« 愈々、30日の11時から、「言葉を信じる」が駒場の日本近代文学館のホールで、開催される。同じ板場に立って、聲を撃ち合ったのは白石かずこさん、高橋睦郎さんのお二人だけ!天沢退二郎さん、稲葉真弓、小池昌代、高貝弘也、たなかあきみつ、田中庸介、田原、平田俊子、四元康裕、和合亮一らとは、初めて聲を撃ち合う!競演の饗宴が始まる!乞うご期待!!! | トップページ | 4月にプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に、ご恵送下さいまして、有難うございます。お贈りいただいた詩書類は、プロジェクトに活用させて頂きます。今後とも宜しく、お願い致します。 »

2011/04/29

浜岡3号機「7月再開」 中電計画「地元の同意前提」との今朝の毎日新聞朝刊の一面を見て、こんなに想像力の欠如した産業界の人間が、日本に多くなっていることに、驚く!

 水野明久中電社長に、これほど浜岡原発を、一刻も早く、停めて欲しいとの署名を全国から届けられている筈だが、一瞥しかしていないようだ。

現に福島原発が困難な状況が続いている中での、「7月再開」などと言いだすのは、もう人間では無い。

まさに水野明久のプロフィールを見ると、芸術には全く関心が無いエコノミック・アニマル状態ではないのか。

そうで無いことを願うが!!

ほんの僅かな想像力が有れば、「7月再開」などとは、口が裂けても言えないものだが。

3・11から、大きく日本国民が二つに分かれた筈だ!

他人の痛みを甘受出来る想像力を持ち、生活を自在に情況に応じて、替えられていける人間と、今までどうりにしか生きられない、想像力が欠如した人間かだ。

薄暗い街並みにも慣れて来た。もともとはこの程度が、日本の国情では無いのか!

表現者には、峻烈な時代の到来だが、この時期を乗り越えれなければ、世界に出ては行けないだろう!

やはり島国だからなのか、この悲哀は!

あの福島原発で、原子炉に水をかけ続けている人たちの事を、考えると、すえ恐ろしい事が起らないことを祈るばかりだ!
この見えない負荷を背負った生活が、何時まで続くのか?

この原発問題は、現代日本の原点。

う~ん、胸騒ぎは、消えては居ないのだ。

|

« 愈々、30日の11時から、「言葉を信じる」が駒場の日本近代文学館のホールで、開催される。同じ板場に立って、聲を撃ち合ったのは白石かずこさん、高橋睦郎さんのお二人だけ!天沢退二郎さん、稲葉真弓、小池昌代、高貝弘也、たなかあきみつ、田中庸介、田原、平田俊子、四元康裕、和合亮一らとは、初めて聲を撃ち合う!競演の饗宴が始まる!乞うご期待!!! | トップページ | 4月にプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に、ご恵送下さいまして、有難うございます。お贈りいただいた詩書類は、プロジェクトに活用させて頂きます。今後とも宜しく、お願い致します。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気学・易学・風水・占星術・手相・印相学」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

薬・病院・医療・医者」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51522127

この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡3号機「7月再開」 中電計画「地元の同意前提」との今朝の毎日新聞朝刊の一面を見て、こんなに想像力の欠如した産業界の人間が、日本に多くなっていることに、驚く!:

« 愈々、30日の11時から、「言葉を信じる」が駒場の日本近代文学館のホールで、開催される。同じ板場に立って、聲を撃ち合ったのは白石かずこさん、高橋睦郎さんのお二人だけ!天沢退二郎さん、稲葉真弓、小池昌代、高貝弘也、たなかあきみつ、田中庸介、田原、平田俊子、四元康裕、和合亮一らとは、初めて聲を撃ち合う!競演の饗宴が始まる!乞うご期待!!! | トップページ | 4月にプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に、ご恵送下さいまして、有難うございます。お贈りいただいた詩書類は、プロジェクトに活用させて頂きます。今後とも宜しく、お願い致します。 »