« 佐伯剛正著『一九七二年作家の肖像』(清流出版社刊)に収録された作家・詩人・評論家・思想家の中で、健在なのは、秋山駿・天沢退二郎・大岡信・岡庭昇・加賀乙彦・加藤郁乎・柄谷行人・北杜夫・黒井千次・最首 悟・坂上弘・高橋睦郎・天童大人・長崎 浩・吉増剛造・吉本隆明・李 恢成の17名。40年の歳月はかくのごとしか! | トップページ | 石狩在住の詩人・版画家でオオカミの研究者でもある大島龍が、6月5日 山形県立自然博物館20周年記念講演会「人・オオカミと出逢う」を午後1時30分から、行なうとFaxが入った。 »

2011/05/14

東京電力は、対原発戦争に、敗戦しつつあるのが、もはやはっきりしてきた。日本の無辜の民たちは冷静に考えて見よ!!今から66年前、敗戦濃厚になった日本と言う国を、助けようとした国が有ったか!これは原発戦争なのだ!敗戦した東京電力にお情けは無用!総ての資産を売り払い、無一物になり、〇から出直さ無いと、強制退去された多くの方々の理解を得られないぞ!!

 戦争に負けたために、預けて居た預金も〇に。北方領土も沖縄も取られた日本。

戦争に負ける悲哀を全日本人が感じた。その現実を66年前に、経験・体験をした筈だ。

福島原発半径20キロ圏には、もう住めないのではないか?

今回の福島原発戦争は、東京電力が福島原発を内部に温存していたが、反旗をひるがえした。

廃炉にする時期が来ているのに、慾惚けで、廃炉にせず、東京電力の持っている知力は、外部の安全神話の維持のために、精力を使い続け、原子力発電所を制御出来ないことを判断した時、遂に戦を仕掛けてみた。

東京電力に居座る得体の知れない顧問陣の報酬も、全員無報酬に、早急にするべきだ。

もし東京電力を温存などするような復興計画が出て来たら、もう日本再生は、不可能になるぞ!

|

« 佐伯剛正著『一九七二年作家の肖像』(清流出版社刊)に収録された作家・詩人・評論家・思想家の中で、健在なのは、秋山駿・天沢退二郎・大岡信・岡庭昇・加賀乙彦・加藤郁乎・柄谷行人・北杜夫・黒井千次・最首 悟・坂上弘・高橋睦郎・天童大人・長崎 浩・吉増剛造・吉本隆明・李 恢成の17名。40年の歳月はかくのごとしか! | トップページ | 石狩在住の詩人・版画家でオオカミの研究者でもある大島龍が、6月5日 山形県立自然博物館20周年記念講演会「人・オオカミと出逢う」を午後1時30分から、行なうとFaxが入った。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51665038

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力は、対原発戦争に、敗戦しつつあるのが、もはやはっきりしてきた。日本の無辜の民たちは冷静に考えて見よ!!今から66年前、敗戦濃厚になった日本と言う国を、助けようとした国が有ったか!これは原発戦争なのだ!敗戦した東京電力にお情けは無用!総ての資産を売り払い、無一物になり、〇から出直さ無いと、強制退去された多くの方々の理解を得られないぞ!!:

« 佐伯剛正著『一九七二年作家の肖像』(清流出版社刊)に収録された作家・詩人・評論家・思想家の中で、健在なのは、秋山駿・天沢退二郎・大岡信・岡庭昇・加賀乙彦・加藤郁乎・柄谷行人・北杜夫・黒井千次・最首 悟・坂上弘・高橋睦郎・天童大人・長崎 浩・吉増剛造・吉本隆明・李 恢成の17名。40年の歳月はかくのごとしか! | トップページ | 石狩在住の詩人・版画家でオオカミの研究者でもある大島龍が、6月5日 山形県立自然博物館20周年記念講演会「人・オオカミと出逢う」を午後1時30分から、行なうとFaxが入った。 »