« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »

2011/01/22

病と闘っている詩人峰岸了子26日(水)第592回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に18回目の参加!自作詩を京橋の宙に解き放つ!

    天童大人プロデュース
第592回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」

 詩人峰岸了子 18回目の参加!

病と闘っている峰岸了子!

京橋の宙に、自作詩を解き放つ!乞うご期待!

予約
ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜の札幌在住の詩人熊谷ユリヤの英国で学んで来たドラマティック・リーディングには、学ぶべき点が多々あり、このプロジェクトに参加詩人は5月に予定される次回の熊谷ユリヤの会に参加し、彼女の技法を盗むべきだ!

 画廊の空間に響く詩人熊谷ユリヤのメゾ・ソプラノは、初めて1時間余り聴いてみて、習得した技法である事が良く分かる。
日本には人前で聲を出す訓練をすることは演劇科の学生でも無ければ、恐らくほとんどしないだろう!

同時通訳で大勢の場では上がらないが、少ないと顔を見てしまい、目線を何処に当てたら良いのか分らないとも語った熊谷ユリヤ。
 マイクに頼らずに聲を撃ち込む事を体得したら、鬼に金棒だ!

良い聲の質で、技法を持った詩人が、プロジェクトに参加してくれた。これで互いに切磋琢磨出来る、と言うものだ!
次回の熊谷ユリヤの聲の公演がとても楽しみだ!!!

札幌からご苦労さんでした!それだけの価値はありましたよ、熊谷ユリヤさん!有難う!!

これで北海道からの詩人は、大島龍・鈴木順三郎・長屋のり子・渡辺宗子に次いで5人目になった。

地方には知られざる逸材が多いぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

NHO法人東京自由大学の運営委員の吉田美穂子さんの告別式に、築地本願寺に行って来ました。

かって深沢七郎さんが、亡くなって初七日の内に雨が降れば、死は天命。そうでない場合は、何か原因があると、エッセイに書かれたのを読んでいて、死者が出ると初七日の内に雨が降るかどうか、常に気にして来ました。

17日の12時5分に亡くなられた吉田美穂子さんは、もしかしたら天命では無かった、と言う気がしてなりません。

惜しい方を亡くしました。

謹んで、御冥福をお祈りいたします。天童 大人

在る年代になると、葬儀の時にしかお逢い出来ない方があって、今回も陶芸家の川村沙智子さんと十数年振りにお逢い出来ました。川村さんは、江古田駅北口下車5分の処に、ギャラリーー水・土・木ーを開廊させておられるので、是非、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」を開催されませんかとお話だけして置きました。
 近いうちに、自転車で見に行く事にします。乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョージ・クルーニーとユアン・マクレガーが出ている映画「ヤギと男と 男と壁と」を是非、近くのビデオショプで借りて、見て頂きたい。限りなく、実話に近い物語、だと言うのだ。実話をこういう風に戯画化する事で、より真実を伝えるる事が出来ると言う訳だ。2003年のイラク!米軍基地内の出来事、こんなことが在ったのかと腑に落ちる事が多々あるのが面白い!

 馬鹿馬鹿しいと思っていたが、冒頭に、限りなく実話に近い物語と言うので、見終えて考えながら、思い出していた。
そう言えばこんな事も報道されていたなあと。

そうかこんな具合だったのかと、いたく納得させられてのだ。

是非 皆さんも、一見して観て下さい。

アメリカ軍内部の状況が、或る部分、分りますよ・

この映画のタイトルから、何を想像してご覧になるのか?

楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/20

ニコラス・ケイジ主演の映画「魔術師の弟子」の、ドラゴンの指環が欲しくなった。英国の大魔術師マーリンの孫弟子たちは、今何処に居るのか!!!

 英国の大魔術師マーリンは、最近、テレビや映画に特に取り上げられ始めているが、何処かにマーリンの系統を歩む者が居ると言うことか?
或いは探している者たちが居ると言うことか?

ともかくドラゴンが出て来るのが、面白い。

あのドラゴンの指環が欲しい!!!

今、日本にドラゴンは三頭になった。TERRAを司るドラゴンが昨日、助っ人に現れてくれた。

2から3に、心強いことだ。

世界の雛型は日本に在ると看破した出口王仁三郎の予言通り、今も日本は世界の雛型だぞよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟のルル・テンで22日~24日まで4回開催される、「天童大人 クリスタルスインギングボールを浴びる会」は今回から時間を延長して1時間余り、たっぷりクリスタルの波動を全身に浴びて頂きます!前回と時間を延長し1時間を超えると度言う変化が起こるのか、じっくり探ってて見ます。お近くの方は、是非 お試しになって見て下さい!

