« 富士山を是非、地震・爆発から守って下さい!『神仙の寵児』を書かれた故笹目恒雄さんのお仲間、二十数人が守っていると言うことを聞きました・笹目さんが居ない今も、富士山を守ってくれているのでしょうか?どなたかご存じのかは教えて下さい! | トップページ | 詩人伊藤比呂美が、20日(日)18:30分から、熊本市新市街6-22 のOrange(℡096-355-1276)で、「伊藤比呂美チャリティー投げ銭朗読会」を開催するそうです!19日の西荻・数寄和での第616回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」が開催出来ないのが本当に残念です!次回を楽しみにしていますよ!今、必要なのは、詩人の聲!!! »

2011/03/17

今こそ国は、パブコック日立(日立製作所の系列会社)が1969年6月、呉工場で製造されていた福島原発第一の4号機の原子炉圧力容器の当時の資料を強制的提出させ、調査せよ!十数センチの厚い鋼で出来た大型の円筒容器は出来るだけ「真円」に近い事が望まれるのに、出来た物は法規上許されている量を超えた「楕円形」だった。それを「クリープ・リラクゼーション」と言う原理を用いて修正作業を行なったと言うのだ!

 容量200トンのジャッキ数本(日立側の発表では3本)を用いて、断面を縁に戻す整形作業が行なわれたと言うのだ。
「福島4号」と言うのは稼働する前から、「楕円」を「真円」に整形作業で修正作業を行なった問題機器で、この時は自民党政権だったのだ。

この疑問に国も東電も日立も答えて来なかったツケが、具現化したぞ!22年後にだ!

さあ国民に対して、キチンと答えて頂こう!

日本国民は三者の答を耳を澄ませて聞く事にしようぞ!!!

 世界でもこのような整形作業を施された原子炉は、おそらく「福島4号だけ」だと、評論家の田中三彦さんが1989年に書かれているのを見つけた。

 、国も東電も日立ちも

|

« 富士山を是非、地震・爆発から守って下さい!『神仙の寵児』を書かれた故笹目恒雄さんのお仲間、二十数人が守っていると言うことを聞きました・笹目さんが居ない今も、富士山を守ってくれているのでしょうか?どなたかご存じのかは教えて下さい! | トップページ | 詩人伊藤比呂美が、20日(日)18:30分から、熊本市新市街6-22 のOrange(℡096-355-1276)で、「伊藤比呂美チャリティー投げ銭朗読会」を開催するそうです!19日の西荻・数寄和での第616回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」が開催出来ないのが本当に残念です!次回を楽しみにしていますよ!今、必要なのは、詩人の聲!!! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

交通手段・鉄道・航空・船舶」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

宇宙・人工衛星・ミサイル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気学・易学・風水・占星術・手相・印相学」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

薬・病院・医療・医者」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51143581

この記事へのトラックバック一覧です: 今こそ国は、パブコック日立(日立製作所の系列会社)が1969年6月、呉工場で製造されていた福島原発第一の4号機の原子炉圧力容器の当時の資料を強制的提出させ、調査せよ!十数センチの厚い鋼で出来た大型の円筒容器は出来るだけ「真円」に近い事が望まれるのに、出来た物は法規上許されている量を超えた「楕円形」だった。それを「クリープ・リラクゼーション」と言う原理を用いて修正作業を行なったと言うのだ!:

« 富士山を是非、地震・爆発から守って下さい!『神仙の寵児』を書かれた故笹目恒雄さんのお仲間、二十数人が守っていると言うことを聞きました・笹目さんが居ない今も、富士山を守ってくれているのでしょうか?どなたかご存じのかは教えて下さい! | トップページ | 詩人伊藤比呂美が、20日(日)18:30分から、熊本市新市街6-22 のOrange(℡096-355-1276)で、「伊藤比呂美チャリティー投げ銭朗読会」を開催するそうです!19日の西荻・数寄和での第616回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」が開催出来ないのが本当に残念です!次回を楽しみにしていますよ!今、必要なのは、詩人の聲!!! »