« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

2010/10/30

映画「奇蹟のシンフォニー」を是非、見て欲しいものだ。天才音楽家と言うのは、音が自由自在に聴こえ来る、天からも、地からも!音楽に纏わる楽しい映画だよ!

 この音楽家の母親から産まれ出た男の子は、最後には、ジュリアード音楽院からNYフィルハーモニ―交響楽団まで出て来る音楽の神童!

楽しめる映画でね、う~ん、何でも諦めては駄目なんだよ!

コツコツと積み重ねないとね。形は出来て来ないのだよ!

今夜でプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」で、559回。

考えて見れば、東京の都心で1年半以上も毎日詩人が聲を撃っている事になる!

驚いたね!これは!

我ながら吃驚だ!

誰よりも人間の聲が好きだからね!だから続くんですよ、皆さん!!!

是非 聴きに来て下さいよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検察の裏金作りを、闇からえぐりだせよ!三井環元大阪高検公安部長を、国会の法務委員会で証人として、証言させろ!!

 検察内部に、裏金作りを内部告発するような人間は居ないのか!

日本の検事正は全て、裏金作りに携わり、恩恵を受けて来たのか?

嘘なら、早急に、名乗りでよ!

名乗り居で無いなら、検察首脳は、全て、恩恵を受け、甘受しながら出世したと言う訳か?

何時から、裏金作りは、始まったのか?

元検事上がりの、テレビのコメンテイターを遣っている連中は、何故、口を閉じているのか!

全て、闇から、白日の元に曝け出せよ、と大神 キッキ・マニトウが天に向かって聲を撃ち込め始めたぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル文学賞を受賞したソルジェニーツィン(1918~2008年)の『収容所群島』がロシアの学校教材に採用された、と今朝の毎日新聞朝刊8面に出ている!

 時代の移り変わりを象徴的に現わす出来事だ!

『収容所群島』が、初等・中等学校(11年制)の最終学年で必修扱いになる、とか。

ガリーナ・ヴィシネフスカヤも、さぞかし喜んでいるだことろう!

ナタリヤ夫人が4分の1に要約した教科書版を、新潮社が出さないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/29

今年の初夏から、私はあっという間に寒くなり、秋は無いよ!雪が沢山降るぞ!楽しみに、と言っていた通りの気候の移り変わり!寒い冬が来るぞよ!

 夏から冬への極端な気候の以降。

こんな事は分って居た筈なのに。

自然の過酷なお試しはこれからも続き、日本国の姿も、新潟の一部の海岸線にしか無かった線も、薄くなり、消え行く気配。

遺された日本の無辜の民たちの行く末に、光明は訪れるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/28

詩人天童大人 30日(土) プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に22回目の参加!新宿の宙に、新作を撃ち込む!

 先月末の5年振りの字の個展、世界ペン・日本大会、美唄・小樽での聲ノ会、新潟でクリスタル・スィングボールを鳴らし、とめまぐるしい動きの中での聲!
はや22回目!薦田愛、そして白石かずこと並ぶ回数。

1時間余り、肉聲で声を出す、それも4年で555回を超えたと世界ペンの会場で、話したら、何処からともなく、外国の詩人たちから拍手が起こった!

聲を出している詩人なら、4年間で555回を海佐出来る国は、今、世界で日本のこのプロジェクトだけ!

誰が何を言おうが、もう止まらない!

2011年2月頃に達する600回には、詩人平林敏彦の聲を予定している!乞うご期待!


では30日 新宿:ギャルリー絵夢 ℡03-3352-0413 開場18:00 開演18:30(ご注意ください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/27

150,000件のアクセス、ご覧頂いている方々の御蔭です。本当に有難うございます。今後、人間もどきにはもう、要は有りません!より苛烈に今世を人間の皆様だけに、こっそり、お伝えいたします。ご期待下さい!

 考えたら小樽市民、全員が見た事となると、これは大変なことですな。

今後、樹を引き締めて、今世のお話をいたしましょう!

