« 先日(8日)、毎日新聞の朝刊に、チュニジアの近代詩人アブ・アルカセム・シェビの詩作品の事を書かれていた明治学院大国際平和研究所の勝俣 誠教授から、今、Faxが送られて来た。1枚は真っ黒なのだが、何が写って居たのだろうか???興味津々なのだ!! | トップページ | 守山市在住の詩人・翻訳家 藤本真理子 23日(水)第603回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!イギリス詩人イーディス・シットウェル詩集『凍る℧』(書肆山田刊)から、詩篇を聲に乗せ、京橋の宙に解き放つ! »

2011/02/13

サンデー毎日2月20号に、作家古井由吉が「日本の処方箋」121頁に、究極の文学は、「声」だった、と言ってますよと、詩人の神泉薫が教えてくれ、自身のブログにも書いて居るのも読んでみた!4月以降、作家中沢けいさんもプロジェクトに参加!へ

 作家古井由吉が、新宿のバーで、朗読会を続けて来て、昨年に、止めたことを、新聞で、読んだが、その時も、究極の文学は「声」と言っていた筈だ。
作家の中で「声」について語ることが出来る数少ない作家が古井由吉だ。
しかし、プロジェクトとは未だ縁が無い。
第600回を飾ってくれた作家稲葉真弓の聲も、初めの頃の聲とは雲泥の差だ。
続けている事の恐ろしさ、凄さだ!

昨夜の伊藤比呂美の聲の会に、作家中沢けいさんが参加された。
4月以降にプロジェクトに参加される予定だ。

また作家の聲に、新たな聲が、聲の織物に変わる。

楽しみな事だまた増えた。

|

« 先日(8日)、毎日新聞の朝刊に、チュニジアの近代詩人アブ・アルカセム・シェビの詩作品の事を書かれていた明治学院大国際平和研究所の勝俣 誠教授から、今、Faxが送られて来た。1枚は真っ黒なのだが、何が写って居たのだろうか???興味津々なのだ!! | トップページ | 守山市在住の詩人・翻訳家 藤本真理子 23日(水)第603回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!イギリス詩人イーディス・シットウェル詩集『凍る℧』(書肆山田刊)から、詩篇を聲に乗せ、京橋の宙に解き放つ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/50864164

この記事へのトラックバック一覧です: サンデー毎日2月20号に、作家古井由吉が「日本の処方箋」121頁に、究極の文学は、「声」だった、と言ってますよと、詩人の神泉薫が教えてくれ、自身のブログにも書いて居るのも読んでみた!4月以降、作家中沢けいさんもプロジェクトに参加!へ:

« 先日(8日)、毎日新聞の朝刊に、チュニジアの近代詩人アブ・アルカセム・シェビの詩作品の事を書かれていた明治学院大国際平和研究所の勝俣 誠教授から、今、Faxが送られて来た。1枚は真っ黒なのだが、何が写って居たのだろうか???興味津々なのだ!! | トップページ | 守山市在住の詩人・翻訳家 藤本真理子 23日(水)第603回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!イギリス詩人イーディス・シットウェル詩集『凍る℧』(書肆山田刊)から、詩篇を聲に乗せ、京橋の宙に解き放つ! »