« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »

2010/05/29

今朝のブログで、1日の原油流出は、約302万1000リットルと書いたが、どうも計算間違いらしいのだぞよ!1バーレルは42米ガロン、1ガロンは約159リットル。即ち159×42×19000=約1億2688万2000ℓが1日に、メキシコ湾に流れ出しているのだぞよ!

 いや驚いたぞよ!何れメキシコ湾は、原油の貯蔵庫になるぞよ!

スパイ衛星でも原油の層の厚さで見えない今、ここを北朝鮮の潜水艦で砲撃されたら、アメリカはどうなるぞや!

何処かで地盤沈下で、突然、国が島が消えるぞよ!

食べ物が消えて行くぞよ!

国家間の食料の略奪戦争が始まるぞよ!

そこにハリケーン、台風、地震が加わったら、どうなりますかな、皆さん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1日、最大1万9000バーレルの原油流出!28日に1日に190万リットルと書いたが、1バーレルは42米ガロン、1ガロンは約159リットル、即ち1日の原油流出は約302万1000リットルに為るのだぞよ!恐ろしい事が日々続いているぞよ!

 1バーレルの量が原油流出量を少なく感じさせるが、1日に約302万1000リットルの流出が、4月20日以降続いているとすれば、世界最悪の流出事故に為るのは、当然だろうに!
 1500メートルの深さの既に3分の1は原油に埋められていて、日に日に原油の量が占める割合が増えて行くのだぞよ!

 メキシコ湾が原油で埋まり、再生不可能に為るのは時間の問題。

睡眠薬を飲み、浴槽に湯を満ち溢れさせ、手首を切り、浴槽に浸けたままにして置くと、勢い良く、血液が湯の中に流れ出すのを想像してみて下さいよ!
あっという間に、血が流れ出して、人間は死に至るモノ!

この危うい水の惑星の母体に、石油掘削の為に、穴を開けた!噴き出したのは浴槽の血液と同じ事なのだぞよ!
英BP社が全ての損害賠償をすると言うが、もう出来る筈が無いのだよ!

海底に原油がこびり付いたら、アメリカの凋落は間違い無しに為るぞよ!

アメリカの魚類供給量の25パーセントをこのメキシコ湾から調達できなくなると魚の買い占めが始まり、魚貝類の値段が高騰するぞよ!
日本は食料自給量を高めないと、あっという間に餓死者が出始めるぞよ!!!アメリカもだぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/28

流石にレアル・マドリードのペレス会長の動き、判断は素早いね!今季の欧州チャンピオンズリーグで、インテル・ミランを優勝に導いたモーウリ-ニョ監督を招くと言うのだぞよ!

 この国のサーッカ―界は、鈍すぎるぞよ!

島国のボール蹴り!
スピード。ドリブル、デフェンスの当り、全てに劣勢だぞよ!

海外のクラブチームから招聘されたら、どんどん出て行って武者修行をして来い!

聲、招聘がかからないかな??何時だつて、何処だって、行って、聲を撃ち込むぞよ!

手ぐすね引いて、俺は、待っているぞよ!

対韓国戦に2連敗の岡田武史など、ラテン・アメリカやヨーロッパなら直ぐにもクビだぞよ!

納涼の無い者対しては、きちんと対応せよ!

若い監督を登用すれば良かったのだぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本経団連の新会長 住友化学会長米倉昌弘は、元捕虜たちに対して、自社の謝罪を述べてから、会長職に着くべきだぞよ!御手洗富士夫に次いで、この程度の人物しか選出できない日本経団連は、全く情けないぞよ!!!

 今後、第二次大戦の後始末をしっかりしない国は、凋落の道を歩む事に為るぞよ!

元捕虜から謝罪を求められて、応じに無いで退任した御手洗富士夫、死ぬまで悔いが残るぞよ!

補償を求めていないと断言して居るではないか、元捕虜たちは!

非を認めなければ、先には進めず、全て砂上の楼閣ぞよ!

はやく謝罪しなさい、米倉昌弘よ!

日本経済発展の為だぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人白石かずこ 29日(土) 第495回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に20回目の参加!地元、西荻窪で、初めて自作詩を宙に解き放つ!

 参加が20回に達した詩人は、薦田愛に続いて、二人目だ!

さすが聲の先達詩人だ!

今回は地元、西荻窪の数寄和での聲の会!

天井まで4メートルの空間で、詩人白石かずこの聲がどう届くのか?乞うご期待!!!

西荻窪:数寄和 ℡03-3390-1155 開場17:00 開演17:30(通常の開演時間と異なりますので、御注意下さい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の衛星放送で、オバマ大統領のメキシコ湾原油流出事故についての、説明を見たが、真からの事故の重大性に気が付いていない様だぞよ!!

 深海1500メートルの事故現場から、1日、190万ℓの原油流出は、既に1500メートルの3分の1の厚さまで原油で満ちているのだぞよ!
もう取り除くのは不可能に、限りなく近いのだぞよ!

