« 詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 9日(水)第399回プロジェクト「La Voix des Poetes(詩人の聲)」に9回目の参加!ロシアの現代詩人 ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)を、初めて京橋の宙に解き放つ! | トップページ | 2月10日(木) プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、第600回を詩人・作家稲葉真弓の聲で迎えます。是非、京橋のギャルリー東京ユマニテで、開催します。参加者にはアサヒビールから贈られたビール一缶をプレゼントいたします。是非 ご参加ください! »

2011/02/06

憲政の神、と言われた尾崎咢堂に『大演説集』(大日本雄辯會編)』(大正14年10月15日発行)と言う本が在ることを、哲学者佐々木 中氏はご存じだろうか?朝日新聞1月26日に、「今、国民を心から納得させ得る政治家がいない。なぜか。簡単です。演説が、文章が、ヘタだからです。」と言われているからなのだ。

 尾崎行雄には、同じ大正14年に、『政治読本』(日本評論社刊)が刊行されている。

尊敬する政治家に、尾崎行雄の名前を挙げて居た現職の政治家がいるが、本当に尊敬、しているのだろうか?
あったらこの『尾崎行雄氏大演説集』や『政治読本』を読んだことが、いや触った事があるのだろうか?
政治家で、演説集が本になる政治家が、現在の日本には居ないのだ。

この哲学者佐々木中氏の言葉をもう一度、きちんと聴く必要があるだろう!
この若い佐々木中と言う優れた哲学者のことは全く知らなかった。
詩人の神泉薫から教えて頂いたのだが、まだ著作は読んだことが無い。。

独裁者の下に30年余り居たエジプト国民が、自分たちの行動で、ムバラク大統領選不出馬、までは追い込んだ。
即時退陣には、今、辿り着かないが、エジプト国民は、自分たちが動けば政治も変わることを体験したのだ。
この経験は大きい!
ではこの日本では、誰がリーダー足り得るのか?

誰も居ない現状を何時打破するのか、出来るのか・

出来るのは政治家では無い。

日本の無辜の民たちなのだが!!!

|

« 詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 9日(水)第399回プロジェクト「La Voix des Poetes(詩人の聲)」に9回目の参加!ロシアの現代詩人 ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)を、初めて京橋の宙に解き放つ! | トップページ | 2月10日(木) プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、第600回を詩人・作家稲葉真弓の聲で迎えます。是非、京橋のギャルリー東京ユマニテで、開催します。参加者にはアサヒビールから贈られたビール一缶をプレゼントいたします。是非 ご参加ください! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50789709

この記事へのトラックバック一覧です: 憲政の神、と言われた尾崎咢堂に『大演説集』(大日本雄辯會編)』(大正14年10月15日発行)と言う本が在ることを、哲学者佐々木 中氏はご存じだろうか?朝日新聞1月26日に、「今、国民を心から納得させ得る政治家がいない。なぜか。簡単です。演説が、文章が、ヘタだからです。」と言われているからなのだ。:

« 詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 9日(水)第399回プロジェクト「La Voix des Poetes(詩人の聲)」に9回目の参加!ロシアの現代詩人 ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)を、初めて京橋の宙に解き放つ! | トップページ | 2月10日(木) プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、第600回を詩人・作家稲葉真弓の聲で迎えます。是非、京橋のギャルリー東京ユマニテで、開催します。参加者にはアサヒビールから贈られたビール一缶をプレゼントいたします。是非 ご参加ください! »