« 前原外相が12日にエジプト訪問し、ムバラク政権崩壊後の暫定統治を担っている軍最高評議会の首脳と会談する方向で、最終調整に入った事が3日分った、との新聞記事(毎日・4日朝刊、5面のファイル)を見て、驚いた!この時期にエジプト訪問するとは、外交音痴も甚だしい!国際情勢を読めない外務大臣は、早急に罷免した方が良いのだ。 | トップページ | ロシア現代詩の翻訳家で詩人のたなか あきみつ9日(水)第610回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、10回目の参加!京橋の宙に、=ロシアの現代詩= ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)の{暑い季節}を聲に乗せ、京橋の宙に、撃ち込む! »

2011/03/04

自由が丘画廊のオーナー実川暢宏氏から、著書『現代美術 夢 むだ話』(冬青社刊)が、約束違わず送られて来た。99頁に写真家安斎重男撮影の1枚の写真が掲載されていて、美術評論家瀧口修造さんを囲んで、東野芳明・ガリバー安土などと並んで、私も写っているのに驚いた。

 これは日本で初の「デシャン展」が自由が丘の自由が丘画廊で開催された初日、1978年1月10日の記念スナップなのだ。
 この時、私は瀧口修造さんに、パリの友人から聴いた晩年のアントナン・アルトーの逸話をお話した。

{面白いですね。書かれたら是非、わたしに送って下さいよ。楽しみにしてますよ」と言われ、展覧会の案内状の瀧口修造の下に、パーカーのターコイズブルーのインクで、Rose Sèlavy,ici・・・と書いて下さった。

その案内状に、

なんと近づきがたく、なんと親しげな存在。

その全作品を一堂に眺めることは、もういろ

んな意味で不可能になった。しかし、かって

全作品を鞄に収めることを想った人。

いまは窓越しに、足跡の一端をしのび、おそ

らくその人が微笑みかけるのを待つ。


                  瀧口 修造

この実川暢宏著『現代美術 夢 むだ話』(冬青社刊)を読むと、駒井哲郎、李禹煥、ド・スタール、など実川さんの手を経て世に知られて行く道筋はが面白い。
一読の価値は、多いにあり。是非 読んでみて下さい。

|

« 前原外相が12日にエジプト訪問し、ムバラク政権崩壊後の暫定統治を担っている軍最高評議会の首脳と会談する方向で、最終調整に入った事が3日分った、との新聞記事(毎日・4日朝刊、5面のファイル)を見て、驚いた!この時期にエジプト訪問するとは、外交音痴も甚だしい!国際情勢を読めない外務大臣は、早急に罷免した方が良いのだ。 | トップページ | ロシア現代詩の翻訳家で詩人のたなか あきみつ9日(水)第610回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、10回目の参加!京橋の宙に、=ロシアの現代詩= ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)の{暑い季節}を聲に乗せ、京橋の宙に、撃ち込む! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51027562

この記事へのトラックバック一覧です: 自由が丘画廊のオーナー実川暢宏氏から、著書『現代美術 夢 むだ話』(冬青社刊)が、約束違わず送られて来た。99頁に写真家安斎重男撮影の1枚の写真が掲載されていて、美術評論家瀧口修造さんを囲んで、東野芳明・ガリバー安土などと並んで、私も写っているのに驚いた。:

« 前原外相が12日にエジプト訪問し、ムバラク政権崩壊後の暫定統治を担っている軍最高評議会の首脳と会談する方向で、最終調整に入った事が3日分った、との新聞記事(毎日・4日朝刊、5面のファイル)を見て、驚いた!この時期にエジプト訪問するとは、外交音痴も甚だしい!国際情勢を読めない外務大臣は、早急に罷免した方が良いのだ。 | トップページ | ロシア現代詩の翻訳家で詩人のたなか あきみつ9日(水)第610回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、10回目の参加!京橋の宙に、=ロシアの現代詩= ニコライ・コーノノフ詩集『さんざめき』(書肆山田刊)の{暑い季節}を聲に乗せ、京橋の宙に、撃ち込む! »