21世紀 アメリカ凋落の象徴的な事件だぞよ!

早く気が付けよ!アメリカ国民よ!

10兆円を支払っても流出は止まらないぞよ!

英BP社の損害は100兆円規模に!

環境回復に100年!

原油はアメリカを取り囲みつつあるのだぞよ!

軍備で世界を睥睨するのは、もう無理なのだぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/27

美術評論家針生一郎さんが、亡くなったぞよ!詩人の聲、詩の朗読に理解の有った人が、消えて行くのは、寂しい限りだぞよ!

 このプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」を立ち上げてから、2回、お出でに為って、詩人が聲を出した後に、発言を求められて、かってモスクワで開催されたアジア・アフリカ会議の時、詩人の朗読を聴きにボリショイ劇場に集まって来た大勢の人々の熱気について語って下さった。
画廊で、こうして詩人が自作詩を聲に乗せる、読むと言う事が継続的に続いて行く事は、非常に大切な事だと!

日本でも詩の朗読に多くの人が参加されるように、なると良いとも!

う~ん! 誠に残念!

此処に謹んで、針生一郎氏の御冥福をお祈りいたします!

       天童 大人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人片山令子 28日(金) 第494回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!新詩集『雪とケーキ』(村松書館刊)を中心に、京橋の宙に、解き放つ!!!

 参加して3回目も一つの山場になる。少し聲を出して来て、慣れた気に為っていると、実は未だ身体が聲を出す事に慣れきって居ないのだ。だから3回目・5回目・7回目・9回目と少しづつ山が有るのだが。

毎回、衣装にも工夫を凝らし続けている詩人片山令子!

今回はどんな装いで、どんな聲を聴かせてくれるのか、乞うご期待!

京橋:ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305  開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡田武史よ!犬飼会長に進退伺など出来る立場では無いぞよ!選んだ人間も選ばれた人間、二人とも不要ぞよ!オシム前監督と岡田武史と並んで見てご覧!大番頭と丁稚との違いが有るだろうに、気が付かないかね、岡田武史は!

今更、といった感じだね、岡田武史の進退伺は!犬飼会長の判断も鈍いね!対韓国戦二連敗は監督更迭の証だぞよ!

 岡田武史には、華が無いぞよ!

存在感、が無いからゲームの組み立ても平面なのだぞよ!

勘、が必要なのは選手であって、監督では無いぞよ!

朝日新聞で、連続対談をしていたが、一つも学習して居ないのは、岡田武史、君だよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/26

アメリカ・メキシコ湾の原油流出は、放出しっぱなしで、止める事は出来ないぞよ!原油は海底に向かって沈下し続けていて、原油にアメリカ合衆国が包囲されつつあるぞよ!魚貝類は壊滅状態に!!!残念ながらもう手遅れぞよ!!!

 触れてはいけない場所を掘ってしまったぞよ!

英BP社の総資産を投げ出しても、環境回復はほど遠いぞよ!絶望的かな?

表面から海底への幅が日増しに太く、大きくなっているぞよ!

アメリカ経済に致命的ダメージが与えられたぞよ!
軍備費を大幅削減して、原油流出に備えない、と二度と立ち直れなくなるぞよ!
1500メートルの海底まで、原油で埋まったら?

ああ考えても恐ろしいアメリカ経済の大恐慌への道行か!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人は、何処にいるのですか?と、毎回、クリスタル・スイング・ボールを浴びに来て下さっている姉妹の妹さんに、24日の会の終了後、言われた。一般の人には目に触れませんよね!!!

 23日に、*日本現代詩人会主催 創立60周年記念* 日本の詩祭2010 が、東京のホテル メトロポリタン エドモンドで解されたと言うのに、此処、新潟の人たちには何も届いて居ないのだぞよ!

本当に、詩人は何処に居るのですか?、との問いにきちんと答えは出せるの?

書店に行っても詩集の棚には、僅かの限られた詩人の名前の詩集しか置かれて居ない。

詩人の怠慢なのか?

現代の詩を、多くの人の手に渡すには、どうするべきですかね!

本当に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/24

1983年2月、詩人の吉増剛造を誘い、厳寒の北海道で、肉声の復権を目指した「北ノ朗唱」!二年目の石狩での開催場所:能量寺の飯尾住職が、詩人で版画家の大島龍に、「北ノ朗唱」を復活させたい、と言われたぞよ!近く「北ノ朗唱」は復活するぞよ!

 「北ノ朗唱」!!!今は亡き、詩人吉原幸子・田村隆一・安西均、彫刻家砂澤ビッキ・青木・そして吉増剛造・天童大人・高橋睦郎・大島龍・鈴木順三郎・佐渡原台介・嵩文彦・白石かずこ・新藤凉子・八木忠栄・ 伊藤比呂美・佐々木幹郎・平出隆・木村迪夫・川田順造・砂澤ビッキ・川平康雄・ドンキー・金石稔・熊代弘法・忠海光作・石橋学・林令二・北村ヒロシ・佐藤利男・荒木元・笠井清・黒田晶子・時田則雄・藤川日出尚・景川弘道・井上孝雄・鈴木一民・樋口良澄なども参加し、10年間続けた現代詩の大きなイヴェントだったぞよ!

