« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »

2010/07/24

新潟に着くなり、早速、一風堂新潟店に、博多ラーメンを食べに行って来ましたよ。11時開店、11時半には待つ人が並び始めましたよ!

 今日は新潟でオールスターゲーム第2戦が 開催されるとか!
 
食べながら、窓から眺めていると、車が続々は行って来ます。

久しぶりに食べる一風堂のラーメンは、食べ易くなっていました。

今後の新潟でのクリスタル・スインギングボール活動を広めるためにも、一風堂主人・河原成美氏に頼んで、案内状を置かせていただくため、原店長にご挨拶方がた、食べにに訪れた訳です。

さこれから準備をして、今夜、7時半には長野に向けて、出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/23

24日 新潟、ルル・テンでのクリスタル・スインギングボールを鳴らした翌日(25日)、新潟から長野・飯綱町・観音寺建て直し演奏会に数人が参加とか!!!

 新たに動き出したようだ!

心が動きだした!!!

音霊が音霊を招き、誘い、案内するようだぞよ!

どれだけの人が音霊に触れ、感じて行くのか?

これからの展開が楽しみだぞよ!

是非、長野県飯綱町のお近くの方は25日 観音堂本堂にお出かけ下さい。

お問い合わせは:

E-mail:eclettico@grace.ocn.ne.jp Fax:0269-26-0011まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人松尾真由美 27日(火)第519回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に6回目の参加!第3詩集『揺籃期ーメッザ・ヴォ―チェ』(思潮社刊)の全編を聲に乗せ、六本木の宙に解き放つ!

 ピアノを弾き熟せる詩人松尾真由美!

聲を出し始めてもう6回。慌てずゆっくりと聲を出し続けて行けば、身体が聲を出したくなってくるのだ!

その感覚が分かるには、あと数回で、知覚出来るのではないのか?

厭きずに続ける事だよ!

では、参加6回目の聲とは!乞うご期待!

六本木:ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 ℡03-3401-3011 開場17;30 開演18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏は暑いのが当たり前!冬は寒いのが当り前!その当たり前な事が当たり前で無いのが昨今の気象情報!夏、35度以上の猛暑日は正に本当の夏らしぞよ!嬉しいぞよ!

 暑いのは快適だ、夏らしくて!

寒さには弱い私だが、夏には滅法強いぞよ!

エジプトでの滞在は快適だったが、但し12月のエジプトではね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日告知した詩人平林敏彦、新詩集『遠き海からの光』(思潮社刊)で、プロジェクト[La Voix des Poètes(詩人の聲)]に参加!は、同じ日の9月9日、京橋のギャルリー東京ユマニテ、に決まりました。日は同じで会場が違う、と言うことになります。ギャルリー東京ユマニテの協力に、深く感謝します!

 既に予約まで入っていた詩人平林敏彦の86歳の聲!

楽しみだな!86歳の聲とは!

それも新詩集で、平林さんの聲を聴けるとは!!!

9月9日、乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この極暑!まさに自然の怒りが人間を荒い目の蓑で、ふるいにかけているぞ!何よりも健康第一!

 先ずは健康が第一だぞ!

健康でなければ、何も出来ない、為し得ないぞよ!

極端な暑さ、寒さで人間を揺さぶり続けている自然界。

どんどん消されて行く人間たち。これからはもっと早く消されて行くぞよ!

自分のことだけしか考えない人間は、もう次時代では通用しないぞよ!

もう既にこの時代でも遅れ始めているぞよ!

何に遅れているかって?

次元が上がり始めている事を体感できる人間と、未だ頭だけでしか考え理屈を捏ねて居るだけならば2012年12月まで時間は要らないぞよ!

2012年12月に次元が上昇するのではなく、既に天空界は次元シフトを更新つつあるぞよ!

これからが人間か人間もどきか、芸人らしい芸人か、芸人臭い芸人か、詩人らしい詩人か、詩人臭い詩人か、画家らしい画家か、画家臭い画家かとがはっきりして来るぞよ!

横一線、これからが本当に面白いぞよ!

時間の過ぎ去るのも驚くほど早く、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/22

詩人山口真理子 26日(月)第518回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に久方振り、13回目の参加!六本木の宙に自作詩を解き放つ!

 本当に久し振りに聲を聴く事になる詩人山口真理子。

日本ペンクラブも日本文藝家協会も辞めた詩人。

今回はどんな聲を聴けるのか、楽しみだ!

