« 昨夜の第643回の詩人・作家の稲葉真弓の聲で、新刊『半島へ』(講談社刊)を、てっきり聲に乗せられるとばかり思い込んでおりました・しかし、聲に乗せたのは詩作品「牡蠣」群などで、『半島へ』は、かすりもしませんでした。本当に申し訳ありません!稲葉真弓の次回の聲に、ご期待下さい! | トップページ | 岡田正子著『BELLA REINE SYSTEM(ベラ・レーヌ・システム)』(フランス演劇クレアシオン刊)と言う赤い本を、古書店で見つけた。文化学院の先輩だ!1948年文科卒とは全く知らなかった! »

2011/06/18

詩人の天沢退二郎さんから贈られた新詩集『アリス・アマテラス 螺旋と変奏』 (思潮社刊)の、おぼえがきを読んで、全ての作品が、プロジェクトで、聲に乗せらてから、活字にされ、1冊の詩集に作られた事を知った! 新たな世界が切り拓かれた!この詩集が最初の詩集だと言うことだ!

 この詩集のおぼえがきに、「 本書に収められた二十四篇は、主として前詩集(2009年)の編集時から約二年間、2010年十二月までに書き上げた作品で、そのうち本書刊行前に新聞雑誌等に掲載のものは六編。それらをも含めてすべて、天童大人プロデュースの自作朗読会で<未発表最新作>として口頭発表されている。」と記されている。

この詩集は、従来のように、活字化した作品を聲に乗せるのではなく、先ず、口頭発表された作品を纏めて、一冊に収めた画期的な書物だ!

日本では、初めての詩集ではないのか!!!

プロジェクトの成果が表れ始めた!

今後、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に参加された130人を超える詩人の中から、誰が、天沢退二郎に次ぐのだろうか???

|

« 昨夜の第643回の詩人・作家の稲葉真弓の聲で、新刊『半島へ』(講談社刊)を、てっきり聲に乗せられるとばかり思い込んでおりました・しかし、聲に乗せたのは詩作品「牡蠣」群などで、『半島へ』は、かすりもしませんでした。本当に申し訳ありません!稲葉真弓の次回の聲に、ご期待下さい! | トップページ | 岡田正子著『BELLA REINE SYSTEM(ベラ・レーヌ・システム)』(フランス演劇クレアシオン刊)と言う赤い本を、古書店で見つけた。文化学院の先輩だ!1948年文科卒とは全く知らなかった! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/51980583

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人の天沢退二郎さんから贈られた新詩集『アリス・アマテラス 螺旋と変奏』 (思潮社刊)の、おぼえがきを読んで、全ての作品が、プロジェクトで、聲に乗せらてから、活字にされ、1冊の詩集に作られた事を知った! 新たな世界が切り拓かれた!この詩集が最初の詩集だと言うことだ!:

« 昨夜の第643回の詩人・作家の稲葉真弓の聲で、新刊『半島へ』(講談社刊)を、てっきり聲に乗せられるとばかり思い込んでおりました・しかし、聲に乗せたのは詩作品「牡蠣」群などで、『半島へ』は、かすりもしませんでした。本当に申し訳ありません!稲葉真弓の次回の聲に、ご期待下さい! | トップページ | 岡田正子著『BELLA REINE SYSTEM(ベラ・レーヌ・システム)』(フランス演劇クレアシオン刊)と言う赤い本を、古書店で見つけた。文化学院の先輩だ!1948年文科卒とは全く知らなかった! »