« ピアニスト グレン・グールドの聲が聴けるCDが在ることをことを、不覚にも知らなかった。「グレン・グールド 演奏芸術における感覚の拡張と発展について ージョン・マックルーアとの対話ー 1968年1月」だ! | トップページ | 詩人筏丸けいこさんから16日のプロジェクト第672回の御自分の聲の会が、終わった後、思いがけないことを聴きました。4月23日の「言葉を信じる 春」で、小生が聲に乗せた詩作品「ドゴン族の神 -アンマへ」を聴いたら、涙が出て来て止まらなかったと言うのだ! »

2011/09/17

昨日、急死された詩人中村洋子さんの通夜、葬儀の日時が長女の田中いづみさんからお知らせがありましたので、お伝えいたします。尚、30日予定の第677回は詩人中村洋子の志を記し、欠番と致しますので、ご了承ください!

 詩人中村洋子さんの通夜 9月19日(月)18時~

              葬儀9月20日(火)11時~12時


場所 セレモ稲毛駅ホーム 〒263-0031 千葉市稲毛区稲毛東4-10-7

           ℡043-244-444 Fax043-244-4420


今朝、詩人の竹内美智代さん、根本明氏からも連絡の電話を頂きました。有難うございます!

9月30日に予定しておりました第677回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の中村洋子は、本人の急逝により、中止致します。
詩人中村洋子は、プロジェクトに初めて参加して以来、聲での表現にも意欲的で、11日、西荻窪:数寄和で開催された詩人高橋睦郎の聲の会にも、姿を見せられました。
その時、不足した30日の案内チラシを受け取りました。

本当に、返す返すも残念です!

第677回は、詩人中村洋子の志を記し、欠番に致しますので、御了解下さい!

|

« ピアニスト グレン・グールドの聲が聴けるCDが在ることをことを、不覚にも知らなかった。「グレン・グールド 演奏芸術における感覚の拡張と発展について ージョン・マックルーアとの対話ー 1968年1月」だ! | トップページ | 詩人筏丸けいこさんから16日のプロジェクト第672回の御自分の聲の会が、終わった後、思いがけないことを聴きました。4月23日の「言葉を信じる 春」で、小生が聲に乗せた詩作品「ドゴン族の神 -アンマへ」を聴いたら、涙が出て来て止まらなかったと言うのだ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/52755965

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、急死された詩人中村洋子さんの通夜、葬儀の日時が長女の田中いづみさんからお知らせがありましたので、お伝えいたします。尚、30日予定の第677回は詩人中村洋子の志を記し、欠番と致しますので、ご了承ください!:

« ピアニスト グレン・グールドの聲が聴けるCDが在ることをことを、不覚にも知らなかった。「グレン・グールド 演奏芸術における感覚の拡張と発展について ージョン・マックルーアとの対話ー 1968年1月」だ! | トップページ | 詩人筏丸けいこさんから16日のプロジェクト第672回の御自分の聲の会が、終わった後、思いがけないことを聴きました。4月23日の「言葉を信じる 春」で、小生が聲に乗せた詩作品「ドゴン族の神 -アンマへ」を聴いたら、涙が出て来て止まらなかったと言うのだ! »