« 何故、政府・東電・電事連は、情報を小出しに出すにのか!自衛隊員10万人は何時まで動員させるのか?国防の見地から見て、現在、危うい日本の防衛体制!今、日本が攻められたら政府はどう臨戦態勢が取れるのか!もう既に原発内に死者が出ているのではないか! | トップページ | 友人のI氏から連絡が有り、既に『緑の書』は1980年、1993年に、藤田進氏によって、翻訳されている事が分りました。有難うございました。 »

2011/03/24

リビアのカダフィ大佐が、1970年代後半に出来ていたと言う、エキセントリックな格言を集めた小冊子『緑の書(グリーン・ブック)』を、誰か読まれた人は、居ませんか?どんな事を書かれているのか、是非 誰か訳してくれませんか!

 今、まさに渦中の人物カダフィ大佐が、書いた『緑の書』。

どんな内容なのか、是非 読んでみたいものだ!

この本の所在を知ったのは、パトリック・シール著『砂漠の殺し屋』(文藝春秋刊)を読んで居て、見つけた。

カダフィ大佐が、どう考えて居る人間なのか?

中丸薫女史が、会見しているのを読むと、違うイメージが沸き起こってくるのだが。

だから『緑の書』を一読してみたいのだ

|

« 何故、政府・東電・電事連は、情報を小出しに出すにのか!自衛隊員10万人は何時まで動員させるのか?国防の見地から見て、現在、危うい日本の防衛体制!今、日本が攻められたら政府はどう臨戦態勢が取れるのか!もう既に原発内に死者が出ているのではないか! | トップページ | 友人のI氏から連絡が有り、既に『緑の書』は1980年、1993年に、藤田進氏によって、翻訳されている事が分りました。有難うございました。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51203645

この記事へのトラックバック一覧です: リビアのカダフィ大佐が、1970年代後半に出来ていたと言う、エキセントリックな格言を集めた小冊子『緑の書(グリーン・ブック)』を、誰か読まれた人は、居ませんか?どんな事を書かれているのか、是非 誰か訳してくれませんか!:

« 何故、政府・東電・電事連は、情報を小出しに出すにのか!自衛隊員10万人は何時まで動員させるのか?国防の見地から見て、現在、危うい日本の防衛体制!今、日本が攻められたら政府はどう臨戦態勢が取れるのか!もう既に原発内に死者が出ているのではないか! | トップページ | 友人のI氏から連絡が有り、既に『緑の書』は1980年、1993年に、藤田進氏によって、翻訳されている事が分りました。有難うございました。 »