« 六本木、児嶋画廊に久方振りに、訪れて見た。制作中の『児嶋善三郎画集』(カタログゼロネ)は、2012年2月には、完成しそうだという。良いお話だ。画家児嶋善三郎も、良いお孫さんを持たれたものだ! | トップページ | 22日,米国から帰国した詩人伊藤比呂美の聲で、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、第700回を実数で迎える。簡単に700回と言うが、1年11ヵ月、毎日、日本の詩人が自作詩を聲に乗せて、東京の街に、撃ち込んだことになる!同時開催で、若い写真家吉原洋一の初めての写真展「詩人・声・肖像」の開催!是非、日本の詩人の姿を、ご覧いただきたい! »

2011/12/20

何処に向かう途中の列車だったのか?誰が居た客室の中での死なのか?金正日総書記は急性心筋梗塞を起こし「激しい心臓ショク」を併発させた、そうだ。暗殺?軍のクーデター?最後に立ち会ったのは誰か?正確な死亡日時は、いつなのか?何故?が、余りにも多すぎるのだ!情報世界とは言いながら、何も分からない隣国。北朝鮮の情報は手探りとは?!

 あっけない不可解な死だ。移動中の列車と言う見質の中での出来事は、今後の北朝鮮の動きで、読み解くことが出来るだろう。

早い死だった。列車の中だから、隠すに隠せなかったか?或いは、列車での移動を待っていた勢力が、有ったか?

誰が、今後、北朝鮮の核を、手中に握るのか?握った者が、次期北朝鮮の真の権力者になるだろう。

今後の軍部の動きを刮目しなくてはならない。

日本の日本海側の警戒も怠らなく、見張らなくてはならないだろう!

小型船での脱北者たちが、増大する可能性が高いが、海上保安庁の巡視艇の数が、少なすぎる。

大丈夫かね、この既に、消えている日本は!

何処かに本物の政治家は、居ないのか!!!

|

« 六本木、児嶋画廊に久方振りに、訪れて見た。制作中の『児嶋善三郎画集』(カタログゼロネ)は、2012年2月には、完成しそうだという。良いお話だ。画家児嶋善三郎も、良いお孫さんを持たれたものだ! | トップページ | 22日,米国から帰国した詩人伊藤比呂美の聲で、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、第700回を実数で迎える。簡単に700回と言うが、1年11ヵ月、毎日、日本の詩人が自作詩を聲に乗せて、東京の街に、撃ち込んだことになる!同時開催で、若い写真家吉原洋一の初めての写真展「詩人・声・肖像」の開催!是非、日本の詩人の姿を、ご覧いただきたい! »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

サイクロン・地震・台風」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

内閣・官僚・国家公務員」カテゴリの記事

原子力発電所」カテゴリの記事

原子力関係」カテゴリの記事

天気予報・気象情報」カテゴリの記事

宇宙・人工衛星・ミサイル」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気学・易学・風水・占星術・手相・印相学」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

独裁者・亡命」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

UPRISING 革命」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/53526874

この記事へのトラックバック一覧です: 何処に向かう途中の列車だったのか?誰が居た客室の中での死なのか?金正日総書記は急性心筋梗塞を起こし「激しい心臓ショク」を併発させた、そうだ。暗殺?軍のクーデター?最後に立ち会ったのは誰か?正確な死亡日時は、いつなのか?何故?が、余りにも多すぎるのだ!情報世界とは言いながら、何も分からない隣国。北朝鮮の情報は手探りとは?!:

« 六本木、児嶋画廊に久方振りに、訪れて見た。制作中の『児嶋善三郎画集』(カタログゼロネ)は、2012年2月には、完成しそうだという。良いお話だ。画家児嶋善三郎も、良いお孫さんを持たれたものだ! | トップページ | 22日,米国から帰国した詩人伊藤比呂美の聲で、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」は、第700回を実数で迎える。簡単に700回と言うが、1年11ヵ月、毎日、日本の詩人が自作詩を聲に乗せて、東京の街に、撃ち込んだことになる!同時開催で、若い写真家吉原洋一の初めての写真展「詩人・声・肖像」の開催!是非、日本の詩人の姿を、ご覧いただきたい! »