« 「収束未だ見えず 福島第1原発事故」と題した今朝の毎日新聞16・17面は、必読!!特に小出裕章助教インタービュー記事は、全国民必読!「私たちは人類史上、遭遇したことがない事態をむかえている。」との小出助教の言葉は、今一度噛みしめて見る必要がある! | トップページ | ロシアのピアニスト、スタニスラフ・ブーニンがロシアの作家パステルナークの家に、3年間、住んだことが在るという話を、知人から教わって、早速、『カーテンコールのあとで』(主婦と生活社刊)を探して、読んでみたた。 »

2011/09/10

9・11! 昨年の9・11は新潟で「詩人の夜」を海岸傍で開催し、クリスタル・スインキングボールを鳴らしていて、音を振り切って割ってしまった。実はドラゴンの卵から、一頭のドランゴンが、この世に生まれた記念すべき日だった!

 クリスタル・スインキングボールが割れるという話は、一度も聞いたことが無かった。

会場で横になり、波音と共にクリスタル・スインキングボールの波動を聞いていた参加者たちの中央に置かれた5個の内の一個が、破片が飛び散ること無くクラッシュしたのだ。

破片が参加者に飛び散り、刺さることを、最初に懸念したが、幸いな事に誰も怪我は無かったのは、幸いだった。

この時、ドラゴンの子がこの世に生れ出て来たことは、知らなかった。

何故分かったかと言うと、ヴィジョンを見られる方が居て、クリスタル・スインキングボールが割れたときに、ドラゴンの子を生まれで来たというのだ。

その子は、今何処に?それは教えられません。育児期間ですから。

未だ1歳ですから、何も出来ませんだ、将来が、楽しみです。

今、日本列島の周りの海底は、幅広い火の道が出来ていて、どんどん海底地震で、日本列島を削り続けています。

もともと地震の多い国土で、山の国ですから、平地で、工業国では有りません。

石油の出ない無い国で、自動車を作って、世界一を目指すなど、お笑い草です。

石油が無ければ、ただの粗大ゴミです!

原点に戻らなければ、日本の復興、再興など夢物語になります。

放射能物質の拡散は、未だ収束して居ません。何時、収束するのか、今もって誰にも分らないのは、正に現代のミステリーです!

間もなく、海底に潜んでいるドラゴンを、動かさなくてはなりません。

今後の日本は、過去の経験を活かした想像力の活用でしょう!
 
1歳のドラゴンに祝福を!!!

|

« 「収束未だ見えず 福島第1原発事故」と題した今朝の毎日新聞16・17面は、必読!!特に小出裕章助教インタービュー記事は、全国民必読!「私たちは人類史上、遭遇したことがない事態をむかえている。」との小出助教の言葉は、今一度噛みしめて見る必要がある! | トップページ | ロシアのピアニスト、スタニスラフ・ブーニンがロシアの作家パステルナークの家に、3年間、住んだことが在るという話を、知人から教わって、早速、『カーテンコールのあとで』(主婦と生活社刊)を探して、読んでみたた。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

マグマ 火山 休火山 噴火」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

宇宙・人工衛星・ミサイル」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気学・易学・風水・占星術・手相・印相学」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

薬・病院・医療・医者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/52695282

この記事へのトラックバック一覧です: 9・11! 昨年の9・11は新潟で「詩人の夜」を海岸傍で開催し、クリスタル・スインキングボールを鳴らしていて、音を振り切って割ってしまった。実はドラゴンの卵から、一頭のドランゴンが、この世に生まれた記念すべき日だった!:

« 「収束未だ見えず 福島第1原発事故」と題した今朝の毎日新聞16・17面は、必読!!特に小出裕章助教インタービュー記事は、全国民必読!「私たちは人類史上、遭遇したことがない事態をむかえている。」との小出助教の言葉は、今一度噛みしめて見る必要がある! | トップページ | ロシアのピアニスト、スタニスラフ・ブーニンがロシアの作家パステルナークの家に、3年間、住んだことが在るという話を、知人から教わって、早速、『カーテンコールのあとで』(主婦と生活社刊)を探して、読んでみたた。 »