« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年1月9日 - 2011年1月15日 »

2011/01/08

生後、二日目の写真が親しい友人が送ってきた。私の字作品『黄道日』を買われたイギリス人ジョアンナの二人目の子だが、私ははじめっから女の子と言っていた。髪はふさふさ、まつ毛もある。しっかりした顔立ちなのに驚く!タイ・バンコックからの送信だ!

 生後、二日目でこんなにしっかりとしているのか、赤ん坊って、思うくらいに、目鼻立ちがしっかりしているのだよ!!

久しぶりに寝ている赤ん坊の写真に、何故か新鮮さを感じるのだ。

男の子だと言われていて、女の子と言ったのは私一人らしい。

タイには行くことがないし、この女の子に会えるのは数年先か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/07

今年、スイスで1月26日~30日に開催されるダボス会議に、菅首相が出席への意欲をしましたと今朝の毎日新聞に出て居た。話せない人間がこの会議に出ても国益を損なうだけ。無駄遣い、でしか無い!

 ダボス会議で通訳を連れて行って、何をす話すつもりなのか。そんな世界の要人は誰も居ないだろう!
もしどうしても行くなら菅直人の私費で行く事だ。

国費で、専用機を使って参加など、とんでもない無駄使いだ。
曰く因縁のダボス会議に、話せない菅直人が出席して日本国民に何の益があるのか!無能を曝け出すことで、国威はどんどん低下していくよ!
誘ったダボス会議の共同議長を務める小島順彦三菱商事会長も、何故、参加を勧めるのか?

もし菅首相が、参加した時、誰が高額の参加費を出すのか?国費か?内閣官房機密費からか???

どう為るのか、刮目して見守ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/06

新潟、ルル・テンでの 天童大人 クリスタル・スィングボウルを浴びる会は、22日(土)に第41回、23日(日)に第42回、第43回の2回、24日(月)第44回が開催されます。参加希望者は新潟、ルル・テンまでご連絡下さい。

 一昨年の秋からで、40回を超えての開催に為ります。

2月は寒いのでお休みに成りますので、今回、是非、浴びて躰を休めて下さい。

混乱の2011年を乗り切るためにも!

お問い合わせは下記まで。

Lulu・Ten
Tel&Fax 025-210-6800
Maile: lulku_ten@yahoo.co.jp

Blog:http://lulutenblog117.fc.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人左川ちか、山中富美子の次世代に詩人沢窗子が居たことを、『沢窗子詩集』(2009年刊)を読んで分かった。

 最近刊行された新版『左川ちか全詩集』、『山中富美子詩抄』(共に森開社版)を読み続け、沢渡梢さんから贈られた『沢窗子詩集』を読んで、同じモダニズムの流れに加わる詩人が居たことを改めて知る。

1915年生まれの沢窗子の22歳~26歳まで、即ち1937年~1941年までに書かれた作品群だ。

沢窗子さんは、詩集の跋に詩人高橋睦郎が書いて居るのを引用すれば、「坂窗子さんは僕の旧い友人兄妹、沢渡朔君・隆君・梢さんの母敏子さんの、若い日のペーンネームだ。」 とある。

この詩集の編集発行人は子供達、だ。

お洒落だね、この91頁の小型で、非売品の詩集『沢窗子詩集』は!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/05

アメリカのアーカンソー州で、大晦日の深夜 空から胸にダメージを受けたハゴロモカラスが5000羽墜ちて来たという!他にも二、三か所で大量の鳥が空から墜ちて来たと言うのだ!摩訶不思議な話だ!

 秘密兵器の実験ではなかろうかと、勘ぐりたくなる出来事だ!

5000羽の鳥が胸に、ダメージを受けて、空から墜ちて来たとは、摩訶不思議な事だ!

レザー光線の秘密兵器の実験では、なかろうか?

二、三か所で、同時に行うことで、憶測を広げる積りでは?

誰の仕業だろうか?

未だまだ謎に満ちた宇宙だこと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメイカのアーカンソー州で、大晦日の深夜 空から胸にダメージを受けたハゴロモカラスが5000羽落ちて来たという!他にも二、三か所で大量の鳥が空から落ちて来たと言うのだ!

 秘密兵器の実験ではなかろうかと、勘ぐりたくなる出来事だ!

5000羽の鳥が胸に、ダメージを受けて、空から墜ちて来たとは、摩訶不思議な事だ!

レザー光線の秘密兵器の実験では、なかろうか?

二、三か所で、同時に行うことで、憶測を広げる積りでは?

誰の仕業だろうか?

未だまだ謎に満ちた宇宙だこと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の球界には王貞治と言う偉大な人間が居る事を、イチローのメッセージから分る。では各分野、各界での偉大な人間は誰なのか?居るのか、誰も居ないのか?

 「球道 王貞治の野球人生」 今朝の毎日新聞18面に掲載されている文章を読むと、王貞治が偉大な人間だと言うことが伝わってくる。

 ここに間違いのない本当の人間が一人居た。


では各界での偉大な人間は誰なのだろうか?もし選出できるとすれば誰だろうか?

虚名では無い、現代の生身の人間だよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年1月9日 - 2011年1月15日 »