« 詩人禿慶子 8日(火)第598回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加!初めて広尾の宙に、自作詩を解き放つ! | トップページ | 憲政の神、と言われた尾崎咢堂に『大演説集』(大日本雄辯會編)』(大正14年10月15日発行)と言う本が在ることを、哲学者佐々木 中氏はご存じだろうか?朝日新聞1月26日に、「今、国民を心から納得させ得る政治家がいない。なぜか。簡単です。演説が、文章が、ヘタだからです。」と言われているからなのだ。 »

2011/02/06

詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 9日(水)第399回プロジェクト「La Voix des Poetes(詩人の聲)」に9回目の参加!ロシアの現代詩人 ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)を、初めて京橋の宙に解き放つ!

第599回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」

詩人・ロシア現代詩の翻訳家たなか あきみつ 早いもので9回目の参加!
ロシアの現代詩 ニコライ・コーノノフの第三詩集『さんざめき』(書肆山田刊)を、初めて聲に乗せて、解き放つ!

ニコライ・コーノノフは1958年生まれの53歳。

ロシアの現代詩は、今、どんな詩世界を、我々に伝えてくれるのか?
詩人たなか あきみつの骨太い聲で、我々に伝えてくれる僥倖を、充分に味わいたいものだ。

乞うご期待!

予約
ギャルリー東京ユマニテ℡03-3562-1305 Fax03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797

|

« 詩人禿慶子 8日(火)第598回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加!初めて広尾の宙に、自作詩を解き放つ! | トップページ | 憲政の神、と言われた尾崎咢堂に『大演説集』(大日本雄辯會編)』(大正14年10月15日発行)と言う本が在ることを、哲学者佐々木 中氏はご存じだろうか?朝日新聞1月26日に、「今、国民を心から納得させ得る政治家がいない。なぜか。簡単です。演説が、文章が、ヘタだからです。」と言われているからなのだ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩人でロシア現代詩の翻訳家のたなか あきみつ 9日(水)第399回プロジェクト「La Voix des Poetes(詩人の聲)」に9回目の参加!ロシアの現代詩人 ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)を、初めて京橋の宙に解き放つ!:

« 詩人禿慶子 8日(火)第598回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、5回目の参加!初めて広尾の宙に、自作詩を解き放つ! | トップページ | 憲政の神、と言われた尾崎咢堂に『大演説集』(大日本雄辯會編)』(大正14年10月15日発行)と言う本が在ることを、哲学者佐々木 中氏はご存じだろうか?朝日新聞1月26日に、「今、国民を心から納得させ得る政治家がいない。なぜか。簡単です。演説が、文章が、ヘタだからです。」と言われているからなのだ。 »