石狩の大島龍。帯広の熊代弘法、置戸の鈴木順三郎と懐かしい名前が連なるぞよ!

この「北ノ朗唱」を知って、大岡信・谷川俊太郎が青山の錬扇会で、朗読会を立ち上げたものだ!

吉増剛造が大岡信に頼まれたら、断れないので、承知してくれ、と言ったものだ!

辻征夫も、朗読は絶対にしないと言いながら、大岡に声をかけられたのか、参加して声を出している、全く情けないぞよ!辻征夫ももう亡くなった。

その頃、石狩の会場に聴きに来た若者の一人が、今、プロジェクトに参加している詩人の田中健太郎だ!

あの10年間、航空運賃のサポートをしてくれたのは、TDK(東亜国内航空)、飲み物はニッカウイスキー、道内を移動したレンタカーはバジェット。
皆さんのご協力を得て続いた10年間でした。

あの10年間の参加して下さった皆さんの航空券の手配から飲み物の手配、レンタカーの手配、全てを東京でこなした経験が、今、開催中のプロジェクト「La Voix des poetes(詩人の聲)」、4年あまり経て、6月8日 詩人高橋睦郎の聲で、第500回になります。
1983年2月14日の日本経済新聞の文化欄に、北ノ朗唱、の事を書いたので、是非読んでください!!!

さて復活する「北ノ朗唱」!には、もう名前だけの詩人は不要ぞよ!

苛烈な聲の世界が展開できそうだぞよ!

乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、新潟に居ながら、実は多くの悩める子羊を東京へ!日本の救世主は、今何処に!お題目を唱えても、何もも解決しなくなった2010年! 間もなく変化するセッションは2012年12月2×日とあるのだが、実はもう既に変わり始めているぞよ!!

久しぶりにジャニス・ジョブリンの聲を聴いたぞよ!

やはりジョブリンは良いね!
元気になるね1
こんな歌手は居ないね1

彼女の聲に合わせて、久しぶりに聲を撃ち込んだが、いや!やはり凄いね!

どんどん出すぞよ!聲をこの危うい水の惑星に撃ち込むぞよ!

覚悟せよ!無辜の民たちよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/05/23

「もんじゅ」や新潟県の柏崎原発も早急に停止させよ!日本原子力研究開発機構も、東京電力も、すべて原発を停止させよ!国民の為ぞよ!

 早急に、国内のすべての原発を停止させよ!
14年5ヵ月ぶりに再開が簡単に出来るのか?本当にまともな運転が出来るのかね??

誰が責任を取れるのかね!誰が!

誰も責任を取れる者など東京電力の内部にはいないぞよ!!

もし居るのなら、公に名乗ってみせよ!誰ぞよ!本当に居るのか?

名前だけの社長じゃ、ごみあくたより不用だぞよ!!

聞き覚えて置こうではないか??

名乗れるやつは、一体誰だぞよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守山市在住の詩人藤本真理子 27日(木) 第493回プロジェクト「La Voix des potes(詩人の聲)」に4回目の参加!京橋の宙に、詩集『スプレィ・マム』(銅林社刊)を聲に乗せて解き放つ! 

 本当に聲を出し続けて行くと、思わぬ事が起るものだぞよ!

昨年の2月かな。詩人の紫圭子に招かれて、名古屋で初めて詩人藤本真理子の聲を聴いた。

 色々な雑誌に英国の女流詩人イーディス・シュツトウエルの詩の翻訳を見ていたので、二次会の時に、一冊に纏めてみたら如何かな、とお話をしたのだぞよ!
 その翻訳詩集が間もなく書肆山田から刊行されるぞよ!

6月29日の第508回の公演では、本とともにイーディス・シュツトウエルの作品も紹介できるぞよ!
先ずは5月27日の聲ンを終えてからの話だが!

京橋:ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305  開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、新潟の「点塾」(ご連絡はルル・テン ℡025-210-6800迄ご連絡ください)で、「THE 倍音シャワー -クリスタル・スィンギング・ボールのリトムが浴びたい!を午前11時と午後6時からの二回、開催いたしますぞ!新潟市内、近郊に居られる方は、是非、ご参加ください!

 新潟で大きな会場で会場で、クリスタル・スィンギング・ボールを鳴らすのは初めての事で、とても楽しみな事だぞよ! 
スィング・ボールの中でも一番大きいのと二番目に大きいクリスタル・スィンギング・ボールとの二個とを初めて鳴らす事にしたぞよ!
すべてで5個のクリスタル・スィンギング・ボールを奏でたら、どうなるのか楽しみな事だぞよ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »