田・福岡・対馬の時にはターミナールを出ないで搭乗させるサービスを実地するべきだゾよ!
また来年の22回目も続いて行くのだぞよ!

聲ノ奉納の後は、熊本や宮崎に行くように為るのかも!

それにしても宮崎の口蹄疫は、本当に気の毒ぞ!!!

政府が手厚く保証をしてあげないと、経営困難な自営業者の自殺者が続出するぞよ!

殺される牛や豚が哀れぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

14日午後2時31分から、対馬・和多都美神社・一の鳥居から本宮、そしてその奥の豊玉姫墳墓めがけて撃ち込み。その後、体を回転させ、海を目がけて、声を撃ち込み、無事に終わりましたぞよ!ご協力ありがとうございます!!

 今年は晴天に恵まれ、対馬への乗り継ぎに心配しなかったのは、久方振りでした。

東京からの参加者3名、大阪・熊本・久留米からは各1名、の計6名での参加です。

Y紙のSl記者から、昨年の20年記念で、植樹でもすれば良かったね、と教示を得たので、25年目に行うことを考えても良いのでは、と思った。
21年目で初めて、海を目がけて聲を撃ち込まなかった、撃ち込めなかった。
低い稜線では聲が共鳴しないのでは?と思い込んでいたらしいのだ。

海に向かって、聲を撃ち込んでも、聲は響いたのだ!

聲が成長している事が、はっきりして来た!
これからが楽しみな事に為ってきたぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »