« 大道芸人、ギリヤーク尼ヶ崎の踊りを、久し振りに、東京、西新宿三井ビル55ひろばで!天気も晴れ、大勢のお客で良かったね、ギリヤークさん!是非、8年後の88歳で50周年記念公演を、実現させて下さい! | トップページ | 本当に3・11の大震災以後、7ヵ月も経ったのか?それでも未だ放射能拡散は続いていて、何時収束出来るか分らないまま、海外に原発を輸出しようとしているとは、言語道断だ!震災復興など、ただの御題目みたいなもので、絵に描いた餅でしか無い!高濃度の汚染水を放出し続けている東電、見逃している日本政府!もう海洋汚染テロ国家の称号は、消せないのかもしれない! »

2011/10/11

詩人禿慶子 19日(水)第687回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、7回目の参加!聲が出始めた詩人禿慶子!今回は、どんな聲を広尾の宙に、撃ち込むのか!乞うご期待!

  天童大人プロデュース

  ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

詩人禿慶子 7回目の参加!
このプロジェクトに参加して、早いもので7回目に為る禿慶子。
少しづつ聲が出始めてきている詩人禿慶子の聲!
10回目までは、ただひたすらに聲を撃ち込むだけで良いのだ、と伝えて置いた!

それさえも出来ない詩人が多いのだ。
聲は誰もが出ると思い込んでいるが、そう簡単ではない。聲が出ている詩人は、今の日本には数えるほどしか居ない。と言って、ただ手を拱いて、見過ごして居る訳にはいかないのだ。
このプロジェクトに参加して10回目に達する頃には、殆どの参加詩人は、聲が立ち始める!

聲の先達詩人白石かずこに続く、詩人が続々出て来なければ、この国の現代の詩は、拡がりを持ち得ないのだ!
だから詩人禿慶子には、もっと聲を撃ち込んで貰いたいのだ!
さてこの7回目!

どんな聲を撃ち込んで、くれるのか!乞うご期待!

予約・お問い合わせ

開場 18:30 開演19:00

ギャラリー華:℡&Fax03-3442-4584

北十字舎 ℡03-5982-1834

     Fax03-5982-1797

|

« 大道芸人、ギリヤーク尼ヶ崎の踊りを、久し振りに、東京、西新宿三井ビル55ひろばで!天気も晴れ、大勢のお客で良かったね、ギリヤークさん!是非、8年後の88歳で50周年記念公演を、実現させて下さい! | トップページ | 本当に3・11の大震災以後、7ヵ月も経ったのか?それでも未だ放射能拡散は続いていて、何時収束出来るか分らないまま、海外に原発を輸出しようとしているとは、言語道断だ!震災復興など、ただの御題目みたいなもので、絵に描いた餅でしか無い!高濃度の汚染水を放出し続けている東電、見逃している日本政府!もう海洋汚染テロ国家の称号は、消せないのかもしれない! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/52963039

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人禿慶子 19日(水)第687回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、7回目の参加!聲が出始めた詩人禿慶子!今回は、どんな聲を広尾の宙に、撃ち込むのか!乞うご期待!:

« 大道芸人、ギリヤーク尼ヶ崎の踊りを、久し振りに、東京、西新宿三井ビル55ひろばで!天気も晴れ、大勢のお客で良かったね、ギリヤークさん!是非、8年後の88歳で50周年記念公演を、実現させて下さい! | トップページ | 本当に3・11の大震災以後、7ヵ月も経ったのか?それでも未だ放射能拡散は続いていて、何時収束出来るか分らないまま、海外に原発を輸出しようとしているとは、言語道断だ!震災復興など、ただの御題目みたいなもので、絵に描いた餅でしか無い!高濃度の汚染水を放出し続けている東電、見逃している日本政府!もう海洋汚染テロ国家の称号は、消せないのかもしれない! »