« プロジェクトへ参加の詩人は、早急に、自身の配布するチラシを制作して、北十字舎宛に、お送り下さい!9日の第630回小樽市在住の詩人長屋のり子、京橋のギャルリー東京ユマニテから、5月は始まります! | トップページ | 常に福島原発が危機的状況が続いているのに、このゴールデンウイークのテレビの映像を見て居ると、何事も問題が無いように振舞っているが、この危機感をどうして感じないのか、不思議でならないのだ! »

2011/05/05

『隆慶一郎全集6』(新潮社刊)の421頁に「隆慶一郎とその世界」の章があり、画家の故田淵安一が「こぞの雪 いまいずこ」を書いているので、不思議に思い、三高の同級生で、仏文学者の伊吹武彦さんの教え子と知った。

 同級生の二人の一人が画家で、小説家隆慶一郎がシナリオ作家池田一朗と初めて知った。

隆慶一郎の作品を一度も、今まで読んだことが無かった。

藤沢周平の作品も、何故か1冊も読んでは居ない。読めないのだ。

池波正太郎の鬼平犯科帳は、何故か全冊、読了しているのに。

何時だったか、誰だったろうか、隆慶一郎の作品は骨太だと書いて有ったのが気に掛かって、久し振りに、目白図書館から借りた。

借りて本を読む習慣が無いので、直ぐ返却しようとして、パラパラと頁を捲って居たら、田淵安一の名前を見つけたと言う訳だ。
さて、読んでみよう!

|

« プロジェクトへ参加の詩人は、早急に、自身の配布するチラシを制作して、北十字舎宛に、お送り下さい!9日の第630回小樽市在住の詩人長屋のり子、京橋のギャルリー東京ユマニテから、5月は始まります! | トップページ | 常に福島原発が危機的状況が続いているのに、このゴールデンウイークのテレビの映像を見て居ると、何事も問題が無いように振舞っているが、この危機感をどうして感じないのか、不思議でならないのだ! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51588833

この記事へのトラックバック一覧です: 『隆慶一郎全集6』(新潮社刊)の421頁に「隆慶一郎とその世界」の章があり、画家の故田淵安一が「こぞの雪 いまいずこ」を書いているので、不思議に思い、三高の同級生で、仏文学者の伊吹武彦さんの教え子と知った。:

« プロジェクトへ参加の詩人は、早急に、自身の配布するチラシを制作して、北十字舎宛に、お送り下さい!9日の第630回小樽市在住の詩人長屋のり子、京橋のギャルリー東京ユマニテから、5月は始まります! | トップページ | 常に福島原発が危機的状況が続いているのに、このゴールデンウイークのテレビの映像を見て居ると、何事も問題が無いように振舞っているが、この危機感をどうして感じないのか、不思議でならないのだ! »