« アフリカ・ケニアのキリマンジャロの麓で、真っ白い象の子どもが、歩いているという!映像を見たがとても可愛いのだ。仲間外れにされなければ良いのだが・・・・! | トップページ | 昨夜の野谷文昭(ラテンアメリカ文学研究者・翻訳家)、メキシコのノーベル賞詩人オクタビオ・パスの作品を、聲に乗せる会は、本人が本格的な風邪だと、言う割には、前回よりも聲に艶があり、届いていた。今後の聲の伸びしろがどう変化するか、楽しみな翻訳家だの出現だ! »

2011/12/27

昨夜の第701回は、あっという間に終わりました。未だまだ聲が、出し足りない不思議な感覚です。初めて聴かれる方が多くて、楽しかったです。御参加下さった方が、本当に有難う、ございます。今後とも宜しく、御願い致します!!

 あっと言う間に終わってしまった、感じだ。

1時間15分、早いね。

22日の伊藤比呂美の聲での第700回が終わって、気分は、ホッとしたのかもしれないが、躰は聲を出したがっていた。

武器を取り替えて、初めての声出し。

やはりギャルリー東京ユマニテの場は、とても暖かくなっていて、聲が出しやすくなっている。

この場に立ってヒト聲出した経験が有れば、直ぐに分かることなのだが。

昨夜は、友人のパテシェの方が来られていて、「あの聲で、シェクスピアを聴いてみたい」とことづかった旨、連絡を貰った。

シェクスピアか!

今夜は、ラテン・アメリカ文学の野谷文昭、明後日の詩人高橋睦郎の聲で今年のプロジェクトは終わる。

来年には、800回に達する。聲は絶え間なく進化する。いやさせなくてはならないのだ。

|

« アフリカ・ケニアのキリマンジャロの麓で、真っ白い象の子どもが、歩いているという!映像を見たがとても可愛いのだ。仲間外れにされなければ良いのだが・・・・! | トップページ | 昨夜の野谷文昭(ラテンアメリカ文学研究者・翻訳家)、メキシコのノーベル賞詩人オクタビオ・パスの作品を、聲に乗せる会は、本人が本格的な風邪だと、言う割には、前回よりも聲に艶があり、届いていた。今後の聲の伸びしろがどう変化するか、楽しみな翻訳家だの出現だ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アメリカ文学 アメリカ詩」カテゴリの記事

イギリス文学・イギリス現代詩・イギリス現代詩人」カテゴリの記事

イタリア詩・イタリア文学・イタリア映画」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

フランス詩・フランス文学」カテゴリの記事

ラテンアメリカ文学・詩」カテゴリの記事

ロシア文学・ロシア詩」カテゴリの記事

人材・才能」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/53581879

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の第701回は、あっという間に終わりました。未だまだ聲が、出し足りない不思議な感覚です。初めて聴かれる方が多くて、楽しかったです。御参加下さった方が、本当に有難う、ございます。今後とも宜しく、御願い致します!!:

« アフリカ・ケニアのキリマンジャロの麓で、真っ白い象の子どもが、歩いているという!映像を見たがとても可愛いのだ。仲間外れにされなければ良いのだが・・・・! | トップページ | 昨夜の野谷文昭(ラテンアメリカ文学研究者・翻訳家)、メキシコのノーベル賞詩人オクタビオ・パスの作品を、聲に乗せる会は、本人が本格的な風邪だと、言う割には、前回よりも聲に艶があり、届いていた。今後の聲の伸びしろがどう変化するか、楽しみな翻訳家だの出現だ! »