愈々、開催が迫りました。
新潟は雪です、いやドラゴンの鱗に満ちて居ます。

是非、お近くの方は御参加下さい。


ご予約・お問い合わせ   Lulu・Ten
Tel&Fax 025-210-6800
Mail lulu_ten95@yahoo.co.jp
Blog http://luluten.blog117.fc2.com/
新潟市中央区営所通 新潟税務署そば

天童大人 クリスタル・スィンギングボウル 2011年 1月

クリスタル・スィンギングボウルを浴びる会
1月22日(土)第41回 pm4:00~pm5:15
1月23日(日) 第42回 pm1:30~pm2:45、 第43回 pm4:00~pm5:15
1月24日(月) 第44回 pm1:30~pm2:45
参加費 前日までのご予約¥3,000 当日¥3,300

・会場はいずれも新潟市中央区 Lulu・Tenです。アクセスについてはお気軽にお問い合わせください。
・誠に恐れ入りますが、当日は公共の交通機関もしくは近隣の有料駐車場をご利用ください。
・当日キャンセルの場合は50%のキャンセル料をいただきます。ご了承ください。

詳しくはお問い合わせください。 
横になってクリスタル・スィンギングボウルの響きに身を任せる、とっても気持ちの良い時間です。
詩人で朗唱家の天童大人の奏でるクリスタル・スィンギングボウルの音は、参加者や空間に合わせ
て創り出すライブの響きです。その倍音の波動が心地良く身体の奥深くへ伝わり体内で共鳴するこ
とによって、肉体的刺激ではほぐせない深く緊張した部分をリラックスさせます。
まずは一度、クリスタル・スィンギングボウルの生の音を浴びてみませんか?

  天童大人-Tendo Taijin 詩人・朗唱家・字家® 世界各地で自作詩を肉聲に乗せ解き放つ。
             プロジェクト『La voix des poètes(詩人の聲)』プロデューサー。
             天童大人公式ブログ http://universalvoice.air-nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

セルビア在住の詩人山崎佳代子 3月4日(金) 京橋のギャルリー東京ユマニテで、プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に3回目の参加決定!乞うご期待!!!

 3月に帰国予定のセルビア在住の詩人山崎佳代子さんの聲が3月4日に聞けますよ!

楽しみにして居てくださいよ!

京橋のギャルリー東京ユマニテですよ!京橋では初めて聲を撃ち込みますよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JALが4月から、ロゴマークを以前の鶴のマークに戻すと言う。これ無駄使いでは無いのか!2億円以上も掛けて育てたパイロットを惜しげも無く切りすてる。これこそ最大の無駄使いでは無いのか!

 お金をかけて育てたパイロットを惜しげも無く、切り捨てる、これこそ最大の無駄の筈だ!

ロゴマークを替えるのに、幾ら掛かるのか?本当に、今、ロゴマークを替える必然性があるのか、稲盛会長殿!

「料金より質」だと言われているが、憂うべきJALのサービスの質の低下を会長は、御存じ無い様だ!

今は、サービスの質より如何に安い料金で飛ばせるかだ!

短い時間の国内便の料金の高さに、驚かないのかね稲盛会長は。

今、稲盛会長は、ホテル暮らしだと言われているが、この経費はいか程になるのか?

整備部門は本当に人材が払底して、安全は保たれるのか!

無茶苦茶な日航の保全策だ。

日航を潰したら、誰が困るのか?利権の巣窟と言われているJAL.!

未だまだ再建の道は遠い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/19

詩人雨宮慶子 25日(火)第591回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に初参加!六本木の宙に詩集『生掛』(紫陽社刊 1983年)を中心に、聲に乗せ解き放つ!

   天童大人プロデュース
第591回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に詩人雨宮慶子初参加!
第一詩集『生掛』(紫陽社刊 1983年)と未刊詩篇を聲に乗せる!
 詩人雨宮慶子と再会したのは昨年11月の花椿現代詩賞の有働薫の授賞式でだった。もう20年以上も逢って居ない。
 自作詩を聲に乗せて居たので、このプロジェクトに、お誘いしての今回の初参加に繋がる。2月24日に第2回目を京橋のギャルリー東京ユマニテで予定している。ともあれ、どんな聲を聴けるのかとても楽しみ!
第一詩集から順に聲に乗せて行った方が良いとの助言を忠実に受け入れての雨宮慶子の聲。

乞うご期待下さい!

予約
ESPRITS ANIMUX児嶋画廊 ℡03-3401-3011

北十字舎 ℡03-5982-1834

     Fax 03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/18

札幌在住の詩人熊谷ユリヤ 21日(金) 第590回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に初参加!京橋の宙に、詩集『声の記憶を辿りながら』(思潮社刊)を聲に乗せ、解き放つ!

