« 昨夜、古書店で、鈴木武樹著『わが夢想と戦いの日々』(風媒社刊)を見つけ、今、ウィキペディアで、鈴木武樹を調べたが、この著書は載って居ないのだ!この本が著書目録に無いのは、何故なのだろう! | トップページ | 炉内の温度は、約2000度と松浦祥二郎元原子力安全委員長が漏らした言葉に、NHK司会者は何故、突っ込む込まないのか!先日のNHKの東日本震災の特集番組の中で話だが、約200度を冷却しているのでは、無いのか! »

2011/04/12

白洲正子の夫で白洲次郎が、東海村の原子炉導入に奔走していた中心人物だとは知らなかった。何れ誰かが明らかにする事だろう!

昨夜、Amazonから待っていた本、広瀬隆著『原子炉時限爆弾』(ダイヤモンド社)が、やっと届いた。

これは誰も一読して見れば分るが、原発に対して我々は目隠しされたままだったようだ。

どうやら我々は、巨大スポンサー、東京電力に懐柔された大多数のジャーナリストもどきの文章に、騙されて来たようだ。

白洲次郎が東海村の原子炉導入に奔走した真意は、何だ!金慾?なんだろう・興味が湧くな!

本書14頁を見て、初めて知った事実だ。

|

« 昨夜、古書店で、鈴木武樹著『わが夢想と戦いの日々』(風媒社刊)を見つけ、今、ウィキペディアで、鈴木武樹を調べたが、この著書は載って居ないのだ!この本が著書目録に無いのは、何故なのだろう! | トップページ | 炉内の温度は、約2000度と松浦祥二郎元原子力安全委員長が漏らした言葉に、NHK司会者は何故、突っ込む込まないのか!先日のNHKの東日本震災の特集番組の中で話だが、約200度を冷却しているのでは、無いのか! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

薬・病院・医療・医者」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51369149

この記事へのトラックバック一覧です: 白洲正子の夫で白洲次郎が、東海村の原子炉導入に奔走していた中心人物だとは知らなかった。何れ誰かが明らかにする事だろう!:

« 昨夜、古書店で、鈴木武樹著『わが夢想と戦いの日々』(風媒社刊)を見つけ、今、ウィキペディアで、鈴木武樹を調べたが、この著書は載って居ないのだ!この本が著書目録に無いのは、何故なのだろう! | トップページ | 炉内の温度は、約2000度と松浦祥二郎元原子力安全委員長が漏らした言葉に、NHK司会者は何故、突っ込む込まないのか!先日のNHKの東日本震災の特集番組の中で話だが、約200度を冷却しているのでは、無いのか! »