« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »

2010/11/20

詩人禿 慶子12月2日(木)第571回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!詩集『ジオラマ』を中心に、自作詩を六本木の宙に、聲に乗せ解き放つ!

 詩人が自作詩を聲に乗せると言うことに、疑問的だった詩人禿 慶子(かむろ けいこ)。

従来の朗読の概念とは、大きく異なるこのプロジェクトの意図を理解しはじめて、大きく聲が代わり始めるだろう詩人禿 けいこの聲。

唯ひたすら10回までは、聲を出して行く事だ。その先には、聲を出す楽しみが出て来る。

さて今回の禿 慶子の聲。どんな聲を出すのか乞うご期待!

六本木:ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊(℡03-3401-3011) 開場17:30 開演18:00

北十字舎:(℡03-5982-1834 Fax 03-5982-1834)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリア国籍のユダヤ人として生まれエジプト・カイロに生まれた詩人エドモンド・ジャベスの言葉が友人から送られて来た。「モーゼ すぐれて異邦人であった人 その五書は 新しい民族 読むことから誕生した民族が絶えず集まる場所となつた モーゼ 彼の透明性 これを彼は「書物」に負うている 神の言ったことを 天啓を受けたしもべがみずからの手に翻訳した そしてこの手は一つの声でしかなかった 聖なる聲 読む事のできる拡がりと抑揚を持つ声 モーゼ 聴きとりえないものから聴きとりうるものへの通過の言葉だ モーゼ 地図を書く人」

 長いね。でも良い言葉だ!ユダヤ人でエジプト・カイロ生まれ。

なんだか彫刻家のイヴ・ダナを想い出すね!

エドモンド・ジャベスの特集は、1991年に「現代詩手帖」6月号だ!

再読してみないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳田稔法相は自ら発した言葉で、己の愚かさを世界に知らしめた。言葉は生きているぞよ!柳田稔は早く、自ら辞任せよ!任命権者の菅直人の頸も早くすげ替えよ!毎年、首相が替わっても何ら差し支えないぞよ!首相ゴッコは行なっているうちに、骨のある政治家が出て来るだろうから・・・!!!

 菅政権は、もう末期症状。

それを遠目で見ている野党の面々の力の無さに驚くばかり!

自民党の実力もこんな物だったのか!

こんな国の状態で、日本文化は?どう為りますか?

どこかにプリンシプルを持った人間がふえてこないかな???!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/19

詩人高野民雄 12月1日(水)第570回プロジェクト「La Voix des Pètes(詩人の聲)」に5回目の参加!自作詩を六本木の宙に聲を解き放つ!

早いものでもう5回目の参加に為る詩人高野民雄。

詩集『長い長い道』と『眠り男の歌』と未刊詩集からとで構成される5回目!

どんな聲を聴かせてくれるのか、乞うご期待!

六本木:ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(℡03-3401-3011) 開場17:30 開演18:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩の味を分らない人間もどきが増えて来ている。ミネラルが豊富で一番美味しいのが自然海塩「海水の素」!これを味わったら他の塩は食べれ無くなるぞ!

 かってこの日本が米不足に襲われた時、或る会後の後、秋田・男鹿半島で宴会が持たれた。

何れ水もお金を出して買わなくなる時代が来ると、話していた時、私が塩も良いのが無いと言うと、隣に座った本間と名乗る御仁が、良い塩が有りますが、天童さん、食べてみますかと言われて、はいと答えた。

日を置かずして70キロの塩が送られて来た。一口舐めると美味しいのだ!

直ぐに電話し、御礼を言って、これは何処で売って居ますか・と尋ねるとまだ発売はしていないが、使っているのは一富士と言うお弁当屋さんだけだと言う話で、東京は未だだと言われるので、じゃ私が売りましょうかと言って引き受けた。
専売公社の塩は、工業塩で人間の食べる物ではない。これで多くの人間が軀を痛めて来た筈だ。
今でこそ塩は自由販売に為ったが、それも数年前だ。

口コミだけで売った。今で福岡の吉冨寿し、夢膳などは今でも使ってくれている。

かって雅子妃のアトピーが治ったと女性誌に書かれ、薬事法違反に引っかかったが、治ったのは事実の事だ。

まあ使ってみれば、いかに美味しいか分るだろう。

1キロ1680円 2,2キロ3150円 (税込)(10キロ以上は送料無料)

購入希望の方、その他の問い合せは,下記宛まで。 
北十字舎:〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
Tel:03--5982-1834, Fax:03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、Star Poets Galleryの今村仁美女史から、「わたし時手帖」2011年度版を頂いた。竹中章惠・真田友恵が制作した2009年から刊行して居る手帖だ。蛇腹式の日程表を付けるともっと良くなるぞ!

 第1年目の2009年の「わたし時手帖」にダメージを受けるような校正ミスを誰よりも早く見つけてから、頂いている。
頂くと直ぐに、表紙に革を張り、完全なわたし時手帖に変身させるのだ。

今回からは直に手帖の表紙に貼るのではなく、ビニールカバーに革を張り、差し替えが出来るように考えた。

2011年版は淡いピンクのスウェード製に、変身させた。

是非、試されたらよい。何処にも売って居ない手帖に変身だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陰気な菅直人は柳田法相、仙谷官房長官を早急に罷免せよ!そして菅直人は、国民から罷免され、総選挙に突入か!

 失言で済むのか自衛隊が暴力装置、だと言うのは!

自称悪徳弁護士で、元左翼活動家のと言う仙谷由人の言動だけあって、失言では無く、本音だろう!