   天童大人プロデュース
プロジェクト第590回に札幌在住の詩人熊谷ユリヤが初参加します!

昨年9月末の世界ペン大会で、聲を初めて聴きました。そして10月17日小樽で詩人長屋のり子主催の声の会で日本語でのリーディングを初めて聴き、このプロジェクトに参加を薦めましたことが、今回実現した訳です。

詩集『声の記憶を辿りながら』(思潮社刊)を聲に乗せて解き放ちます!
初参加の詩人熊谷ユリヤがどんな聲を出すのか、彼女が学んだドラマティック・リーディングとはどんなものか?
多くの事を学ぶことを出来る会です。乞うご期待!!!

是非 ご参加ください。

予約ギャルリー東京ユマニテ Tel 03-3562-1305
Fax 03-3562-1306

北十字舎 ℡03-5982-1834

℡ 03-5982-1797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/17

知っている方が多いと思いますが、吉田美穂子さん(NPO法人東京自由大学)が、本日、急逝されました。お通夜は20日午後6時から、告別式は21日午前11時からそれぞれ築地本願寺二階で行なわれます。プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」の東京自由大学での開催にご尽力して頂きました。本当に有難うございました。ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。プロデューサー 天童大人。

 今夜、第586回詩人・聖樹・巨樹研究家の杉原梨江子の聲の会で、何時もより早く着いたが、ビルの扉は閉じたままだった。
 そこで吉田美穂子さんの携帯を鳴らすと、聞き慣れない聲が聞こえ、吉田美穂子の娘ですが、今日の昼に母が亡くなりました、と言われた。亡くなられた?がピーンと来ず、どうして?と尋ねると、昨日、呼吸困難に為り、救急車で、入院したが今日の昼に、と。
 そこで今夜にプロジェクトの予定があり、どなたかに連絡を取って頂く事にして、長尾喜和子さんに電話した。それから小樽在住の詩人長屋のり子さんに電話いれてお知らせした。

なんであれ杉原梨江子の会は無地に開催し、終えた。

人は死ぬ!なら好きな事を思いっきりやる事だ!!!

そうだ吉田美穂子さんは、産まれてから一度も薬を飲まず、注射を打たなかった、稀有な人なのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人・出版人の池田康 20日(木)第589回プロジェクト「La Voix des Poètes(詩人の聲)」に2回目の参加!六本木の宙に、詩集『一座』(洪水企画刊)を聲に乗せて解き放つ!

   天童大人プロデュース
  
  詩人の肉聲とコトバとを聴く!

詩人池田康2回目の参加!初めて六本木の宙に、詩集『一座』(洪水企画刊)を、聲に乗せて、解き放つ!

2回目も難しい回だ。唯ひたむきに聲を出す事だ!その積み重ねしかないのだ。

今回はどんな聲を出すのか乞うご期待!!!


予約
ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 ℡&Fax03-3401-3011

北十字舎 ℡03-5982-1834 Fax03-5982-1798

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/16

ヤマザキパンが、映画「SPECE BATTLE SHIP ヤマト」の上映を記念して、発売した「BIG 黒糖」パンが大きく、美味しく、安いのだ!今、食べたくなってファミリーマートに買いに行ったら、売り切れ!もっと沢山作れよ、美味しいのだから!

  黒糖味のパンは、食べて見ると以外と美味しいのだ。

美味しいからまた食べたくなるのだが、売って居ないのは残念!

ヤマザキパンのホームページでは、発売中!と有るではないか?
発売中で、品物が無いのは、恥ずかしいね。

一度食べて御覧なさい!美味しいですよ!黒糖パンは!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本が被占領国日本の時代に生まれた60歳から65歳の間の人々は、団塊の世代と一部重複するが、日本では無く、被占領国日本に生まれたことをどう捉えて居るのだろうか?国籍として、日本人の意識として、日本と被占領国日本との違いはあるのだろうか?これは大きな日本の問題ではないのか!

 世代間のギャツプとしての問題を大きく越えた、戦後日本を考える上で、大きなターニングポイントになるのでは、ないか?
 岩波書店の広辞苑に、被占領国日本、Occupied Japanは、何故、無いのか?

1945年8月15日から1950年4月2月28日までの被占領国日本の時代を、早急に、再検証する必要がある。

何かが可笑しいのだ。この失われた5年間で、日本は何を失ったのか?

大きなものを失ったようだ。目に見えないもを!

岡倉天心が生きて居たら、なんて言っていただろうか、尋ねてみたいものだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月9日 - 2011年1月15日 | トップページ | 2011年1月23日 - 2011年1月29日 »