« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »

2010/02/13

NHK国際放送局フランス語班から取材の申し込みが有り、23日(火) ギャルリー東京ユマニテで開催される第455回の藤本真理子の会を取材して、インタヴィューを受けて、アフリカ向けに28日放送の予定だそうで・・・・。

 思いがけない話が舞い込んで来ました。NHK国際局フランス語班が、アフリカ向けにフランス語放送が行なわれて居る事は、全く知りませんでした。
28日の放送ですと、私がパリからベナンに向かっている最中だと思います。ドラゴン数十頭も帯同しますぞよ。

日本の詩人Tendo Taijinが3月1日から7日まで第4回ベナン・フランス語圏国際詩祭に招待され、日本の国際交流基金の助成を受けて参加する事。彼は2006年10月14日から、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」を、2月23日までに、455回プロデュースして居る事をアフリカ諸国に知らせてくれると言うのだ!

これは「JAPON」を知らしめる良い機会であろう!
中国のようにアフリカに経済援助で浸透させているのでは無く、日本の一人の詩人が、2000年アフリカ国際詩協会の会員に為り、既に2000年・セネガルの第3回ダカール国際詩祭、2001年第5回アフリカ・マダガスカル・巡回国際詩祭、2002年アフリカ・モーリス巡回国際詩祭、2004年第6回アフリカ・マリ巡回国際詩祭、2007年第10回アフリカ・セネガル・サン=ルイ国際詩祭、(エクセレント賞受賞、国際交流基金助成)と参加してきた唯ひとりの日本の詩人なのだから、当然の事だろう!

2005年セネガルから出版され詩のアンソロジーにも、アジアから唯ひとり参加しているのだ。

今回のベナン・フランス語圏国際詩祭には韓国から二人の著名な詩人が参加する事が、贈られて来たプログラムで分かった。
昨年に続いての招待が今年、初めて国際交流基金の助成を受けて参加出来る。
これもベナンの若い主催者が、セネガルのダカールに住むカメルーンの詩人、ポール・ダケイヨウに相談しに訪れた時、絶対、日本のTendo Taijinを招待せよ、と!
彼を呼べば、十人力の仕事をするからとの御推薦だった!

この十年余り、アフリカで聲を撃つ唯ひとりのアジアの詩人、として我が日本の為に、日本語を撃ち込んで来たのだぞよ!
日本ペンクラブ等の矮小な世界から、愈々、2月27日アフリカ・ベナンに向かって、武者修行に行く!!!

帰国の早々の3月12日、第459回としてギャルリー東京ユマニテで、聲を撃つ!!!

是非、お聴き下さい!!!

新たなアフリカの香りがする聲が聴けるかもしれませんよ!

乞う ご期待ですよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/12

京橋付近の画廊が閉廊したり、画廊オーナーが自殺したりと波乱含みの2010年の幕開けですが、ギャルリー東京ユマニテのオーナー土倉有三氏の御好意で、プロジェクトは、3月31日で、470回目を刻む事が出来ます!参加詩人はキチンと自分のチラシをお作り下さい!!!

 場が有れば、出来るだけ詩人たちに経験を積ませたいと考えて居ます。

御協力戴ける画廊空間が有りましたら、是非、御協力ください。宜しく、お願致します。


     天童 大人 プロデュース

詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 
         
2010年2月

第453回2月15日(月)NPO法人東京自由大学 田村雅之(初参加)

第454回2月16日(火)Star Poets Gallery 河野聡子(8)

第455回2月23日(火)ギャルリー東京ユマニテ 藤本真理子(3)

第456回2月24日(水)ギャルリー東京ユマニテ 後藤信幸(7)

第457回2月25日(木)ギャルリー東京ユマニテ 松尾真由美(5)

                3月

第458回3月11日(木) ギャルリー東京ユマニテ 白石かずこ(19)

第459回3月12日(金) ギャルリー東京ユマニテ 天童大人(16)

第460回3月15日(月) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 井上瑛子(初参加)

第461回3月16日(火) NPO法人東京自由大学 たなかあきみつ(3)

第462回3月17日(水) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 神泉薫(18)

第463回3月18日(木) Star Poets Gallery 筏丸けいこ(2)

第464回3月19日(金)ギャラリー華 杉原梨江子(初参加)

第465回3月23日(火) NPO法人東京自由大学 こやま峰子(2)

第466回3月24日(火) ギャルリー東京ユマニテ 天沢退二郎(8)

第467回3月25日(水) ギャルリー東京ユマニテ 岩切正一郎(4)

第468回3月29日(月) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 牧田久未(2)

第469回3月30日(火) ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 今村芳枝(初参加)

第470回3月31日(水) ギャルリー東京ユマニテ 山田亮太(3)

             (4月に続く)

ギャルリー東京ユマニテ(京橋), Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),NPO法人東京自由大学(神田),の公演時間は、 開場:18:30開演:19:00

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木)は開場時間17:30、開演時間18:00

入場料   予約 大人2,500円

当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(三宿) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/
           
ギャラリー華(広尾)106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&Fax03-3442-4584
      E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木) 106-0032港区六本木7-17-20 明泉ビル201
Tel&Fax03-3401-3011
E-mail:aej07072@nifty.com
URL:htto//www.gallery-kojima.jp/

NPO法人東京自由大学 101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
℡&Fax:03-3253-9870(火・木・金PM13ー18時のみ連絡可能)
E-mail:jiyudaigaku@niftu.com
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/


参加希望のお問合せ,その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau  171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/11

ARENA DI VERONA &PLACIO DOMING in Tokyo 2010 が2月13日ーガラ・ドミンゴー、14日ーアイダーーが東京国際フォーラムで公演されると言うのだ!

 このアレーナ・デ・ヴェローナで私が単独公演を行なったのは2002年3月21日。

もう8年前に為るのか!!!

ヴェローナ文藝家協会主催のー春の詩祭ーロベルト・サネージ頌ーに招かれて、アレーナ・デ・ヴェローナでの単独公演が開催されたのだ!

何故、単独公演が出来たかと言うと、21日は春分の日で、春の始まりの日、アレーナ、2000年の歴史を祝い、ノーベル文学賞候補であった、亡き詩人ロベルト・サーネージ頌と三つの要件が一致し、挙行出来たのだ!!!

 それは得難い55分間の経験だった。

あのアレーナを唯ひとりで独占しての公演だった。

日本人では勿論、現存する世界中の詩人で、誰一人として、挙行した詩人、出来た詩人は存在しないのだ!

だから2006年7月、第3回ベネズエラ・カラカス国際詩祭の初日の、国立カサ・デ・アルティスタ劇場(2400席)で幕開けで、世界から参加した26人の詩人の中で、唯ひとりノー・マイクで、聲を撃ち込んだのだ!

舞台監督がマイクの位置を決め、その場で聲を出す事を求めたのだが、私は拒否した。

理由は簡単だった。 アレーナ・デ・ヴェローナ走っている?と舞台監督に私が問う。

勿論、知っている、と舞台監督。

2020年3月、単独公演行なっているからこの小屋では、ノー・マイクで大丈夫!!! エ!嘘?と言うような顔。

傍からドイツの詩人のトビアス・ブルックフェルトが本当の話だよ! で話はついた。

その様子を見て、私も舞台の前に出たいと言いだしたのは北京から来た中国の女性詩人だったが、ノー・マイクで出来るのか、との舞台監督の言葉で定位置に戻った。

この時の事は、2002年の駐ベネズエラ日本大使に尋ねられたら宜しい!

アレーナ・デ・ヴェローナで自分の聲を存分に響かせる事が出来た事は、非常に幸運無事だった。

友人の画家KEIZO,詩人ロベルト・サネージ、ヴェロ-ナ文藝家協会の秘書ロベルタたちの友情の深さを春分の日が巡って来る度に、強く感じるのだ!!!

