« 詩人竹内美智代 15日(金) 第623回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に8回目の参加!鹿児島弁で書いた自作詩を、広尾の宙に、解き放つ! | トップページ | 松本健一内閣官房参与か菅首相かが、言ったのか言わなかったかでは無く、何故、避難対象区域に「住めなくなる」との判断の根拠は何か?松本健一が言った真意は何か!既にもう二度と立ち入り出来ない情報を得ているのではないか! »

2011/04/13

何故、海上自衛隊・海上保安庁は日本海沿岸の海底を監視しないのか!海底に顕著に変化が有る筈だ!

 日本の海岸線が、と言うより日本が総て消えている。

北海道の最北端と鹿児島の最南端を除いて、だ。

一昨年の、何時だっただろうか!消えた日本!

これが今の現状なのだ!

米倉経団連会長が政府が悪いと言っている状況では無いのだ。

政府も日本経済も、もう形が無いに等しい事を知って居た方が良い。

震度9か、8,4なのかはっきりしないが、未だ日本の無辜の国民は戦後、虚仮にし続けられて来た。

原発に野党がモノ言えないのは、戦後・野党の自民党時代から原発は始まったのだからだ。

御用学者から官僚まで、財界を包んでの原発閨閥を、確か、かって広瀬隆さんは書いていた筈だ。

福島原発問題のそもそもの始まりは東海村が基点にして始まる。そこに原子炉を、と奔走したのが白洲次郎!

その視点から今、世田谷美術館で開催中の「白洲正子」展を、眺めたら、何が見えるのか!

白洲次郎を持ち上げる事はもう必要無い。悪魔の使い手だったのかも???

それにしても全てを流された人々を前にしての首相・官房長官・原子力安全委員会・安全保安院・東電・経団連会長等の話す、言葉の軽さよ!聲の悪さよ!

なんで混の人間もどきが牛耳る日本国になったのだろうか!

う~ん!!!

|

« 詩人竹内美智代 15日(金) 第623回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に8回目の参加!鹿児島弁で書いた自作詩を、広尾の宙に、解き放つ! | トップページ | 松本健一内閣官房参与か菅首相かが、言ったのか言わなかったかでは無く、何故、避難対象区域に「住めなくなる」との判断の根拠は何か?松本健一が言った真意は何か!既にもう二度と立ち入り出来ない情報を得ているのではないか! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

交通手段・鉄道・航空・船舶」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

神社・仏閣・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

薬・病院・医療・医者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51376956

この記事へのトラックバック一覧です: 何故、海上自衛隊・海上保安庁は日本海沿岸の海底を監視しないのか!海底に顕著に変化が有る筈だ!:

« 詩人竹内美智代 15日(金) 第623回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に8回目の参加!鹿児島弁で書いた自作詩を、広尾の宙に、解き放つ! | トップページ | 松本健一内閣官房参与か菅首相かが、言ったのか言わなかったかでは無く、何故、避難対象区域に「住めなくなる」との判断の根拠は何か?松本健一が言った真意は何か!既にもう二度と立ち入り出来ない情報を得ているのではないか! »