何でも有りだから、自衛隊蜂起!と聞いてももう驚かない。

間もなく、三島由紀夫が自栽して、40年に達する。早いものだ!

あれからどれだけ進んだのか!何が?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010/11/18

来年、詩人・小説家の伊藤比呂美は、小説『ラ・ニーニャ』を約3時間かけて完全読破したいとの希望を今夜の第569回のプロジェクトで話した。やって遣ろうではないか!特別企画で開催予定!2011年、ご期待乞う!

 2011年にご期待下さいよ!

詩人・作家の伊藤比呂美が小説『ラ・ニーニャ』を完全読破!

約3時間!

ご期待乞う!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰が子どもたちに未来を教えることが出来るのか???過去の事は書物でも可能、しかし、これからの世界を語れる教師は、世界の何処におわすのか!!!

 これからの子供は本当に気の毒だ!

未来を夢見れない人間もどきに教わるなんて、どんな世界が訪れるのか!

来年あたり、身近で戦火が起こる気配!

アホな為政者のために機能不全の政府に相応しい民度。

だれかどこかに潜んでいる逸物よ!世に出られよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/17

詩人・作家の伊藤比呂美 今夕、来日。明日18日 第569回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、10回目の参加!久し振りに三宿の宙に自作詩を聲に乗せる!!!

 来日したら出来る限り聲を出している詩人・作家の伊藤比呂美。

今回久方ぶりにに宿のStar Poets Galleryでの聲だ!

さてどんな聲を聴かせてくれるのか、乞うご期待!


三宿:Star Poets Gallery℡03-3422-3049 開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル文学賞受賞詩人トーマス・ヒーニーが「ある意味で詩の効果はゼロに等しい 今まで一台の戦車を阻止できた詩は一篇もない だが別の意味では詩は無限だ」と!今こそ詩人は夢のある未来を詠わなくてはならない。

 人間が居ない、何処に人間は居るのだろうか?

聲も低く、目に輝きは無く、猿芝居が続く国会の答弁。

下手な三流役者の発ち回り。

本当の人間は何処に居られるのか!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の首相は、傑物、人間が現れるまでの当分の間、1年ごとに交代させよ!菅直人・仙石由人等は人間もどきの輩で、国益を損するのみ!今しばらく日本国民は待たれよ!

 民度が低いと言っても、自分の事ばかりしか考えない輩が、余りにも多すぎる!

還暦を過ぎたら、世の為、ひとの為に尽くすことを教えて来なかった、教育のツケが21世紀に表れたのか!

もう日本を含め、世界の景気など回復はしない!

土地・不動産売買での利益は望み薄!

全てに才能のある者たちの人材は払底し、世界は闇の彼方に!

光明は何時、訪れるであろうか!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/16

「良い読者が善い本を作る 壽岳文章 印」 これは1970年6月の春秋社*出版案内に使われた文章だ。これには壽岳文章・しづ著作集の広告が出ていた。 

40年前なら、壽岳先生の言うとおり良い読者が居て、善い本を作ったかも知れない。

現在は、多くの人が本を買わなくなったのだから、善い読者、その者の姿が全く見えなくなてきた。

紙の辞書を引かず、薄い電子辞書で引くようになってきた。旅の時には、徳に便利だ。

詩は紙の本で読むに限る。紙の手触り、活字の凹凸、そしてバランス。行間の美しさ。

背表紙で分る本の質。

本棚を新たに足して、身の回りの床に積み上げていた本の問題は、ひとまづ片付いたが、何時まで続くのか。

しかし、音を立てて落ちた1キロのダンベルは出て来ないのだ!

何処へ消えたのか、見えぬ空間に吸い込まれたのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人・作家平田俊子 17日(水)第568回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!西荻の宙に初めて自作詩を解き放つ!

 未だ参加回数が3回目とは意外な感じがする詩人・作家の平田俊子。

今回の案内の葉書には「大切なものは何度でも捨てなければなりません」と記した平田俊子。

今回はどんな聲を聴かせてくれるのか、乞うご期待!

西荻窪:数寄和 ℡03-3390-1155 開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/15

もう菅直人を首相の座から降ろした方が国益になる、賢明の策だ。折角の機会の筈だった胡主席との会談で紙を見て話すしか脳の無い菅直人を見ると、情け無いだけでは済まされ無い。毎年、首相が替わっても良いのだ。今の日本はその程度の民度なのだから!!!

 毎年、首相が替わっても可笑しく無いのが、今の日本の政治情勢だ。

政治加賀何処にも居ない。いや人間の姿を見ることで、精一杯なのだ。

だからと言って面倒がってはいけない。日本の政党の中に人材が居なかったら、海外の政治家を、ヘッドハンターすればいいのだ。

例えばフランスのジャック・アタリ。

彼の著書『21世紀の歴史』を読むと、先見の明が有ることが、はっきり分るのだ。

政治家も国際化出来るのではないか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

詩人筏丸けいこ 16日(火)第567回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に6回目の参加!六本木の宙に自作詩を聲に乗せ、解き放つ!

 今年の1月から参加して早いもので6回目!

三冊の詩集を中心に聲を出して来た詩人筏丸けいこ。

今回はどう聲を撃つのか!

乞うご期待!!!

予約2500円 当日2800円(学割あり)


予約は
六本木:ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 (℡03-3401-3011) 開場18:30 開演19:00

北十字舎(℡03-5982-1834  Fax 03-5982-1797)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »