« 児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長の提案されている、被災地のすべての自冶体に「測定すぐやる課」と「コールセンター」の設置だ!一刻も早く行なうべき事だ! | トップページ | 今日で震災後、5ヵ月経った。しかし、何がどう復興されたのか!戦後復興と震災復興と放射能物質が毎日、拡散し続けている今、現在、権力者が無私無欲に徹して、国政を動かせない者を登用し続けなければならない決まりは、現法に誤りが有ると言う事だろうか!小沢一郎に、一度、戦乱の最中ゆえに、政局を任して見れば、小沢の実力を知ることが出来るだろう!自公民、一致などふざけたことよ! »

2011/08/11

来年夏にオリンピックを控えたイギリス・ロンドンで、若者たちの暴動が続いているが、これはイギリス国内中、そしてヨーロッパ本土に飛び火し、拡大しを続けて行く・・・!誰が止めることが出来るのか?

 金融不安が続く根底に、若者たちが描いているの将来の国家像が、既に破綻をきたしたことを本能的に感じ取ってしまったのだ。

既に腐敗している英国政府。

その国家の姿が、見えて来ないのだ!女王陛下の威光も地に墜ち始めているとはいえ、全ての根源は女王陛下のに!
若者たちの存在を脅かす不安が、凶暴さを伴って駆り立てているものの実態を、推し量らないと、武力で抑えても抑えきれるものではない。
幾ら6000人の警官動員を16000人に増加をさせても問題の解決には、為らないのだ。

何時まで、16000人体制を続けれると言うのだ。

英国の移民政策に、今後、どう変化して行くのか?まあイギリスのお手並み拝見か?

ところで日本の若者たちには、暴動を起こせる力が有るかね?

一度、日本を解体しないと為らないのでは???

|

« 児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長の提案されている、被災地のすべての自冶体に「測定すぐやる課」と「コールセンター」の設置だ!一刻も早く行なうべき事だ! | トップページ | 今日で震災後、5ヵ月経った。しかし、何がどう復興されたのか!戦後復興と震災復興と放射能物質が毎日、拡散し続けている今、現在、権力者が無私無欲に徹して、国政を動かせない者を登用し続けなければならない決まりは、現法に誤りが有ると言う事だろうか!小沢一郎に、一度、戦乱の最中ゆえに、政局を任して見れば、小沢の実力を知ることが出来るだろう!自公民、一致などふざけたことよ! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/52451960

この記事へのトラックバック一覧です: 来年夏にオリンピックを控えたイギリス・ロンドンで、若者たちの暴動が続いているが、これはイギリス国内中、そしてヨーロッパ本土に飛び火し、拡大しを続けて行く・・・!誰が止めることが出来るのか?:

« 児玉龍彦東大アイソトープ総合センター長の提案されている、被災地のすべての自冶体に「測定すぐやる課」と「コールセンター」の設置だ!一刻も早く行なうべき事だ! | トップページ | 今日で震災後、5ヵ月経った。しかし、何がどう復興されたのか!戦後復興と震災復興と放射能物質が毎日、拡散し続けている今、現在、権力者が無私無欲に徹して、国政を動かせない者を登用し続けなければならない決まりは、現法に誤りが有ると言う事だろうか!小沢一郎に、一度、戦乱の最中ゆえに、政局を任して見れば、小沢の実力を知ることが出来るだろう!自公民、一致などふざけたことよ! »