« 白洲正子の夫で白洲次郎が、東海村の原子炉導入に奔走していた中心人物だとは知らなかった。何れ誰かが明らかにする事だろう! | トップページ | 今の日本の政治屋の中に、本当に日本人を救うと考える政治屋が居ないのは何故だ!今こそ「原子炉廃止法案」を提出し、この無辜な国民を救うべきではないのか!!先ずは国民から信任を得た者の務めを果たせよ! »

2011/04/12

炉内の温度は、約2000度と松浦祥二郎元原子力安全委員長が漏らした言葉に、NHK司会者は何故、突っ込む込まないのか!先日のNHKの東日本震災の特集番組の中で話だが、約200度を冷却しているのでは、無いのか!

 さり気なく約2000度と言った松浦祥二郎元委員長に対して、何の反応もしないNHKの司会者のとって、当たり前の数字なのだろうか?2000度だよ。2000度、ってどのような熱さなのか?

こんな報道番組を平気で流している日本の程度の低さか!

本当の事実を政府・東電などの関係者が、国民をだまし続けるなら、もの言わぬ原子炉が、自ら最終シナリオを描き、日本の国民を覚醒させるために、メルトダウン、水素爆発への路線を選ぶ事にならざろうえないのだ!

レベル7、と言う口調にも、何の緊張感を持ち得て居ないのは、不思議の限りだ!

これだけ余震とは言えない地震を続いているのも、日本人への覚醒を促しているのだが、未だ気がつかないのだ。

広瀬隆さんが2010年8月26日にダイヤモンド社から出された『原子炉時限爆弾』を、是非、一読される事をお勧めする。
冒頭に「本書は、この日本列島に住んでいるすべての人に「日本はあと何年、ここに人が住んでいられるだろうか」というごく簡単な問いを、尋ねるものである。」と言う一行から本書は始まるのだ。

我々が知らされて来なかった、いや戦後の原子力政策に対して、断固として、反対して来なかった多大なツケが来た、なんて簡単な物では無い!
この島の中心・東京にも人が住めなくなる、可能性も今後の展開では否定できない。

3・11から海底の変動と同じように、この水の惑星の上に住まわせて貰っているこの島の住人も急激に変化していかなければ、最終シナリオに向かうことに為るのだ。

今、稼働中の原発は全て停止させるべきなのだ!今からでも遅くないのだから!

何を隠し続けているのだ。福島第1原発の設計図は、東電にも安全保安院にも無いと言うのだ!

設計図が無くて、どう修理が出来るのか!!!

|

« 白洲正子の夫で白洲次郎が、東海村の原子炉導入に奔走していた中心人物だとは知らなかった。何れ誰かが明らかにする事だろう! | トップページ | 今の日本の政治屋の中に、本当に日本人を救うと考える政治屋が居ないのは何故だ!今こそ「原子炉廃止法案」を提出し、この無辜な国民を救うべきではないのか!!先ずは国民から信任を得た者の務めを果たせよ! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51372127

この記事へのトラックバック一覧です: 炉内の温度は、約2000度と松浦祥二郎元原子力安全委員長が漏らした言葉に、NHK司会者は何故、突っ込む込まないのか!先日のNHKの東日本震災の特集番組の中で話だが、約200度を冷却しているのでは、無いのか!:

« 白洲正子の夫で白洲次郎が、東海村の原子炉導入に奔走していた中心人物だとは知らなかった。何れ誰かが明らかにする事だろう! | トップページ | 今の日本の政治屋の中に、本当に日本人を救うと考える政治屋が居ないのは何故だ!今こそ「原子炉廃止法案」を提出し、この無辜な国民を救うべきではないのか!!先ずは国民から信任を得た者の務めを果たせよ! »