« 詩人天沢退二郎 13日(水)第653回「La Voix des poètes(詩人の聲)」に12回目の参加!画期的な新詩集『アリス・アマテラス 螺旋と変奏』(思潮社刊)を中心に、未発表最新作などを聲に乗せ、京橋の宙に解き放つ!乞うご期待 | トップページ | 『顔真卿大字典』(飯島太千雄編:東京美術 1985年刊)を、手に入れ、日々、眺めているが、8センチ余りのこの本は、重すぎるが、価値は十分にあるのだ。 »

2011/07/07

尾崎翠フォーラム実行委員会は、6日、尾崎の書簡3点が流出し古書店で媒介されていると発表した 都の記事が今朝の毎日新聞24面の下段に出ている。尾崎がおいの小林喬樹さん宛におくったもので、尾崎翠全集の編者の文芸評論家に手渡した8通。全集を出した筑摩書房によると、編者は「そんなことはやっていない」と、話しているという。かって、「朝日ジャーナル」でも、画家・加山又造のカットを画廊に売り、首になった新聞記者が居たことを想い出した!

 最新の「文藝家協会ニュース」にも、<受信した書簡・はがき類の処分には十分ご注意ください -流出にご遺族が困惑>の、伝達が掲載されている。

悪質な古書店の話だ。巷ではよくある話だ。

肉筆の葉書・手紙に、高値が付くようになったのは、何十年前からだろうか?

詩集、が高値で、取引され、その後に肉筆ブームが起こったのでは、なかったか。

今回の不祥事は、おいの小林さんが手渡した書簡8通の内の3点かどうかだ?

直ぐに判るだろう?

時折、有名画家のカットが古書店に纏めて出される事がある。

かっては編集者の画稿の管理が、杜撰だった。

担当の編集者が、自宅に保管している例が多々あった筈だが。

|

« 詩人天沢退二郎 13日(水)第653回「La Voix des poètes(詩人の聲)」に12回目の参加!画期的な新詩集『アリス・アマテラス 螺旋と変奏』(思潮社刊)を中心に、未発表最新作などを聲に乗せ、京橋の宙に解き放つ!乞うご期待 | トップページ | 『顔真卿大字典』(飯島太千雄編:東京美術 1985年刊)を、手に入れ、日々、眺めているが、8センチ余りのこの本は、重すぎるが、価値は十分にあるのだ。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/52142149

この記事へのトラックバック一覧です: 尾崎翠フォーラム実行委員会は、6日、尾崎の書簡3点が流出し古書店で媒介されていると発表した 都の記事が今朝の毎日新聞24面の下段に出ている。尾崎がおいの小林喬樹さん宛におくったもので、尾崎翠全集の編者の文芸評論家に手渡した8通。全集を出した筑摩書房によると、編者は「そんなことはやっていない」と、話しているという。かって、「朝日ジャーナル」でも、画家・加山又造のカットを画廊に売り、首になった新聞記者が居たことを想い出した!:

« 詩人天沢退二郎 13日(水)第653回「La Voix des poètes(詩人の聲)」に12回目の参加!画期的な新詩集『アリス・アマテラス 螺旋と変奏』(思潮社刊)を中心に、未発表最新作などを聲に乗せ、京橋の宙に解き放つ!乞うご期待 | トップページ | 『顔真卿大字典』(飯島太千雄編:東京美術 1985年刊)を、手に入れ、日々、眺めているが、8センチ余りのこの本は、重すぎるが、価値は十分にあるのだ。 »