六本木:ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 ℡03-3401-3011 開場17:30 開演18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「翻訳、特に詩の翻訳というものは、旅行に持っていくものをスーツケースにつめるようなものだ」とマルグリット・ユルスナールが言って居ると、親しい友人が教えてくれた!

 翻訳、は本当に難しい1

吉本ばなな、の作品を訳しているイタリア人の訳が、吉本自身の文章よりも良い、とイタリアの友人が言って居たのを想い出した。

日本語と言う、必ず翻訳されなくては、世界で通用され無いドメスティクな言語なだけに翻訳は、切実な問題なのだ。

訳者、それも気性の合った訳者を探すのは、骨の折れる事なのだが、親しい友人から名翻訳家の上田公子さんの紹介で英文の良い訳者に巡り会ったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/21

7月25日 長野でクリスタル・スィンギングボールを鳴らす時   奏者天童大人

2010.7.25 コンサート

長野で クリスタル・スィンギングボールを 鳴らす時


 突然電話が鳴って、飯綱町でクリスタル・スィンギングボールを鳴らして頂けないかと、数年前それも二度、電話でお話をしただけのT女史からだった。

何れ長岡でもと考えていたが、いきなり長野県とは!

 1992年10月、自分の字の個展で初めて鳴らして以来、公演を行なってきたが、巷で[癒し]と言う言葉が流行し始めたので、止めていた。

昨年の10月から縁有って新潟で毎月、鳴らし続けている。一度、聴かれた方々は、聴き続けられ、喜ばれている。
では、飯綱町では、どんな反応が?

 今から何が起こるのか、とても楽しみにしている。 

奏者:天童 大人

とき:2010年 7月 25日(日)

内容:天童 大人 による クリスタル・スィンギングボール演奏

第一部 10時開場 10:30演奏開始
第二部 13時開場 13:30演奏開始

場所:観音寺 本堂 (飯綱町牟礼2602)

参加費:高校生以上 前売り各2,500円 当日3,000円 
    一部二部セット 前売り4,500円

お申込・お問合せ先

心安らぐ空間を提案する オーリブ
(櫻井 まどか・古越 栄美・さくらい しもん・田中 純子)

チケットのお申し込み、コンサートのお問合せは担当:田中まで、メールか、FAXにてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

メール:eclettico@grace.ocn.ne.jp
F A X :0269-26-0011

メールかファックス送信後、2日以内に連絡がなかった場合、大変恐れ入りますが、下記までお電話くださいますようお願い申し上げます。

TEL :090-2634-8582(田中)


天童大人さんは、世界各地で肉聲を刻み、マリ国際詩祭では、シリウス星雲と関わりの深いドゴン族で、天童さんの肉聲は彼らの心に伝わり絶賛されました。
この小さな水の惑星の平和を願い、毎年5月か6月の新月の日には対馬の和多都美神社に聲を奉納していらっしゃいます。今年で21年を迎えました。

〜天童大人 プロフィール〜
詩人・朗唱家・字家 1973年7月、スペイン・ピレーネ山頂で、「太陽の啓示」を受け、「聲ノ力」に開眼。
1980年1月、肉聲による朗唱活動を、日本各地で本格的に開始。
1983年2月、詩人・吉増剛造らを誘い、「北ノ朗唱」を(〜92年)10年間行う。
1987年9月、ケネディ・センターのジュリアン・プール女史に「UNIVERSAL VOICE」 と命名される。
1989年1月より「ポエムリーデイングの夕べ」(大塚フォーラム)を90年9月迄50回プロデュース。
1990年5月、「聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社」を開始。本年で21回(継続中)挙行。
    7月、ジュリアン・プール女史の推薦により、ザルツブルグにてオペラ歌手ガリーナ・ヴィシネフ      スカヤ教授(ソプラノ)のマスター・クラスで、聲のテクニックを学ぶ。
1997年7月、第7回メデジン(コロンビア)国際詩祭に招かれ、国際交流基金の助成を受け、参加。それ      以後、世界各地の国際詩祭に、多数招待参加。
2002年3月、イタリア・ヴェローナで開催された「春の詩祭」に招待参加、アレーナ(野外闘技場)で、      単独公演を挙行する。
2006年10月14日より、「ラウンド・ポエトリーリーデイング」を創設、2008年4月17日,第201回より      プロジェクト「La Voix des poetes(詩人の聲)」と改称、2009年9月400回を迎え現在も      プロデュース中。
    (このプロジェクトについて2009年10月1日の日本経済新聞文化欄に掲載されています)

天童大人 URL http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

会 場:観音寺  れんげ子ども園内 
     長野県上水内郡飯綱町牟礼2602

お車の場合:上信越自動車道 信州中野ICより20分
電車の場合:JR長野駅からJR信越線 牟礼駅より徒歩15分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/20

[それにしても、生活などという野蛮なものに負けませんように、そしておからだをたいせつに]と英文学者工藤好美が、英国詩人・イーディス・シットウエルを訳している詩人藤本真理子に書き送った手紙の一節が、イーディス・シットウェル詩集『凍る℧』(書肆山田刊)の、訳者後期に記されてあった。

 何故か懐かしい言葉だ!

