« これから聲を合わせる池澤夏樹、伊藤比呂美、稲葉真弓、白石かずこ、高橋睦郎、天童大人、どんな聲のハーモニーが醸し出されるのか!乞うご期待!午後1時から、駒場の日本近代文学館ホールで!これぞ本当の一期一瞬の一会よ!!!! | トップページ | AMDA代表の菅沼茂さんの講演を、昨日、名古屋のNPO法人先端医療推進機構主催の「第一回国際シンポジウム Communication Techniques ~医療における多文化共生に向けて~」で初めて聴いた。学ぶことの多い、刺激的な講演だった。二次会で、自作詩を2編、聲に乗せた後に、尺八の海童道の音に似ていると、指摘されたのには、驚いた。何れ何処かで、競演することを約して、別れた »

2011/10/24

昨日の日経新聞の朝刊の文化欄に、詩人の高橋睦郎さんが、エセイ「何処へ」を書かれて居て、去る9月11日の数寄和でのプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」のことを書かれている。それが新刊の詩集『何処へ』(書肆山田刊)への、道行と繋がって行く、お手並みは見事と言うほかない!

 過日、詩人の高橋さんから、プロジェクトは、何時からですか?との電話が有り、2006年10月14日からと、答えると、実はと言い、昨夜の日経の文化欄に掲載されたエセイを読んで聴かせてくれた。

今、それを掲載された新聞を見ると、テキストと肉聲との差異に気づかされるのだ。

そして、名古屋で、詩を二編、聲に乗せて戻ってくると、著者代送として、新詩集『何処へ』(書肆山田)が届いていた。
こうなると何か立体的になって来た。

書き手の声で、生原稿を聴き、活字でも読む。

正に「耳のコトバ」と「目の言葉」なのだ。

次回の詩人高橋睦郎の参加するプロジェクト「詩人の聲」は、第703回、12月28日、京橋のギャルリー東京ユマニテで開催されます。

初期の作品を初めて聲に乗せられますので。今年度、最後のプロジェクト公演です。

是非 奮ってご参加ください! 

|

« これから聲を合わせる池澤夏樹、伊藤比呂美、稲葉真弓、白石かずこ、高橋睦郎、天童大人、どんな聲のハーモニーが醸し出されるのか!乞うご期待!午後1時から、駒場の日本近代文学館ホールで!これぞ本当の一期一瞬の一会よ!!!! | トップページ | AMDA代表の菅沼茂さんの講演を、昨日、名古屋のNPO法人先端医療推進機構主催の「第一回国際シンポジウム Communication Techniques ~医療における多文化共生に向けて~」で初めて聴いた。学ぶことの多い、刺激的な講演だった。二次会で、自作詩を2編、聲に乗せた後に、尺八の海童道の音に似ていると、指摘されたのには、驚いた。何れ何処かで、競演することを約して、別れた »

Poetry Voice Circuit」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

作家」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/53068959

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の日経新聞の朝刊の文化欄に、詩人の高橋睦郎さんが、エセイ「何処へ」を書かれて居て、去る9月11日の数寄和でのプロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」のことを書かれている。それが新刊の詩集『何処へ』(書肆山田刊)への、道行と繋がって行く、お手並みは見事と言うほかない!:

« これから聲を合わせる池澤夏樹、伊藤比呂美、稲葉真弓、白石かずこ、高橋睦郎、天童大人、どんな聲のハーモニーが醸し出されるのか!乞うご期待!午後1時から、駒場の日本近代文学館ホールで!これぞ本当の一期一瞬の一会よ!!!! | トップページ | AMDA代表の菅沼茂さんの講演を、昨日、名古屋のNPO法人先端医療推進機構主催の「第一回国際シンポジウム Communication Techniques ~医療における多文化共生に向けて~」で初めて聴いた。学ぶことの多い、刺激的な講演だった。二次会で、自作詩を2編、聲に乗せた後に、尺八の海童道の音に似ていると、指摘されたのには、驚いた。何れ何処かで、競演することを約して、別れた »