« 10月で、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、6年目を迎えます。そこで10月3日(月)第678回有働薫の回より、入場料金・参加詩人の特典料金、30回以上参加者料金は、無くなり、51回以上に、などを改定します。既に108回参加している方が居られます。学生料金1500円(学生証提示)は、据え置きます。「肉聲」に、価値を見出す、当プロジェクトを、宜しくお願い致します。 | トップページ | 児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長の提案されている、被災地のすべての自冶体に「測定すぐやる課」と「コールセンター」の設置だ!一刻も早く行なうべき事だ! »

2011/08/09

10月13日(木)ラテン・アメリカ文学者の野谷文昭、プロジェクトに初参加決定!!ノ―ベル賞詩人パブロ・ネルーダの『マチョピチュの頂き』(書肆山田刊)を、全編、初めて聲に乗せる!ご期待!

 野谷文昭の聲を推薦した詩人・作家の稲葉真弓の言葉通り、「言葉を信じる 夏」で、初めて聲を聴いた。

聲を撃ち続けて行けば、もっと聲が伸びる、即ち聲に伸び幅があるので、二次会で、プロジェクトに御誘いしたら、書肆山田から刊行した、ノーベル文学賞詩人 パブロ・ネルーダの『マチュピチュの頂き』(書肆山田刊)全編を聲に出して見たいと言うことだったので、早速、10月にご登場願うことで、連絡がつき、10月13日(木)、ギャルリー東京ユマニテで、初参加と決まった。

これでロシア詩は たなか あきみつ

フランス詩は 有働 薫・後藤信幸・天沢退二郎 そしてラテン・アメリカ詩に 野谷文昭が加わると、今後がますます、面白くなる。

乞うご期待!

|

« 10月で、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、6年目を迎えます。そこで10月3日(月)第678回有働薫の回より、入場料金・参加詩人の特典料金、30回以上参加者料金は、無くなり、51回以上に、などを改定します。既に108回参加している方が居られます。学生料金1500円(学生証提示)は、据え置きます。「肉聲」に、価値を見出す、当プロジェクトを、宜しくお願い致します。 | トップページ | 児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長の提案されている、被災地のすべての自冶体に「測定すぐやる課」と「コールセンター」の設置だ!一刻も早く行なうべき事だ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ラテンアメリカ文学・詩」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/52432321

この記事へのトラックバック一覧です: 10月13日(木)ラテン・アメリカ文学者の野谷文昭、プロジェクトに初参加決定!!ノ―ベル賞詩人パブロ・ネルーダの『マチョピチュの頂き』(書肆山田刊)を、全編、初めて聲に乗せる!ご期待!:

« 10月で、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、6年目を迎えます。そこで10月3日(月)第678回有働薫の回より、入場料金・参加詩人の特典料金、30回以上参加者料金は、無くなり、51回以上に、などを改定します。既に108回参加している方が居られます。学生料金1500円(学生証提示)は、据え置きます。「肉聲」に、価値を見出す、当プロジェクトを、宜しくお願い致します。 | トップページ | 児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長の提案されている、被災地のすべての自冶体に「測定すぐやる課」と「コールセンター」の設置だ!一刻も早く行なうべき事だ! »