本当に有難う!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/10

大型トラックの運転手ヨコヤマさん!貴方の善意は、今の灰色の日本では本当に感動モノですぞよ!!!良い話だね!!!

 女子中学生川口留美子さんのお母さんも偉いね!

「絶あきらめない」と娘をたしなめた母親!

吹雪の中を2時間半も歩いて、ガソリンスタンドにたどり着く。

吹雪の中を歩きながらヒッチハイクをするなど、不可能に近いことだ!

しかし、この母娘は必死に為って横殴りの吹雪のなか、手を上げ、歩きながら、試みるがこれは全く難しい事だ!!!
走りスピードが出ている車は、滅多に止まらない。これは晴れて居るとでも難しいのだから、吹雪では絶望的なのだ。
車が停まって居る時、信号停止かガソリンスタンドでか。ともかく車が一時停止して居る時でしか、ヒッチハイクは出来ないのだぞよ!
しかし、ヨコヤマさんは偉いよ!本当に偉いよ!

本当に良い話だよ、ヨコヤマさん!!!

心が温まる話だよ!有難う、ヨコヤマさん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨコヤマと名乗る大型トラックの運転手さん!貴方は本当に良い事をしてくれましたね!!!有難う!1月17日午前4時半頃、長岡付近のガソリンスタンドから、金沢経由輪島まで女子中学生を乗せ、運んでくれたヨコヤマさん、は何処の誰なのか???

 良い話が今朝の毎日新聞の朝刊28面に、「高校受験 大雪で夜行列車うんきゅう母の機転でヒッチハイク  埼玉から石川へ 女子中生、開始10分前にとうちゃく運転手が救いの手」との見出しで、掲載されてあったのだ。
受験の為、石川県輪島市の日本航空石川高校の推薦入試を受ける為に、吹雪の為、列車運休の為、長岡駅から吹雪のなか、ヒッチハイクをしようと約2時間半歩いて、長岡付近から神戸に向かう大型トラックをガソリンスタンドで、やっと見付け、「金沢までなら」と乗せてくれたと言うのだ。

それが同じ中学3年生を持つ、ヨコヤマと名乗る運転手。彼が金沢まで来て、「輪島まで行っちゃる」と言い、試験会場に着いたの午前9時。試験開始10分前。

劇的だね!!!この話は!

そして合格!おめでとう川口留美子さん!!ありがとう、ヨコヤマさん!

ヒッチハイクをしながらスペイン・フランス国境から、トルコ目指した時の事を鮮やかに想い出しましたよ!

吹雪で、ヒッチハイクは難しい! ガソリンスタンドで停まっている車の運転手に話すのは賢明な方法で、母親が付いて居たことが幸運だったね!!!

頑張って下さいよ!川口留美子さん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

アサヒビールの泉谷直木専務が、遂にアサヒビール社長に為ったぞよ!!!プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」の100回、200回、300回,400回の節目節目にアサヒビールの商品を寄贈してくれたのは・・・

 今回、アサヒビールの社長に為った泉谷直木専務の心遣いだったのだぞよ!!!

それだけでは無いのだぞよ!!!

僅かな事とは言え、なかなか気配りは出来る物ではなのだぞよ!!!

ずっとアサヒビールのスパードライを初めとして、小生が飲み続けて来たのも彼の恩義に答えてなのだよ!

これからは益々、アサヒビルをd天空に舞うドラゴン軍団が背後からサポートするぞよ、泉谷直木伸社長よ!

対馬・和多都美神社に、限定の博多ビールを始め、何種類の新製品を奉納した事か!!!

全て奉納した製品は、目標指数を突破したぞよ!!!

これからのアサヒビールの躍進を刮目して、オレヨ!!!

アサヒビールはトヨタと違って、首脳陣の品質改善は無用のようだな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタのリコール車はまだまだ拡がるが、トヨタの首脳陣の誰ひとりとして、事態の推移を理解できないで居るぞよ!!!

 トヨタが今、最初に遣る事は、首脳陣の品質改善だぞよ!!!

