« 小出裕章さん。彫刻家流政之氏から、十数年前、銀座・和光の会場で、出逢い、いただいた言葉を贈ります。 「一つの事を続けていて、50歳を超えたらもう大丈夫だ!もう誰も潰せない!30代や40代なら潰される。処で幾つになった?」と、問われた! | トップページ | 東電の「収束工程表」は、余震や台風を考慮に入れておらず、机上の空論だ!退避している人々に対しての補償を一刻でも早くせよ!浜岡原発は何故、停止できないのか! »

2011/04/17

石牟礼道子さんの録画(4月30日「言葉を信じる」の為の映像参加)が、無事終わったと、米国の伊藤比呂美から、メールが届いた。また西荻の数寄和の岸田憲和オーナーに無理に、お願いして、5月22日第636回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に10回目の参加、決定!開演時間は14:00に!

 石牟礼道子さんの映像出演は、今回、アメリカに居るため参加できない伊藤比呂美がお願いしての参加。

これは本当に楽しみな事だ。

「言葉を信じる」


「この大震災を前にして、いま、それぞれの詩人が信じる言葉を声にする。」


日時  2011年4月30日(土) 11時開始(10時半開場)、16時終了予定

会場  日本近代文学館ホール (京王井の頭線駒場東大前駅 西口徒歩7分)

入場料 前売り3000円 当日3500円

定員  70名 (全席自由、定員を超えた場合は立見あり)


参加詩人(五十音順、敬称略、3月31日現在)

天沢退二郎、石牟礼道子(映像出演)、稲葉真弓、小池昌代、白石かずこ、高貝弘也、
高橋睦郎、たなかあきみつ、田中庸介、天童大人、田原、平田俊子、四元康祐、和合亮一


主催  「言葉を信じる」実行委員会

予約・問合せ  kotoba.20110430@gmail.com
090-4121-5239  (吉原)

 同じ板場に立つのが、どんな事か良く分かるのでは!

|

« 小出裕章さん。彫刻家流政之氏から、十数年前、銀座・和光の会場で、出逢い、いただいた言葉を贈ります。 「一つの事を続けていて、50歳を超えたらもう大丈夫だ!もう誰も潰せない!30代や40代なら潰される。処で幾つになった?」と、問われた! | トップページ | 東電の「収束工程表」は、余震や台風を考慮に入れておらず、机上の空論だ!退避している人々に対しての補償を一刻でも早くせよ!浜岡原発は何故、停止できないのか! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51411379

この記事へのトラックバック一覧です: 石牟礼道子さんの録画(4月30日「言葉を信じる」の為の映像参加)が、無事終わったと、米国の伊藤比呂美から、メールが届いた。また西荻の数寄和の岸田憲和オーナーに無理に、お願いして、5月22日第636回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に10回目の参加、決定!開演時間は14:00に!:

« 小出裕章さん。彫刻家流政之氏から、十数年前、銀座・和光の会場で、出逢い、いただいた言葉を贈ります。 「一つの事を続けていて、50歳を超えたらもう大丈夫だ!もう誰も潰せない!30代や40代なら潰される。処で幾つになった?」と、問われた! | トップページ | 東電の「収束工程表」は、余震や台風を考慮に入れておらず、机上の空論だ!退避している人々に対しての補償を一刻でも早くせよ!浜岡原発は何故、停止できないのか! »