« 2011年7月3日 - 2011年7月9日 | トップページ | 2011年7月17日 - 2011年7月23日 »

2011/07/16

中村吉衞門 「人間国宝」に!この役者には、華が有り、聲が良い!スターと呼ばれる人間で、聲の悪いスターは、一人もいない!世界ででもだ!是非 「鬼平犯科帳」の再放送を!

 「鬼平犯科帳」は、楽しみなテレビ時代劇だ!

80歳で弁慶を演じる!良いね!この志が!

良い役者を「人間国宝」に選んだ。「人間国宝」とは、人間の技術に与えられるもので、過去には、勘違いした「人間国宝」が居たものだ。

過去の「鬼平犯科帳」を、改めて見たいものだ!

時代劇ちゃんねるでは、集に1回、日曜日に、同一番組を3回放映しているだけだ!

勿体ない!キチンと作られていると言うに!

是非、中村吉衞門「人間国宝」記念で、「鬼平犯科帳」を、再放送して欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/15

新潟、ルル・テンで開催され続けている天童大人 クリスタル・スィンギングボウルの7月の開催は、今週末の30・31・8月1日の3日間、6回開催されます。是非、お近くの方は快い波動を浴びて見て下さい!

愈々、今週末から早いもので、もう54回目に為ると言う!早いものだ! 

7月30日第54回 pm2:00~pm3:15 第55回 pm5:00~pm6:15

   31日 第56回 pm2:00~pm5:15 第57回 pm5:00~pm6:15

  8月1日 第58回 pm2:00~pm5:15 第59回 pm6:00~pm7:15


参加費 前日までの御予約3000円 当日3300

ご予約・お問い合わせは Lulu・Ten 新潟市営所通2

℡&Fax 025-210-6800

E-mail:lulul_ten95@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江健三郎も知らない、ノーベル文学賞を受賞した事も知らない大学卒業生!漢字が読めない、勿論漱石も荷風も、芥川龍之介も呼んだことが無い。本を読むのに電子辞書で、検索!しかし、字の読み方が出来ないから引く事も出来ない、大学生、大卒が増えている、数年先の日本は、どうなるのか???

 今、日本の教育状況が極端に悪いのだろうか?

今、始まった事ではないようだ。

本当に可笑しな教育をし続けているのではないか?

新聞を読めない。漢字が書けない。読めない!

これでは本当にこれで良いのか?

大江が知ったら驚くだろう、読んだことも無い、なんて!

ノーベル賞受賞も知らないとは?

読めない、書けない、これで大学卒!

これでは新聞が消え、書物がもっと売れなくなるのも時間の問題だ!

電子書籍化の問題以前の問題だ!

これが今の日本の大卒の現状なのかも知れない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜の京橋:ギャルリー東京ユマニテで、開催された第654回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」野村喜和夫の聲の会に、御参加下さいました、皆さん!本当に御心配をお掛けして申し訳ございませんでした。幸い、皆さん、誰一人にもお怪我が無く御無事で、画廊に展示されている作品にも被害が無く、ビル内のテナントの社員の皆さまにもご協力いただきまして、心から御礼を申し上げます!本当に有難うございました!

 このプロジェクト開催から4年10ヵ月、654回で初めて、参加者で、予約をされたお一人が、会の終了後、新品の凶器(錐)を持ち、画廊の扉、ビルのガラス扉を蹴ると言う事態が起こりました。

 こんな精神に問題のある方が、詩を聴きに来ることなど、一度も考えたことはありませんでした。

ビルのテンナトの方、画廊のK女史が110番通報で、自転車に乗ったお巡りさんが二人に、パトカー二台が出動、大通りで逮捕して署に連行、事情を聴きたいとの事で、小生とK女史とがパトカーに乗り、警察署に。

頭をよぎったのは、誰も怪我をしなくて、良かったことです。参加者全員・画廊の人も。

展示された作品に傷が付かなかったことでした。

本当にホッとしました。

しかし、今後のプロジェクト開催に問題点が残りました。

こう言う人たちを野放しにして居る現状に、正に直面した訳です。

凶器を持参して居る理由は、人に可笑しな事を言われないため凶器を見せているのだと言っているそうです。

落ち着けば問題が起らないが、何が切っ掛けで、(例えば、どんな単語で、)狂気に走るのかは、未だ解明はされていないのです。

詩人は言葉を使うのですから、なおさらです。

凶器を見たら、先ずは警察に通報するように、と言われましたが、疑ってかからなくてはいけないようです。

今回の事は、今後の何かを暗示、予兆させられ、気づかされていると言うことです。

どうなるのでしょうか!この日本の現状は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/13

神奈川県・三浦半島に断層群が在る事を、昨日の東京新聞2面の記事「三浦半島断層群 地震の確率上昇」で、初めて知った!日本が地図から消えていて、既に海岸線が無いのだか、今更、驚かないが!