修理が必要なのは先ずは、首脳陣の不良部品の交換だぞよ!!!

早くやれよ、一刻も早くだぞよ!!!

まだまだ世界中で拡がるぞよ!!!

「日本の品質」の信用を落とした責任は、5000億円の引当金だけでは、もう済まないぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/08

バンク-バーは雪が無いだと、当たり前の話だぞよ!、今の新潟と比べたら、霊性は限りなく、低いのだぞよ!今の新潟は、霊力が強く、新潟県民は雪の深い昔を体験して頑張られよ!!!なたクリスタル・スィンギングボールを鳴らしに行くぞよ!

 新潟の海岸線がはっきり出て来たと先日書いた筈だぞ!

はっきりして来たと言う事は、気候も冬の新潟に戻ったと言う事だぞよ!!!

また18日~21日まで、新潟に赴き、クリスタル・スィンギングボールを鳴らし、浴びせに行きますぞよ!

身体に新たな波動を与えてみたい方は、新潟:ルル・テン℡&Fax025-210-6800に申し込み下さい。

要綱はルル・テンのホームページ http://luluten.blog117.fc.com/をご覧ください!

オリンピック委員会の霊性の低い人間たちが選ぶ土地など、彼らの思うようには行かぬわいな!!!

雪の無いオリンピック、それもまた可笑しく、面白いね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人田村雅之、15日(月)第453回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に初参加!初めて神田の宙に自作詩を聲に乗せて撃ち込む!!!

 詩人田村雅之、彼とは詩人土橋治重が主宰する詩誌「風」で、一緒に為った事が有る。

今は詩歌出版「砂子屋書房」の社主でもあるのだ。

かってプロジェクトに参加した詩人八木幹夫、原田道子の聲の会の時に参加されたので、お誘いをしていた事が、やっと実現する訳だ。

どんな聲を聴かせてくれるのか、本当に楽しみだ!!!

神田:NPO法人東京自由大学 ℡03-3253-9870(火・木・金のPM13~18時まで開通)

開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

詩人田中庸介 11日(木)第452回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に9回目の参加!神田の宙に初めて自作詩を解き放つ!!!

 早いものだね、もう9回目を迎えるとは!

聲を宙に撃ち込みながら、1冊の詩集を上梓した詩人田中庸介。

今回はどんな聲をきかせてくれのかな、乞うご期待!

神田:NPO邦人東京自由大学 ℡03-3253-9870(火・木・金のPM13時~18時まで開通)

開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本サッカー日本代表岡田武史監督を、早急に更迭せよ!!!能力の無い監督を誰が選んだのか!まだ間に合うぞよ!!!

 世界ベスト4を目指すなどと選手を鼓舞するつもりで目標を高く掲げる事は、どんな禺者でも簡単に出来る。

選手の質など問題以前の問題で、世界のサッカー界に全くの実力的名声は、岡田武史には一かけらも刻まれてはいないのだぞよ!

こんな男を選んだ責任者は誰か?

この岡田武史の経歴を観れば、日本サッカー界の総師としては、キャリア不足は一目瞭然だろう!!!

だから誰がこんな程度の男を選んだのか、と言うのだぞよ!!!

簡単な事だよ!!前オシム監督と比べてご覧!

オシムの語る言葉には、実績に裏打ちされた彼のサッカーに撃ち込んだ情熱を垣間見る事が出来るのだぞ!!!

比べたくは無いが、岡田武史が語る言葉は、空虚なだけだ、実隊も、情熱も全く感じられないのだぞ!!!

こんな程度の男が、代表監督では、世界と戦う前に既に負け居るのだぞよ!!!

昨夜の対中国戦終了時のブーイングは、岡田武史に、お前は監督を即刻に、止めろ!、との合図なのだぞよ!!!

分かるか、岡田武史よ!

自分に相応しい器量以外の事は、止めた方が、御身の為だぞよ!!!

岡田武史のサッカーとは世界ランキング87位の中国と対等に戦うだけの器量だぞよ!!

自ら代表監督を早急に辞退せよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »