« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »

2011/05/28

フランスの新聞に、G8でフランス・ドービルを散策する各首脳の写真が掲載されたが、日本の首相菅直人は、クレジットには名前があるが足だけしか写って居ない、と昨日、ヨーロッパから帰国した友人が教えてくれた。今の日本の実情を、現わしている話ではないか!

 日本の新聞では、オバマの横を歩いている写真が新聞には、掲載されていたが、フランスでは姿が無く、足だけとは、今の日本だね。本当に。
 
何時まで菅直人は首相を続ける気でいるのか?もう死に体ではないか。

空気が読めないだけでは、もう無理なのだよ!

無私の精神の一片のかけらも無い。 歴史的評価など、口に出すのもおこがまし事!

内閣不信任案を早急に可決し、政局を復興と従来の政局とを区分けして進めれば良いことだ。

もう菅直人の声を聴くのも嫌になった。精神が何処に在るかと言った形体も、もう不愉快!

時間が足りなく為るぞ。

足しか映らない写真しか掲載しないフランスの新聞の見識か!

かってブッシュの犬と小泉純一郎の事を言ったのもフランスの新聞だった。

エスプリが匂う国かな?しかし、原発処理を上手く売りつけたね、アルバ社は。商売上手だね、フランスは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/27

6月2日(木) 第22回 -聲ノ奉納ー 天童大人 UNIVERSAL VOICE公演 -長崎県・対馬 in 和多都美神社・海中の一の鳥居!午後2時31分開始!

第22回 -聲ノ奉納―
  天童 大人 UNIVERSAL VOICE®公演
―長崎県・対馬in 和多都美神社 - 

   2011年6月2日(木)新月の日 14時31分開始
   豊玉町・和多都美神社、海中の一の鳥居から、怒り続けるこの危うい水の惑星に向かって、聲を撃ち込む!!!


「辺境の島、対馬が危ない!」と、最近叫ばれ、注目されている長崎県・対馬。
1983年、秋。
対馬・和多都美神社の干潮時の一の鳥居に立ち、聲を発し、「古代の聲の道」を発見。

その後、1990年から、毎年、5月か6月の新月の日に、「聲ノ奉納」を行ない続けてきて今年で22年目。

この古代の聖地から密かにこの危うい水の惑星の平和を願い、併せて五年前からは、嘗て元寇の戦さでこの島に攻め入って、亡くなった異国の無辜の民人たちの御霊を弔う為にも、聲を撃ちこみ刻み続けて参りました。

この聖なる天然の劇場、対馬・和多都美神社での「聲ノ奉納」を、この機会に、貴方も人間の「魂ノ力」を聲で感じる「天童大人UNIVERSAL VOICE®-聲ノ奉納―」公演に、一度、直に触れてみませんか。


問い合せ先
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
Tendo Taijin Bureau / 北十字舎
UNIVERSAL VOICE®
               天童 大人
Tel:03-5982-1834: Fax:03-5982-1797
            Mobil:090-3696-7098(au) E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
             URL:http://universalvoice/air

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石狩在住の詩人・版画家大島龍、6月8日(水)に、第638回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、3回目の参加!京橋の宙にオオカミの聲をうちだすか!乞うご期待!

    天童大人プロデュース

ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

石狩在住の版画家で詩人の大島龍

6月1日から7月31日まで、山形県立自然博物園・ネイチャーセンター内月山・ブナの森芸術館で、大島龍「狼の世界」版画展が開催される。

また6月5日(日)の午後1時半から自然博物園ネイチャーセンターで、「人・オオカミと出逢う/神話とオオカミ」の講演も予定している。

さてプロジェクトに3回目の参加!

北の聲を充分に、ご堪能下さい。

予約

ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305
           Fax03-3562-1305

北十字舎 ℡03-5982-1834

     Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女優夏目雅子が亡くなってもう26年も経つのだ!そして俳号が、海童、と初めて知ったのは、昨夜、里文出版の安藤秀幸社主から頂いた、『光芒ー夭折の天才たち』(加藤建亜・井谷義恵共著 里文出版刊)の夏目雅子の項を読んでだった。

 海童、という赤い瓶に入った焼酎も有った。 それにしても女優夏目雅子が、俳号を持ち俳句を読んでいたことは全く、知らなかった。

  あの人を 鳥引く群れが 連れて行く 海童

  結婚は 夢の続きや ひな祭り      海童

 間断の 音なき空に 星花火       海童

この星花火は、夏目雅子の造語とか。金子兜太氏が「この人は思っていることを映像化する力、イメージする力を持っている。原語感覚が鋭いというか、表現力がある」と評されているが、もっと海童作の俳句を読みたくなった。

 27歳で亡くなっている、女優夏目雅子。そして既に亡くなって26年。

まだ記憶に夏目雅子は、今でも鮮明に残っているのだ。不思議だね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/26

プロジェクトの2009年6・7月の不明の日程の件ですが、詩人の神泉薫他からの連絡で、問題は無事に解決しました。有難うございます。

 いや1回、1回打ちだして行くと、流石に凄い事に気がつきます。

このプロジェクトに参加して、参加回数が10回を超えて初めて、本当の聲を出すスタートラインに立つようです。

聲、は本当に不思議で、面白い。

手抜きをしては、次の聲が出て来ないのだ。

アギレラのステージをDVDを、購入して確かめて見た。

いや、聲が出て居ること!

これでは何でも歌える。羨ましい位だ。

是非 アマゾンで、DVD「STRIPPED LIVEINTHE U K」を見て、楽しんで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/25

プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に,今まで参加された詩人たちにお願が有ります。2009年6月・7月(第338回~374回)に参加された詩人は、お手数ですが、回数・日時・画廊名・御自分の参加回数を、北十字舎までお教え下さい!この6月・7月分の日程分が見当たらず、困っていますので、宜しく、御協力下さい!

 記録を残すために資料を作成しているのだが、どうし訳か2009年6月・7月分の記録が出て来ないのだ。

何処に消えたのか、良く分から居のだが、この2ヵ月分が欠けては、参加詩人に申し訳が無い。

一つ宜しく、御協力下さい。

Faxha03-5982-1834,までにお送り下さい。

宜しく、お願い致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の日本の島国状態を知るには、「東日本震災特設サイト」を検索し、震災リポートマップをクリックして、日本列島を拡大して、見てご覧!列島に沿って太平洋岸が鋭く抉られているのが分かる!海底地震が続いて行けば、地盤が緩み、日本の太平洋側の海岸線が消えていく可能性があることに気がつく!日本が地図から消えて行くことは、夢物語ではない、危険に満ちている島国だ!

 このグーグルマップを拡大して行くと、世界中の街並み、いや家まではっきり分る優れものだった。

しかし、この地図で、日本列島の大西洋側をなぞると龍形の形をした島・日本に沿うように深く抉れた大西洋側の深い断層を、見ることが出来る。

背筋が寒くなる。

こんな危う地形の上に日本が在ったことに改めて気付かせてくれたのだ。

この危うい水の惑星が、人間たちに対して挑戦して来ている。

既に人間を地震・台風・津波・竜巻などで間引きし始めている。

小賢しい人間の知恵など、全く無視!

恐ろしい時代が訪れつつある。

昨日のアメリカ・ミズリー州での竜巻は、アメリカ気象史上最悪の竜巻で122人が亡くなっただけでは無い。

多くの損害を与えた。

竜巻の爪後は、まさに東日本大震災の跡のように見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英国の詩人 W・B・イエ―ツの聲で詩集『薔薇』より、「湖島イニスフリィ」を聴いた。重みのある良い聲だ!今、書庫から『幻想録』(パシフィカ刊)を、引きだして来て開いて見ると、「エズラ・パウンドにあてて」の巻頭に30ページ余りのエセイがあるので、驚いた!

 CD[Now And In Time ToBe]でイエイツの聲を、初めて聴く事が出来た。

良い聲だね、彼の聲は!是非 一度お聴きください。

あの聲の持ち主が、この『幻想録』の文章を書いたのだ。

暫く足元に積み重ねっていた『幻想録』。

イェイツ自身が言う霊的指導者とは、誰の事を指すのだろうか?