東日本大震災で、地球の地軸がずれ、様々な処で、ずれてきている。

この惑星の上に残された日本列島の地下、数百キロでマグマが蠢いている脆弱な地盤。

海底地震の勃発で、海岸線が徐々に崩れて来ているのだが、まだ気付かないようだ。

手遅れに為らなければ良いのだが!

高い防波堤を作っても、土台から崩れて行く!

見えない放射能物質が噴出し続けている国など、この5000年の人類の歴史でも未曾有の出来事で、最低の首相の元、本当に気の毒な日本国民と言った状況だ。

まして為政者を始めとして、皆、私利私欲の集団の群雄割拠の時代とは!

優れた人物は、本当に何処に居るのか????!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011/07/12

福岡・博多ラーメンの老舗、一風堂が香港の九龍尖沙咀廣東道30號 Silvercord 210(℡852 2957 8893)に、IPPUDO HK をこの18日、11:30分に、グランドオープンすることが分かった!

 河原成美社長が陣頭指揮でのオープン準備!

6月対馬での「聲ノ奉納」からの帰途、福岡で一年振りに、河原社長と夜、逢ったが、香港進出の話は出ていなかっただけに、驚いた。
10日に電話した時も、香港に居るとの事だったが。

昨年の6月に、香港に進出する話は、微かに聞いたのだが!

あの一風堂のメニューの赤丸、白丸が香港で、どう評価されるのか、とても興味がある!

全く香港に土地カンが無いので、在住のY・K女史に、食べて来て欲しいと、御願いメールを送ったところだ!

さて結果は、如何に?乞うご期待だぞ!

河原成美社長!頑張れ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/11

詩人・朗唱家・字家の天童大人 18日(月)第657回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、26回目の参加!新しい銀座の空間に、この聲の出しづらい状況下で、最新作をどう聲に乗せ、撃ち込めるのか!乞うご期待!

 第657回 プロジェクトLa Voix des Poètes(詩人の聲)

肉聲の復権を目指し! 

―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

天童大人 UNIVERSAL VOICE® 公演

聲を出しにくい状況の中で、ヒトの聲は、どう届くのか!

最新作を中心に、消えゆく画廊に、聲を撃ち込む!

略歴 Tendo Taijin(詩人・朗唱家・字家®)
1973年7月、スペイン・ピレーネ山頂で、「太陽の啓示」を受け、「聲ノ力」に開眼。

1980年 秋以降、肉聲による朗唱活動を、日本各地で本格的に行う。

1983年2月、日本の詩人らを誘い、「北ノ朗唱」を(~92年)10年間行う。

1987年9月、ケネディ・センターのジュリアン・プール女史に「UNIVERSAL VOICE」と命名される。

1990年5月、「聲ノ奉納 in対馬・和多都美神社」を挙行、開始する。本年で22回目を挙行。
     7月 ジュリアン・プール女史の推薦で、ザルツブルグにてソプラノ歌手 ガリーナ・ヴィシネフスカヤ教授 (ソプラノ)のマスター・クラスを受講。
1997年7月 第7回メデジン(コロンビア)国際詩祭に招かれ、国際交流基金の助成を受け、参加。それ以後、世界各地の国際詩祭に、10年3月迄でに、19回招待参加。

2002年3月 イタリア・ヴェローナ 「春の詩祭」に、アレーナ(野外闘技場)で、単独公演を挙行。

2006年10月14日より、プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」を、現在もプロデュース中。

URL:http:universalvoice.air-nifty.com/ E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com


日時:2011年7月18日(月) 入場18:00 開演18:30

GALLERY 海里 中央区銀座6-11-10 第一銀緑ビル2F

入場料: 予約 大人 2,500円 当日 大人 2,800円 
 学生 1,500円(学生証呈示)  小・中学生 無料 (保護者同伴)

予約・お問い合わせ

OFFICE FUKUTOME ℡090-7735-2023

北十字舎まで。℡090-3696-7098  Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/10

「言葉を信じる 夏」 16日(土)午後1時から駒場の日本近代文学館ホール 参加者 稲葉真弓・伊武トーマ・坂上弘・関悦史・高野ムツオ・高橋睦郎・財部鳥子・天童大人・野谷文昭 当日3500円 前売り3000円 定員70名 予約は kotoba20110111@gmail.com.03-6316-8913(Faxのみ) 

