« 日本政府は国民に、何を隠しているのか!時間が経ち、海外からの情報で、あぶり出されない前に、キチンと国民に正しい情報を公開しないと、内閣はもう維持できない!外国人の献金問題は、一時中断だけ!東京電力は国民の安全を無視し、情報を開示しない場合は、企業は消滅!覚悟して振るまえよ! | トップページ | 都内で放射線物質が微量だが、確認した、とのニュースは、20キロ、30キロと避難しても気休めでしかないのでは? »

2011/03/15

政府と東京電力と共同で立ち上げた統合対策本部{管本部長、海江田・鈴木(東電社長)両副部長}は、人体に影響が無い、と断言できるなら、福島原発第一発電所の敷地内に、設置せよ!統合対策本部らから、情報を随時、公表せよ!メルトダウンの可能性がある、と言う!大惨事の予兆か!!

 どんどん福島原発第一発電所の状況が、緊迫した状況を迎えている時に、分らない、話が余りにも多すぎる!

想定外、と言えば許されるのか!

政府・東電の御用学者で無く、国民の生命・健康を第一に考えた立場で、はっきり想像力の有る学者は、何処かに居ないのか?
テレビ各局が、同じコメンテーターでない、別な意見を聴き、実情を知りたいのだが?

外国のメデイアからの逆情報を得なくては、真実は、分らないのか!

今朝の毎日新聞(6面)には、

「スイス紙NZZ・アムゾンタークは、ビルディ・ジュネーヴ大教授の話として「日本政府は事故の重要性を低く見積もっている。被ばくの危険性を抵レベルに公表しているが、半径20キロ圏外に住民を避難させた事実は原発を制御できていない証拠」と伝えている、と記している。

今は、後手にならない正確な情報が欲しいのだ!!

|

« 日本政府は国民に、何を隠しているのか!時間が経ち、海外からの情報で、あぶり出されない前に、キチンと国民に正しい情報を公開しないと、内閣はもう維持できない!外国人の献金問題は、一時中断だけ!東京電力は国民の安全を無視し、情報を開示しない場合は、企業は消滅!覚悟して振るまえよ! | トップページ | 都内で放射線物質が微量だが、確認した、とのニュースは、20キロ、30キロと避難しても気休めでしかないのでは? »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

交通手段・鉄道・航空・船舶」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51124885

この記事へのトラックバック一覧です: 政府と東京電力と共同で立ち上げた統合対策本部{管本部長、海江田・鈴木(東電社長)両副部長}は、人体に影響が無い、と断言できるなら、福島原発第一発電所の敷地内に、設置せよ!統合対策本部らから、情報を随時、公表せよ!メルトダウンの可能性がある、と言う!大惨事の予兆か!!:

« 日本政府は国民に、何を隠しているのか!時間が経ち、海外からの情報で、あぶり出されない前に、キチンと国民に正しい情報を公開しないと、内閣はもう維持できない!外国人の献金問題は、一時中断だけ!東京電力は国民の安全を無視し、情報を開示しない場合は、企業は消滅!覚悟して振るまえよ! | トップページ | 都内で放射線物質が微量だが、確認した、とのニュースは、20キロ、30キロと避難しても気休めでしかないのでは? »