オスカー・ワイルドにも似たような言葉が有った気がするのだが。

「それにしても、生活などという野蛮なものに負けませんように、そしておからだを大切に」

8月4日 三省堂神田神保町本店8階特設会場で開催される第522回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」で、訳者の藤本真理子が、訳詩集刊行記念として、イーディス・シットウェル詩作品を聲に乗せます。

是非 お出かけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25日(日)長野県上水内郡飯綱町牟礼2602に在るれんげ子ども園内に在る観音堂本堂で、10:30、13:30の2回、クリスタル・スィンギングボールを鳴らします。お近くの方はFax 0269-26-0011 オーリブ迄お問い合わせください。長野では初めて鳴らすことになります!!!

 24日、2回、新潟のルル・テンで鳴らして、その夜、長野に移動。

25日飯綱町で鳴らして、夜、新潟に戻り、26日、3時までに田町に、そして夜は六本木でプロジェクト。

詩人山口真理子の聲を久し振りに聴く事になる。

先日、詩人の中原道夫さんから送られて来た配布すチラシの中に[天童さんは働き過ぎです]の書付を見た。

今迄一度たりとも、働き過ぎだなどと言われた事が無いだけに、本当に驚いたぞよ!

う~ん、好きな事しかしなないのだが!

9月末には、五年振りになる字家、としての字の個展を準備している!

全て、乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、不思議な映画をDVDで観た。2008年1月22日事故死した俳優ヒース・レジャー主演で撮影されて居た『Dr パルソナスの鏡』で、コリン・ファレル、ジュード・ロウ、ジョニー・デップの三人が友情出演で同じ役を演じて、映画を完成させた事を、見終わって知った!

 不思議な映画だ!

鏡の向こう側の世界が、色彩豊かで摩訶不思議なのだ。

何だろう?この不可思議さは!

この暑い真夏の夜に見るに、相応しい映画だ!

是非、御観覧を!

この3人の友情出演料は、未亡人に贈られたとか!美談だね、これは!!!

しかし、一人の役を三人で演じるって、面白い試みだね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/19

今日、出先から戻ってきたら、平林敏彦さんからFaxが入ており、どうしても画廊で声を出されたいと言うので、9月のプロジェクトの日程はまだ出て居ないので、一先ず、9月9日の神田:東京自由大学での平林敏彦の聲、は無くなりました。早速、ご予約下さいました新井順子様にはお詫び申し上げます。

 嬉しさの余り、早々と決めたのがあだに為りましたね。

東京自由大学のY女史にはお手数をお掛けして申し訳ありません。

今朝の段階では平林さんも納得されて居たのですが。

もう少しお待ちください。

中止になったのでは無く、画廊から日程が上がってきたら直ぐにお知らせいたしますので!

平林敏彦さんの体調さえ万全なら、毎月でもプロジェクトでは構いませんので。

乞うご期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、長老詩人平林敏彦さん(86歳)から、Faxが届いたので、9月9日、神田に在る東京自由大学で、プロジェクトに参加して頂く事にした。どんどん聲を撃ち込んで頂く!

 先ず新詩集『遠き海からの光』(思潮社刊)を全編、聲に乗せて頂く事にした。

まだ何処の画廊からも9月の日程は入って来ないが、東京自由大学は9日と23日を予定しているのだが、23日の方は未定!

平林さんの体調が良ければ、続けて聲を撃ち込んでいただく事にして居るので、是非、多くの詩人に聴いて頂きたい!
多くの事を学べますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、久し振りにポルトガル・ウォター犬のローランに会った。飼い主夫妻がバンコックに転勤になるので、お別れパーティーに行ったのだ!