「言葉を信じる 夏」

「この大震災を前にして、いま、それぞれが信じる言葉を声にする。」

日時  2011年7月16日(土)
 12時半開場13時開始最長16時まで

会場  日本近代文学館ホール
(京王井の頭線駒場東大前駅 西口徒歩7分)

入場料  前売り3000円 当日3500円

定員  70名 (全席自由、定員を超えた場合は立見あり)

参加者(五十音順、敬称略、)

稲葉真弓、伊武トーマ、坂上弘、関悦史、高野ムツオ、
高橋睦郎、財部鳥子、天童大人、野谷文昭

予約・問合せ  kotoba.20110311@gmail.com
03-6316-8913(FAXのみ)

主催  「言葉を信じる」実行委員会
後援  日本近代文学館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝9時57分の三陸沖の地震は、M7・3!早く海底を調査せよ!3・11の地震で地軸が25センチずれたとか!どんどん海岸線が消えて行くぞ!日本の原発を陥没させてしまうぞ!この水の惑星は怒っているからな!原子村の思惑など、この星の主人には、屁の河童だぞよ!

 M7・3の海底地震!

ジワリジワリと影響が出てくぞ!

海底での地震は、目に見えないから、どうなっているか分らないだろうが、地上でだったら、はっきり分かるぐらい海底に変化が起こっている。

地滑りが限りなく続き、次第に陸地は海底に!

高くした防波堤!防潮堤など、無駄な事で、気休め程度!

日本の全ての原発は、出来るだけ廃炉に!

現在も被ばく中の日本国民!

歴史上、こんな状態で生活し続けているのは、世界で初めての事ではないのか!

世界で区別された日本国。

どうする日本は?国家も消滅か!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人田中健太郎 17日(日)第656回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に、16回目の参加!初めての空間、GALLERY 海里(銀座6丁目)で、どんな聲を撃ち込むのか?乞うご期待!

 天童大人プロデュース

 ー「目の言葉」から「耳のコトバ」へ-

17日~20日までの4日間、GALLERY海里でのプロジェクト開催は、OFFICE FUKUTOME(℡090-7735-2023)の福留睦女史の御好意で開催出来ることになりました。
 初めての会場ですので、プロジェクト参加回数10回以上の詩人で、聲を撃ち込むことにしましたので、御諒承ください!

この第656回に、16回目の参加になる詩人田中健太郎は、「淫らな夏の日々・・・(最新作を読む)」と題して聲を撃ち込みます!

さて今回は、どんな聲を撃ち込むのか!乞うご期待!

GALLRY 海里 ℡090-7735-2023
 中央区銀座6-11-10  第一銀緑ビル 2F
(メトロ銀座線銀座駅A3出口から徒歩4分、JR新橋 駅から徒歩6分) 

北十字舎 ℡03-5982-1834

     Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台在住の大沼安史元教授のブログ「机の上の空」の事を、今朝の東京新聞・26面で、初めて知った!福島原発の情報を海外メディアの報道から、情報を収集して、発信していると言うのだ!これで新たな視点から日本の原発問題を考えることが出来るわけだ!

 原発問題に関して、信用出来るかどうかの人物か、大方判断できるようになってきた今日、世界は、日本の福島原発をどう追っているのか、分かりにくかったが、今朝の記事を読んで、面白く感じたので、ぜひ、「机の上の空」、を読んでみて下さい。

今朝の記事で、面白かったのは、ロシアの科学者の言葉をしていて、
「もしも『いま直ちに危険はない』と当局者が言うのを聞いたら、なるべく遠くに逃げなさい」、と言う言葉で、枝野の顔を思いだした。

確かにチェルノブイリは、一基、福島原発は四基。チェルノブイリがレベル7.

福島原発の1・2・3が各7.4号機が3.合わせてレベル24!

これは大変な事だ!

 記事に「フランス・ドービルでのG8サミット。共同宣言でWE(私たち)ではなく、HE(彼)呼ばわりされたのは、カダフィ大佐と菅直人首相だけだ。」と書いてあるが、どのニュースでも、このWEとHEとの違いを指摘した報道機関は、何処にも無かった!

完全に、日本は世界から区別された!海洋テロ国家として、だ!!!

これは大変な事だぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月3日 - 2011年7月9日 | トップページ | 2011年7月17日 - 2011年7月23日 »