« 詩人神泉薫 20日(水)第659回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、24回目の参加!銀座での初めての空間で、どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人竹内美智代 第660回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!初めて聲を撃ち込んだ広尾のギャラリー華で、改めて撃ち込み、聲ノ力を確認する竹内美智代!どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! »

2011/07/19

昨日が最終日だった「ジョセフ・クーデルカ プラハ 1968年」(恵比寿・東京都写真美術館)を、観て来た。写真はあくまで写真と話すクーデルカ!

 もし1本の電話がクーデルカに繋がって居たら、サルガドより、早く日本で知られた写真家になっていた筈だ。

これは文化村で、サルガド展が日本で初めて開催された時の秘話だ。

玄人好みの写真家と言うべきか!クーデルカは!

サルガドよりクーデルカの写真の事を知ったのは、彫刻家イヴ・ダナからだった。

良い写真家は居る?との答が、ジョセフ・クーデルカ、だと言い、直ぐにローザンヌの本屋に連れて行き、実物を見せてくれた。

そしてジャン・ジュヌーの仕事場にダナと伺った時、テーブルの上に、サルガドとクーデルカの印刷見本が置かれていた。

ジュヌーに2冊作って貰っていると言っていたサルガド夫人。

今回のプラハ1968、は本で既に読み込んでいただけに、何か平面的に見える。

展示の仕方に問題が在るのだろうか?

今回の展示は時間性だけが、問題されているが、クーデルカの本質をはっきり見させてくれている作品群を、改めて展示すべきだろう!!

|

« 詩人神泉薫 20日(水)第659回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、24回目の参加!銀座での初めての空間で、どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人竹内美智代 第660回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!初めて聲を撃ち込んだ広尾のギャラリー華で、改めて撃ち込み、聲ノ力を確認する竹内美智代!どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真家」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/52250461

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日が最終日だった「ジョセフ・クーデルカ プラハ 1968年」(恵比寿・東京都写真美術館)を、観て来た。写真はあくまで写真と話すクーデルカ!:

« 詩人神泉薫 20日(水)第659回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、24回目の参加!銀座での初めての空間で、どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! | トップページ | 詩人竹内美智代 第660回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、9回目の参加!初めて聲を撃ち込んだ広尾のギャラリー華で、改めて撃ち込み、聲ノ力を確認する竹内美智代!どんな聲を撃ち込むのか、乞うご期待! »