 私の版画作品「黄道日」を買ってくれて居た事と、このオバマ大統領が飼っている犬と同種の為、世間ではオバマ犬と言うが、本当はポルトガル・ウォーター犬と言うのだとか。

左手の先だけが5センチ程白い毛だが、後は真っ黒と言うより、漆黒の毛並みで、獣の匂いはしない。

かって版画を持参した時に、頭をマッサージしてあげただけに、直ぐ思い出したらしく、足元に擦り寄って来た。

そこで珍しくポジティブな若い女の子に出逢い、是非、ドバイ辺りで新しい仕事を探してみたらと助言をした。

早速、香港のヘッドハンターに連絡を取る、とのこと。

人種的偏見も持たず、前向きな若い子に滅多に御目にかかれないのだが、この子のように、前に進む子が出て来ているのは、頼もしい事だ。

3年以内に、仕事が順調にいき、結婚もし、成功したら、プロジェクトに寄付してくれるとか!

彼女の成功を祈る事にしょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党・静岡県連のお偉いさんが、小沢一郎に離党勧告を出せと言った幹部は、自ら民主党を離党すれば良いだけの話だぞよ!! この県連のお偉いさんぶっている人物など、アオな管直人でも即刻に切り捨てよ!

 小沢一郎は、日本の政界の暗部を知り抜いた男ぞよ!

この男を使いこなせば良いのだが、誰が出来るのか?

この県連の幹部など、アホの極みだぞよ!

日本の政治家の誰もが対面で話したことが無いのではないのか?

自民党の政治家諸君!そし舛添などアホの極みだぞよ!!

誰が小沢一郎を使いこなすのか!!!

ドラゴン軍団以外には、誰も居ないだろう!

乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

小沢一郎を誰も擁護しない、とは面白いぞよ!日本人の全てを現わして居るではないか?きちんと小沢一郎と対峙して己を見直せよ!

 小沢一郎を誰も使いこなせないとは、情けない国民だぞよ!管直人はアホか!

全国遊説の第一声が山間の僻地で行なう小沢一郎の考えに共鳴するぞよ!

都会で第一声を出す政党の党首などアホの極みだぞよ!

良くも悪くも日本の政治家の全てを現わしているぞよ!

良く小沢一郎を研究せよ!

この男を使いこなす人物は、この国には誰も居ないのか?

誰もが綺麗事を言って居ても、全国民がお中元・お歳暮と贈収賄を、毎年、何の疑問ンも抱かず、生活習慣として行な続けているのが日本の民びとたちではないのか!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金融のプロ木村剛、逮捕!この男をかって金融庁の顧問に任命した竹中平蔵の言動をもう一度、国民は精査する必要があるだろう!小泉純一郎とアメリカの関係を含めてだぞよ!

 捜査を邪魔する為のメールの削除容疑で、逮捕など、全く情けない男だぞよ!

何処まで捜査の手を伸ばすことが出来ますか?

政権交代が木村剛逮捕に繋がった。では竹中平蔵の暗部は?

何れ明らかにされるぞよ!日本の国民の為にも!

この男を良く今でもマスコミに登用するのは、何故だろうか?

今の日本に、新しく、正しい情報を国民に知らせる機関を設立する必要がありそうだ!

既に個人レベルでは出来つつあるのだが・・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、サンドラ・ブロック主演の[THE BLIND SIDO]をいち早く借りて来て見た。大きな黒人の少年の法定後見人になってまで、アメリカン・フットボールの高校生のヒーローにまで、共に歩む白人女性の生き方に共感を覚えるのだが、カラードの日本人には計り知れない地域の差別が見え隠れするのだ!

 先ずは観て下さいな。寝る場所も無い大きな黒人の少年との出会いから、白人女性が覚醒して行く道程は、多くのものを暗示してくれている。
実話、だからアメリカの白人女性の中にも見識の有る女性が確実にいるらしい事はわかる。

本当は我々はアメリカの日常生活がどんなものなのか、知らないのでは無いか?

私はアメリカで生活したいとは、一度も思わないかったから、何も知らない、関心がないのだ。

例え知ったからとしても、アメリカには、全く関心が沸き起こらないのだ。

だからアメリカに行きたいとも全く思わないのだ!

ドラゴンの地図から消えたアメリカには!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人叶美紗子 23日(金)第517回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!三宿の宙に初めて、自作詩を解き放つ!

 ゆっくり、しかし確実に聲を出す事を知り始めた叶美紗子。

大学の先輩詩人神泉薫の回数には、未だ及ばないけれども、新作を必ず書き続けて、聲を撃ち込み続けて行けば、また新しい地平が見えて来るだろう!

今回はどんな聲を聴かせてくれるのか、乞うご期待!

三宿:Star Poets Gallery ℡03-3422-3049 開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月11日 - 2010年7月17日 | トップページ | 2010年7月25日 - 2010年7月31日 »