人間もどきにはもう用は、有りません!

人間の皆さまに、ですよ!


お楽しみに!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、インドネシアで、何が起こっているのだろうか!ムラピア火山(2968メートル)の噴火とスマトラ島の西側メンタワイ諸島280キロでのM7.7の地震に津波と天災が続いている。何かもっと大きな災害が起こる予兆なのか!

 火山の噴火と地震と津波とがリンクして居たら、もっと大きな災害が近い場所で起らなければ良いのだが。

新潟で12月11日、VOICE WORKSHOPを開催するが、雪が降ると既に予約している人たちが楽しみにしているのだが。
この3月11日、東京に雪が降った日に、アフリカのベナンから帰国した。

ドラゴンは何を齎すのか???寒さと雪とだけだろうか!乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

札幌在住の詩人渡辺宗子 29日(金)第558回「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!六本木の宙に自作詩を解き放つ!

 札幌在住の詩人渡辺宗子。凛とした詩の言葉が、彼女自身の口から、発せられるとき、詩人として営々と続けてこられた詩精神の強さをはっきり知ることが出来る。

是非 一度お聞きいただきたい。

六本木:ESPRITSANIMAUX 児嶋画廊 ℡03-3401-3011 開場17:30 開演18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟、越乃寒梅の石本酒造から、幻の古酒乙焼酎が出ている事を初めて知り、Y・T氏の家で飲み、頂いて帰ったのだ。美味しい焼酎だが、値段も立派!720mlで一万円以上とか。

 焼酎の伊佐美、魔王、森伊蔵も水っぽい。

しかし、この乙焼酎は、スピリットのようだ!ストレートで飲むのが一番酒の性格が分かる。

東京で、乙焼酎の事は全く知らなかったし、聞いた事は無かっただけに驚いた。

いやあ 美味しい焼酎でしたな。これは。ますます高くなるでしょうね。

年に数百本ではね。有る処には有るんですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽在住の詩人長屋のり子、28日(木)第557回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!六本木の宙に自作詩を解き放つ!

 17日に小樽市での聲の会では、詩人長屋のり子さんに、すっかり世話になりました。

松尾真由美も田中健太郎も大島龍も。

面白い会でした。札幌の古書店主、書肆吉成の主人も。

さて今回、4回目の参加、どんな聲を聴かせてくれるの、詩人長屋のり子は。

六本木:ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 ℡03-3401-3011 開場17:30 開演18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟のY・T氏の隠れ家でコレクションでもあるマチス作品を見て来た。彼の眼力は図抜けている。

 ルシアン・フロイドの全版画作品を持っているY・T氏。

23日、突然、電話が鳴り、目白の千歳橋に居ると、私は新潟と言うと驚いたようで、明日、新潟に戻るからあいたいとの事。

まあホテルオークラで待ち合わせして、古町の料理屋で食事の後、隠れ家に伺った。

自分でも絵を描き個展を行なっているだけに、センスは抜群!

もう何十年前に為るのか、銀座で画廊も経営していて、その時扱っていた絵画作品は、今手元に有れば、驚く金額に為っていただろう!

まあ楽しい時間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/24

新潟に於ける「Tendo Taijin VOICE WORKSHOP No.3」は、12月11日(土) 木揚場教会で、開催されることが決まりました!

思いっきり自分の聲をだしてみよう!
をスローガーンに始まった肉聲によるVOIC WORKSHOPは、好評につき3回目を迎えます。

ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤ教授直伝のテクニックなどを取り入れて。聲を出すことを学びます。

聲を人前で出すことに抵抗のある方にお勧めです。

日時 12月11日(土)PM1:30~3:30 (開場PM1:00)

会場:木揚場教会 
   951-8054 新潟市中央区礎町通上一ノ町1957番地

参加費 予約6.500円 当日7.000円

予約・お問い合わせ* LuLu・Ten

Tel:025-210-6800
Mail:lulu_ten96@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »