« 今日の昼過ぎ、銀座4丁目中村屋の前で、何年振りに為るだろうか、銀座の某画廊に居て、今はヨーロッパに住んでいるN女史と出逢った!母親が4月に亡く為られたとか!確か歌舞伎の中村勘三郎に、フランス語を教えた方ではなかったか!御冥福をお祈りいたします! | トップページ | 評論家の鶴見和子・鶴見俊輔の祖父が後藤新平だと、初めて『鶴見和子を語る 長女の社会学』(鶴見俊輔・金子兜太・佐々木幸綱  黒田杏子編 藤原書店 2008年刊)を、読んだ初めて知った。志賀直哉に、子どもの時から神秘的体験が有ったことも、この本を読んで初めて知った。 »

2011/08/14

ベルリンの壁が建設から崩壊までの28年間で、東から西へ逃亡を計り、撃たれるして死亡したのは2009年の調査結果で136人上がると言うが、本当だろうか?年間約4人の死亡?そんなに少ない?どんな調査をしたのだろうか?

 ベルリンの壁、全長155キロ。

壁を抜けて、東から西への道や穴を掘って、逃亡を図っていたと思うが、僅か136名?

全く、信じられない数字なのだ!

何かの間違いではないのか、この死亡数は?

この28年間で、何回、逃亡を図ろうとしたかの記録は、何処かに無いのだろうか?

桁が一ケタ違うのではないか?

この件に関して、問い合わせることの出来る友人は、残念ながら、一人も居ない。

そんな少ない数字であるわけがないだろう!!!

誰か、真実を教えて欲しい!

|

« 今日の昼過ぎ、銀座4丁目中村屋の前で、何年振りに為るだろうか、銀座の某画廊に居て、今はヨーロッパに住んでいるN女史と出逢った!母親が4月に亡く為られたとか!確か歌舞伎の中村勘三郎に、フランス語を教えた方ではなかったか!御冥福をお祈りいたします! | トップページ | 評論家の鶴見和子・鶴見俊輔の祖父が後藤新平だと、初めて『鶴見和子を語る 長女の社会学』(鶴見俊輔・金子兜太・佐々木幸綱  黒田杏子編 藤原書店 2008年刊)を、読んだ初めて知った。志賀直哉に、子どもの時から神秘的体験が有ったことも、この本を読んで初めて知った。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/52475416

この記事へのトラックバック一覧です: ベルリンの壁が建設から崩壊までの28年間で、東から西へ逃亡を計り、撃たれるして死亡したのは2009年の調査結果で136人上がると言うが、本当だろうか?年間約4人の死亡?そんなに少ない?どんな調査をしたのだろうか?:

« 今日の昼過ぎ、銀座4丁目中村屋の前で、何年振りに為るだろうか、銀座の某画廊に居て、今はヨーロッパに住んでいるN女史と出逢った!母親が4月に亡く為られたとか!確か歌舞伎の中村勘三郎に、フランス語を教えた方ではなかったか!御冥福をお祈りいたします! | トップページ | 評論家の鶴見和子・鶴見俊輔の祖父が後藤新平だと、初めて『鶴見和子を語る 長女の社会学』(鶴見俊輔・金子兜太・佐々木幸綱  黒田杏子編 藤原書店 2008年刊)を、読んだ初めて知った。志賀直哉に、子どもの時から神秘的体験が有ったことも、この本を読んで初めて知った。 »