« 福島原発が津波に襲われた事は、世界が承知してる。しかし、津波が襲い、引いた時、海水が何秒間引いたか、記者の誰もが質問しないのはおかしぞ!海水が引いたら、原子炉を冷やすことが出来ないのだが? | トップページ | 「29億ベクレル」という誤情報を9時間半余り放置していた東京電力・安全保安院の担当者を見ていると、本当に戦争末期の大本営発表と似て来たぞ! »

2011/03/27

これから何が起きようとしているのだろうか?不気味な静謐。不思議な胸騒ぎ。何時まで支援されて避難している人々が何時まで宙ぶらりんの生活を続けて行けるのか?さて、これから本当に何が起ころうとしているのか・・・!!!

 胸騒ぎは未だ続いている。 

大いなる善意な人々からなる支援の数々。何時まで続くのか神経をすり減らす避難生活。

天災の津波・地震だけなら、復興の手も阪神大震災の経験を活かす事で、救うことが出来るのだったが、東電の人災で、より多くの人々を、いや日本と言う島国を滅亡の危機に陥れた。

災難なのは、無情報の世界に落とし込められている日本の国民たち。

分るだろうか!

2011年3月11日! モーぜの時代の再来!いや到来か!

謎掛けかな???

|

« 福島原発が津波に襲われた事は、世界が承知してる。しかし、津波が襲い、引いた時、海水が何秒間引いたか、記者の誰もが質問しないのはおかしぞ!海水が引いたら、原子炉を冷やすことが出来ないのだが? | トップページ | 「29億ベクレル」という誤情報を9時間半余り放置していた東京電力・安全保安院の担当者を見ていると、本当に戦争末期の大本営発表と似て来たぞ! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

神社・仏閣・宗教」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

薬・病院・医療・医者」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51233328

この記事へのトラックバック一覧です: これから何が起きようとしているのだろうか?不気味な静謐。不思議な胸騒ぎ。何時まで支援されて避難している人々が何時まで宙ぶらりんの生活を続けて行けるのか?さて、これから本当に何が起ころうとしているのか・・・!!!:

« 福島原発が津波に襲われた事は、世界が承知してる。しかし、津波が襲い、引いた時、海水が何秒間引いたか、記者の誰もが質問しないのはおかしぞ!海水が引いたら、原子炉を冷やすことが出来ないのだが? | トップページ | 「29億ベクレル」という誤情報を9時間半余り放置していた東京電力・安全保安院の担当者を見ていると、本当に戦争末期の大本営発表と似て来たぞ! »