面白い本を見つけたものだが、もともとイエイツには、霊的能力が備わっていたに違いない。


これからじっくり『幻想録』を繙とくことにしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/24

昨夜の詩人たなかあきみつの聲で、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」5月公演は無事に終わりました。御参加、有難うございました。6月の公演は6月8日(水) 石狩在住の版画家で詩人の大島龍のギャルリー東京ユマニテでから、第638回から始まります。近く、6月・7月の公演予定をお知らせします。乞うご期待!

 昨夜の詩人たなかあきみつは、ノーベル文学賞詩人 ヨシフ・ブロツキイの選詩集を制作する為に、先ず『ラグーナ ほか』(群像社刊 頒価1000円)を制作し、聲に乗せた。

たなかあきみつの聲は、野太く、力強くロシア語の原詩で聲に乗せられると、ヨシフ・ブロツキイの世界が、会場に拡がるのだ。

これも聲を出し続けて来たから、聲が出るようになり、どんどん聲が出て来ている。

次回は、6月13日、NPO法人東京自由大学で、ヨシフ・ブロツキイ詩集『ローマ悲歌』(群像社刊)を、聲に乗せる!
是非 一度、たなかあきみつの聲で、ヨシフ・ブロツキイの世界を堪能してみませんか!

乞うご期待!!

良いですよ! たなかあきみつの聲は!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/23

-聲ノ奉納 対馬・和多都美神社-は22年目になり、第22回目は、6月2日午後2時31分から、対馬・和多都美神社、海中の一の鳥居から、聲を撃ち込み始めます!

第22回 -聲ノ奉納―  天童 大人 UNIVERSAL VOICE®公演

―長崎県・対馬in 和多都美神社 - 

   2011年6月2日(木)新月の日 14時31分開始

   豊玉町・和多都美神社、海中の一の鳥居から、怒り続けるこの危うい水の惑星に向かって、聲を撃ち込む!!!

「辺境の島、対馬が危ない!」と、最近叫ばれ、注目されている長崎県・対馬。
1983年、秋。対馬・和多都美神社の干潮時の一の鳥居に立ち、聲を発し、「古代の聲の道」を発見。その後、1990年から、毎年、5月か6月の新月の日に、「聲ノ奉納」を行ない続けてきて今年で22年目。
この古代の聖地から密かにこの危うい水の惑星の平和を願い、併せて五年前からは、嘗て元寇の戦さでこの島に攻め入って、亡くなった異国の無辜の民人たちの御霊を弔う為にも、聲を撃ちこみ刻み続けて参りました。
この聖なる天然の劇場、対馬・和多都美神社での「聲ノ奉納」を、この機会に、貴方も人間の「魂ノ力」を聲で感じる「天童大人UNIVERSAL VOICE®-聲ノ奉納―」公演に、一度、直に触れてみませんか。


問い合せ先
〒171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
Tendo Taijin Bureau / 北十字舎
UNIVERSAL VOICE® 天童 大人
Tel:03-5982-1834: Fax:03-5982-1797
Mobil:090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice/air―nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/22

クリスティーナ・アギレラの聲がどんなに凄いか、日本のガキどものの聲もどきに、うつつを抜かせているような、壊れた耳の持ち主どもでは、何も判らないぞよ!!

 未だイヤホンから音漏れして居るのも分らない。これは本当の馬鹿がまだいっぱいるのは、電車に乗って居れば直ぐに判る。

アホな人間が未だ居るのに驚くが、このアホが多いのでは、肉聲がどんなものか!

全く分らないどころか、異世界だろうよ!

こんな壊れた耳で聞かれているつもりの人もどきに聴かれた音楽ほど迷惑な事よ!

なあに今の民度の低いこの世の中は、そんな程度だぞよ!と、天が騒いでいるぞよ!


層だけ伝えておこうぞよ!!!乞うご期待!だぞよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »