« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »

2010/12/18

ひと聲名古屋で、発して東京に戻って来ました。俳人で名古屋・ボストン美術館館長の馬場駿吉館長にも久し振りに、逢えました。

 近いですね、名古屋は。
しかひ、ジパングで、のぞみが割引に為らないのは、JR東海の強欲さが原因!

交通費を値下げしないと、日本の景気回復に為らない要因の一つ。

聲を出すのは、健康に良いのだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/17

18日 昼、名古屋・ホテル・オークラレストラン「中華料理 桃花林」で開催されるクリスマス懇親会を企画された友人のH夫妻の財団で、ひと聲を吠えに、出掛ける!

 約束通りに、一篇の詩を聲に乗せに、名古屋に行く!

年に1回ぐらい、名古屋で聲を出している事に為るのだろうか!

さてどんな事に為りますのやら。


車中、新版『左川ちか全詩集』を車中で、読みながら行く事にしょう!

今夜の詩人原田道子の聲の会で、原田道子と中本道代、参加者のY女史に、頼まれていた詩集をお渡しした。

さて来年は、左川ちか生誕100年。

何か催事が有ると良いのだが?

左川ちかがイーディス・シットウエルの事を書いて居るのが、1934年。

この全詩集は読みがいが有りそうで、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新版『左川ちか全詩集』(新開社版)が、版主小野夕馥さんの好意で手に入れることが出来た。日本の特に女性の詩人に読んでいただきたいものだ。

すでに何人かのプロジェクトに参加の詩人たちから、左川ちか詩集を探している事は聴いて居た。

かって昭和11年に昭森社から三岸節子装画の『左川ちか詩集』を、京都の若い詩人が、神泉薫の聲の会の時、8万か9万で東北の古書店で購入したとかで、大事に箱に入れて持って来たのを、見た事が在り、また1983年、森開社から刊行された『左川ちか全詩集』は、持っていたが、友人に譲った。

さて今回の新版は、A5版 三方折り込みフランス装で、巻頭にカラー図版を含む14点の図版が収録されている。

今秋、小樽文学館で見た、左川ちかの水彩画がカラーで掲載されているのは、嬉しい限りだ!

でも実物は葉書に書かれたものだとは、全く知らなかった。

しかし、思い出しても、小樽文学館は、予算が無いとは言え、汚すぎるぞよ!

さて、『左川ちか全詩集』を読みだして見よう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/16

今、新潟は雪ですよ、ドラゴンに今回はやられましたね!、と坪川ノンタンから電話が在った。うふふふ!

 留守中の二頭のドラゴン、どうも鱗を撒き散らしているようだ!

もう新潟の護国神社の鳥居の下にも居ない!

世界で戦っているのだぞ。

早く首相は、官房長官を更迭せよ!

白い鱗の世界、綺麗だろうに!

やっと冬らしい冬に為って来たようだ!

土曜日は名古屋に、詩を一編、聲に乗せに行く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人原田道子 17日(金)第580回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に12回目の参加!前回は口にワイヤーを入れての聲出し!今回はどんな聲を六本木の宙に、聴かせてくれるのか!

 天童大人プロデュース

詩人原田道子 12回目の参加!

前回は、転んで、口の中にワイヤーを入れたままでの聲出し。

その痛い経験が、今回どう活かされるのか?

10回を超えて、このプロジェクトの本意を理解した詩人原田道子の聲!

今回どう聴けるのか、乞うご期待!

当日2800円 予約2500円(学割あり)

予約は

ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊:℡03-3401-3011

北十字舎:℡03-5982-1834

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/15

詩人天沢退二郎 16日(木)第579回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、10回目の参加!新作を京橋の宙に、解き放つ!

 この処、新作のみで全てを聲に乗せ続けている詩人天沢退二郎!

遂に10回目の参加になる!

今回は、どんな新作を聴くことが出来るのか、乞うご期待!

京橋:ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、新潟に雪が降って来て、テンドウさんの置き土産だよ!と坪川ノンタンから電話が在った。

 今頃に為って雪が降るなんて!

 ドラゴンがこの国の中には、もう二匹しか居ない。

この国のアホな為政者たちの御蔭で、世界との戦いの為に、この島国をで払っているのだ。

なんとお粗末な国に為ったことだろうか!

民度の低いのがはっきり露呈されているのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/13

こういう激動の時は、小沢一郎のような政治力を発揮できる政治家を国民は選ぶべきなのだ!仙石官房長官を罷免し、管直人はもう止めたら良いのだ。小沢個人の金の問題の時では無い!国難の時ぞよ!

 民主党の岡田幹事長の人相・目つきの悪さ、これが政権政党の幹事長の顔と聲なのか?

なんで小沢一郎を党首に選出しなかったのか?

毎年、首相を変えても良いのだよ。外見の問題ではない。変えたら、もしかしたら当り目が出るかもしれない。

野党の自民党も負け犬の遠吠え!もう政権の目はないのだから!

誰か、どこかに隠れた人物は居ないのか?

今の政権も政治家にも全く関心が無くなった。何故か?

人間が居ないからだよ!

どこに人間が居るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »